CM・広告の仕組み

タイムCMはどんな時におすすめ?ケースごとに広告代理店が紹介します!

テレビCMの包装の仕方にはスポットCMタイムCMの二つの種類があります。

初めてテレビCMを放送する企業様の場合はスポットCMの方がおすすめです。

 

タイムCMに比べると少額から始めることができるというのと、色々な時間帯にランダムにCMを透過することができるので、

効果を測定するにはスポットCMの方が分かりやすいのです。

 

逆にCMを何度か行ったことがある企業様を始め、タイムCMの方が向いてるなと思うケースもあります。

 

今回は広告代理店の目線でどのようなケースだとタイムCMが向いているのかということについてお話ししていきたいと思います。

 

ターゲット層と特定の番組視聴者層が合致している

 

まずCMを見て欲しいターゲット層と特定の番組の視聴者層が合致している場合です。

 

例えばキャンプ商品のテレビCMをしたいという時に、キャンプを題材にしたテレビ番組へのタイムCMを出稿をするというようなケースです。

 

色々なジャンルを扱うテレビ番組も多いですが最初から趣味などでジャンルが限定されている番組などもあるので、そういった番組にタイムCMを放送するというのは効果的な方法だと思います。

 

逆を言えばターゲット層があまり明確ではない商品に関してはタイムCMは向かない場合が多いです。

色々な世代にリーチさせたいのであればタイムCMよりもスポットCMでランダムにCMを投下した方が良いでしょう。

関連記事:ターゲットが限られている時の広告媒体の選び方

 

会社の名前を覚えて欲しい

 

会社の名前を覚えてほしいという場合もタイムCMがおすすめです。

スポットCMの場合は特定のテレビ番組のスポンサーになるわけではないので、社名はテレビCM内にでない限りは宣伝することができません。

 

ただタイムCMの場合は番組を見ていると必ず途中でナレーションがつく「この番組はご覧のスポンサーの提供でお送りします」というところで社名が紹介されます。

社名が読まれるかどうかはどれぐらいの金額を出稿するかにもよるのですが、テロップでは必ず社名が表示されます。

関連記事:テレビ番組でよく見る提供クレジットの意味とは

 

同じターゲットに何度もCMを見て欲しい

 

同じターゲット層に何度も同じCMを見て欲しいという場合もタイムCMが有効です。

レギュラーの番組であれば毎週同じ時間帯にテレビ番組を放送しているわけですからその時間帯に毎週テレビを見ているという習慣がある人は多いです。

 

テレビCMは同じテレビCMを3回以上見ないと記憶には残らないと言われています。

 

人の記憶に残るためにも同じ時間帯でテレビCMを放送するというのは大切なことなのです。

 

スポットCMでこれをやろうとすると本数を多くしなくてはいけなくなってしまいますが、

タイムCMであれば毎週同じ時間帯の同じ番組の中でテレビCMをすることができるので同じ視聴者に複数回テレビCMを届けることができるでしょう。

関連記事:タイムCMの料金はスポットに比べて割高なの?その理由は?

 

長期的にテレビCMをしたい

 

タイムCMの場合は基本的に2クール、つまり6ヶ月の期間でテレビCMを放送するのが一般的です。

これは年に2回番組改編が大きく行われることに関係しています。

 

こういった長期間でテレビCMをやる場合はタイムCMの方が向いているでしょう。

 

スポットCMの場合は大体の場合が2週間から1ヶ月程度の期間になります。

 

もちろんスポットCMを期間を長くして打ち続けるということは出来るのですが、

ランダムにずっと投下し続けるよりは毎週決まった時間で放送した方が効果が上がりやすいでしょう。

番組にもよりますが予算的にもその方が抑えられるかと思います。

 

ただお正月や長期休暇期間などに組まれる特別番組の場合は1回きりの放送の番組があったりすることもあるので、

タイムCMでも変則的な取り方をすることができるものもあります。

 

これらのタイムCMの出稿の場合は比較的費用が抑えられる場合があるので、内容を広告代理店に聞いてみると良いと思います。

関連記事:お正月にCMをやるメリットと出稿に向いている商材

 

会社の信用度を上げたい

 

特定の番組のスポンサーになるということはそれだけ資金力がある会社であるということを示す材料にもなります。

 

スポットCMにも同じことが言えますがどのような企業でも簡単にテレビCMを放送することができるというわけではありません。

きちんとした考査というものがありそれを通過することができないとテレビCMを放送することはできないのです。

 

特にタイムCMの場合は番組のスポンサー企業として名前が乗りますので、会社の信用度を上げるためにはスポットCMよりもタイムCMの方が向いていると言えるでしょう。

関連記事:企業がテレビCMをする理由

 

タイムCMにはデメリットもある

 

ここまでタイムCMが向いているケースについてお話ししてみましたが、タイムCMにもいくつかデメリットがあります。

 

まずタイムCMには競合排除という考え方がありますので、すでにスポンサーとして入っている番組に関してはスポンサーになることができません。

 

また番組編成のことを考えて出航をしなくてはいけないタイムCMの場合は、テレビCMを出稿したいと思ってから実際にテレビCMを出稿することができるまでに時間がかかる場合が多いです。

そういったデメリットも理解した上でスポットCMがいいのかタイムCMがいいのかということを決めると良いでしょう。

関連記事:タイムCMの料金はどれくらい?CM放映の次のステップ。

 

どのようなCMをしたいのかということを含めて広告代理店に相談すればスポットCMとタイムCMどちらが向いているのかということも教えてもらえると思います。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。

弊社ウェブサイト






15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談