サイト運営会社
テレビ業界の裏話

アシスタントディレクターの志望動機はどうやって書けばいい?

adの志望動機

アシスタントディレクターになりたくて就職活動をする時に、悩むのがやはり志望動機をどのように書くか
面接などでどのように話すか、ということだと思います。

 

志望動機をどのようにアピールするかということは、多くの就活生にとって頭を悩ませる問題なんですよね。

 

今回はテレビ局出向型の番組制作会社である弊社ライズプランニングが、

アシスタントディレクターの志望動機としてどのようなことを書けばいいのかということについてお話ししてみたいと思います。

 

アシスタントディレクターはほぼみんな未経験

 

そもそもアシスタントディレクターというのは必要な資格がある仕事でもありませんし、

入る現場によってもそれぞれ仕事が大きく異なるので、仕事は現場に入ってから覚えるような形になります。

 

なのでほとんどの方が未経験で入ってきます。

 

志望動機としてアピールできるのは、未経験なりにどれだけテレビに今まで関わってきたか、ということになるでしょう。

関連記事:テレビ業界への就職!イメージと実際のギャップとは?

 

テレビの思い出

 

まずは自分が今まで過ごしてきた中で、一番印象に残っているテレビの思い出について考えてみると何かヒントが見つかると思います。

 

テレビ番組制作に携わりたいと思うからこそアシスタントディレクターになりたいと思うのだと思うんですが、

番組制作に携わりたいと思ったきっかけが必ず今までどこかにあったと思います。

 

なるべく自分の思い出を明確に、嘘をつかずに話してみると良いと思います。

 

何がきっかけでテレビ制作に興味を持ったのか、ということはとても重要なことです。

関連記事:テレビ局で働くにはどうしたらいいのか。

 

なぜテレビ局ではなく制作会社なのか?

 

アシスタントディレクターになりたいと思って就職活動している方は、テレビ局ではなく番組制作会社を受けることもあるでしょう。

 

テレビ局であればそのテレビ局の番組が好きだから、などいろいろ志望動機も浮かびやすいと思うのですが、

テレビ局に落ちてしまったから番組制作会社を受けるという人も多いと思います。

 

しかしテレビ局に受からなかったから番組制作会社を受ける、とそのまま言うことはできないですよね。

 

なぜテレビ局ではなく番組制作会社を志望しているのか。

できればポジティブな理由が欲しいところです。

 

もし志望理由は浮かばないのであれば、「番組制作にどうしても関わりたかったから」という理由で話を進めるといいと思います。

 

というのもテレビ局というのは一般職で受ける場合、内定をもらった後必ずしも番組制作に携われるというわけではありません。

 

テレビ局と言っても一つの会社であることには変わりないので、営業の仕事があったり財務や経理の仕事があったりするわけです。

 

番組制作がしたくてテレビ局に入っても番組制作に携わることができないということもあるわけなんですね。

 

しかもテレビ局の倍率はキー局ともなれば、千倍以上ということもあります。

 

そんな倍率をくぐり抜けて一生懸命テレビ局に入ったのに、実際に就職してみたら自分のやりたいと思ってた番組制作の部署には配属させてもらえなかったとなったら悲しいですもんね。

 

これがテレビ局ではなく番組制作会社に就職する大きな理由ともなると思います。

 

なのでテレビ局ではなくどうしても番組制作会社に入って番組制作に携わる仕事がしたかった、

というのは立派な志望動機になるでしょう。

関連記事:テレビ局の仕事は番組制作だけではない!それ以外の仕事の内容は?

 

制作会社の実績を見てみよう

 

制作会社を受ける場合はその番組制作会社がどのような番組を制作しているのかということを

ホームページなどをチェックして調べておくと良いと思います。

 

その中に自分が普段見ている番組があるのであればその番組について話してみるのもいいでしょう。

 

思わぬ制作秘話が聞ける時もあります。

関連記事:番組制作会社の種類は大きく分けて2つある?就職する時どっちを選べばいいの?

 

これからのテレビをどうしていきたいか

 

今テレビ業界は過渡期に来ているとも言えます。

 

これからインターネットとどのように関わっていくのか、テレビのあり方は本当にこのままでいいのか、

そういったこれからのについて若い世代は意見を求められることもあるでしょう。

 

アシスタントディレクターとして番組制作に携わる仕事がしたい、と思ってくださっている方は

少なからずこれからのテレビはもっと面白くしていきたいと思っていてくれていると思います。

 

そういった思いの丈もまた、志望動機に使ってみてください。

 

長期的な目線でテレビ業界のことを考えられる若い世代は、今のテレビ業界にとって必要な存在です。

関連記事:就活時に知っておきたい、テレビの役割について。

 

番組制作の仕事をするなら

 

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社です。

 

実際にテレビ局内のスタッフ常駐ルームにて番組制作に携わっていただくお仕事をお願いしています。

現在は

を募集しております。

 

ご興味がございましたら下記フォームよりエントリーしてください。

関連記事:番組制作のバイトが学生のうちからできる!?そのメリットとは。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。




テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般