テレビ業界の裏話

アルバイトから始めてテレビの仕事に就職する方法とメリットデメリット

将来テレビの仕事をしたいと思っている人に向けて

テレビのアルバイトを経て実際にテレビの仕事に就きたい場合、

その方法と、メリットデメリットを書いてみたいと思います。

 

アルバイト先としてのテレビ局

 

学生時代のアルバイトの目的は、

生活のため、社会勉強のためなど人それぞれだと思います。

 

またアルバイトの業種もいろいろありますが、

学生の場合は居酒屋のアルバイト、塾のアルバイトなどは多いですよね。

 

その他にテレビ局のアルバイトというのもあります。

 

ニュースや番組制作の現場には局員以外に多くの会社のスタッフが来ていますが、

その中には学生アルバイトも働いているんですね。

 

あるテレビ局ではニュースの現場に大勢の学生アルバイトがいて

原稿を配ったり、進行表を配ったり本番中の手伝いなど、いろいろと活躍しています。

 

またバラエティ番組のような完パケ番組の制作現場にも学生アルバイトがいます。

 

このように、意外に知られていないかもしれませんが、

テレビ局の中には学生アルバイトの人がかなりの人数働いています。

 

そして彼らの目的は

ちょっと普通とは違う、アルバイトを経験してみたかったとか

将来テレビの仕事に就きたいのでテレビのアルバイトをしている、という人が多いです。

 

どんな業界もそうですが、外から見たイメージと実際に働いてみた印象というのは異なるものなので、

将来テレビの仕事に就きたい人がテレビのアルバイトを経験するというのは確かにとても貴重な体験になると思います。

関連記事:テレビ局でアルバイトをする目的は人それぞれ

 

アルバイトからテレビの仕事へ

 

実際に、テレビ局でアルバイトをしていた学生さんが

テレビの仕事に就くというケースをしばしば見かけます。

 

就職活動で全国のテレビ局をいくつも受けたり、またテレビ局の制作子会社を受けたり、

または番組制作にかかわっている外部の制作会社を受けるなど。

 

ケースはいろいろですが、いずれにしても学生の間にアルバイトしていたテレビの仕事の延長上の仕事を就職先として選ぶわけです。

 

テレビ局の仕事と言っても学生アルバイトに任せる仕事は、限られていますから、

実際に就職すると仕事の内容も変わりますし

責任の重さも違います。

 

それでもアルバイトを経験したのち、やっぱりテレビの仕事を目指す人は、

テレビの仕事が好きで、テレビの仕事に魅力を感じている人なのだと思います。

 

でもテレビのアルバイトをしていても全く違う業種に進んでいく学生さんが多いのも事実です。

 

その理由は、もともとテレビの仕事に進むつもりはなかったという人が多いのですが、

中には、テレビの仕事を目指していたけど、やっぱりやめて他の仕事に就くことにした

という人もいます。

 

いずれにしても、テレビの仕事を目指している人にとっては、学生中にアルバイトを経験することは、就職活動にも有利だと思います。

 

テレビ局の現場には様々な会社の人が来ていますから、

直接その人たちに話を聞くこともできるからです。

 

将来テレビの仕事に就きたいと考えているのであればぜひ、現場にいるいろんな会社の人に話を聞いてみてください。

 

自分がやりたい仕事は何なのか、そのためにはどんな会社があって、どんな番組を作っているのかなどは、外からはわかりずらいので、

中にいる人に聞くのが一番いいと思います。

 

その結果、自分の目指す方向が見えてくるかもしれません。

関連記事:バラエティ番組制作のバイトを実際してみて、就職したいと思うか?

 

アルバイトから始めるメリット

 

テレビ局のアルバイトをしていた学生さんが、就活でテレビ局とその子会社を受けたことがあります。

残念ながら、テレビ局の方は受かりませんでしたが、子会社の制作会社の方に就職が決まりました。

 

子会社とはいえ、非常に難関で6次選考まであったといいます。

 

その際、面接官の中にはアルバイトで顔見知りの人もいたようで、その点は有利に働いたのかもしれず、アルバイトをしていたメリットだったでしょう。

 

また履歴書の経歴にテレビ局でアルバイトをしていた旨記載していたら、

面接の際はアルバイトでどんなことをしたか、をかなり聞かれたそうです。

 

そんなこともあるので、テレビ局でのアルバイト経験というのは、就職活動の際のメリットになることがあると思います。

 

中にはアルバイトをやっていた仕事ぶりを見て、制作会社に来ないかと誘われて入ったというケースもありました。

 

またテレビ局でアルバイトをすることで、テレビには多くの会社のスタッフがかかわっていることや

実際にどんな会社がかかわっているのかなどの知識も得ることができます。

 

テレビの仕事をしたい場合、真っ先に頭に浮かぶのはテレビ局に入ることだと思いますが

実際の就職の選択肢はテレビ局だけではなく、

テレビ局の子会社や、外部の制作会社もあります。

 

それはテレビを見ている視聴者の立場だけにいると、わからない部分なので、テレビの仕組みを理解し、肌で感じるというメリットもあると思います。

 

実際にテレビ局でアルバイトをしていた学生さんが、ある番組を制作している制作会社に就職することになったケースもありました。

 

その際、直接その会社の人に話を聞くこともでき、参考になったようなので、それもテレビのアルバイトをするメリットだと思います。

関連記事:テレビ局の制作の仕事、部署にはどんな人がいてどんな風に働いてる?

 

アルバイトから始めるデメリット

 

テレビのアルバイトをすることが良いことばかりというわけではありません。

中にはテレビの仕事が嫌になってしまうケースもあります。

 

もともとは将来テレビの仕事に就きたいからと、テレビのアルバイトを始めたのに

実際就職活動が始まると全く違う業種を選んでいるというケースです。

 

理由を聞くと、テレビの現場にアルバイトとして実際に携わってみて、その大変さがよくわかった。

  • 自分には向いていない。
  • 思っていたような仕事ではなかった。
  • こんな大変な現場はもう嫌

など。

 

テレビは臨機応変にテキパキ動かなければいけない場面も多く、生放送の場合は特にそれが顕著です。

その緊張感が辛い、という人もいるんですね。

 

ただし、テレビは番組によって雰囲気も緊張度も、かなり異なります。

 

たまたま携わった現場が合わなかっただけかもしれないのに、

経験したために嫌になってしまうケースはアルバイトをしたことのデメリットと言ってもいいでしょう。

 

テレビの仕事はもうやりたくない、と言っていた人も実際いました。

ちょっと残念なことです。

 

ただ、早めにそれがわかったのはもしかしたら、長い目で見ればよかったのかもしれません。

 

いずれにしても学生時代にテレビのアルバイトの仕事を経験してみることは悪いことではないと、思います。

関連記事:テレビ業界の仕事を親が反対する理由。どんな不安があるの?

 

ABOUT ME
ぺんくり編集部
ぺんくり編集部
テレビCMは、高いものばかりではありません。テレビCMの良さをもっといろんな方に知ってもらいたいです。ご利用をお待ちしております。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加





テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般