テレビ業界の裏話

地方で映像制作やメディアについて学べる大学(関東・関西以外)

番組制作や映像制作について学べる大学を集めてみました。

 

似たような学部や学科があって、それぞれどんなことが学べるのか、分かりづらいですよね。

 

テレビ制作の実務や技術を学びたいのに、メディア学部を選んだら、授業の内容は社会学だった

なんてことにならないように、どんなことが学べるのかをまとめています。

 

今回は、関東・関西以外の地方エリアで集めてみました。

 

東北芸術工科大学 映像学科 (山形県山形市)

映画・ドキュメンタリー・CM・写真、アニメーションやCGなど、多くのメディアを横断的に学びます。

企画発想やシナリオ制作を基礎から学び、撮影・録音・編集は、プロ仕様の機材で技術を習得。

 

  • 映画
  • ムービーデザイン
  • CG
  • ドキュメンタリー
  • アニメーション
  • 写真

のなかから、年間を通して最大4つの表現方法が学べます。

専用スタジオがあるアニメーション制作室やCG制作室、撮影スタジオなど、施設や設備も充実。

 

テレビや映画、CMなどの映像制作技術について学べるほか、地域社会や企業と連携したプロジェクトに取り組むこともできるそうです。

クライアントの意に沿う、共感できる映像制作の技術が身に付きそうです。

 

金沢学院大学 芸術学部 芸術学科 (石川県金沢市)

芸術学部芸術学科では、「絵画」「造形」「デザイン」「映像」「メディア」の5専攻の表現領域を広く柔軟に学べるカリキュラムを整えました。

1年次には各分野の基礎を学び、2年次以降は各専攻から実践的な技術と表現力を高めます。

 

1年次は、5専攻の基礎を学び、2年次からは領域を選んで専門的に学んでいくそうです

映像制作をやっていくなら、「映像」か「メディア」を選ぶといいでしょう。

 

【映像専攻】

CM、PV、アニメなどの制作テクニックと総合的な企画力を身に付けます。地域の要望を受け、PR動画の制作協力など学外活動などにも挑戦します。

【メディア専攻】

Web、ゲーム、スマホアプリなど、芸術の視点からIT技術の応用を学びます。日々進化するデジタル表現と最新の表現方法やスキルを身に付けます。

 

こちらの大学では、映像は映像制作テクニック

メディアはIT技術を要する映像表現と分けています。

 

また、地域社会や企業の課題を作品制作を通じて解決する、というプログラムもあるそうです。

 

社会全般で映像表現のスキルを欲しているところは多岐に渡っています。

 

様々な表現方法を学びながら、どんなところで自分の得意な技術が生かされるのか、で将来を考えてもいいですよね。

 

入り口はテレビや映画かもしれないけど、授業や同級生や教授から刺激を受けて、多様な視点をもち、将来を考えられるのも大学へ進学する価値といえそうです。

 

愛知淑徳大学 創造表現学科 メディアプロデュース専攻 (愛知県長久手市)

テレビ番組やコマーシャル、写真と絵画・映画の関係など、メディアをとりまく環境を多角的に学び、分析力を養うことに力を入れています。

メディアプロデュース、メディアアート、映画、コミュニケーション・デザインなどさまざまなゼミを開講し、興味のある分野を究めることができます。

 

映像制作の技術だけではなく、CGやアプリ、ゲーム、バーチャルなどのITの知識を要する技術など、広い範囲の表現方法を基礎から学ぶことができます。

技術の習得だけではなく、発想→企画→制作→発信までの思考についても学べるプログラムがあるそうです。

 

名古屋学芸大学 メディア造形学部 映像メディア学科 (愛知県日進市)

映像メディア学科では、まずは映像メディア全般の核となる分野を学び、2年次以降から徐々に絞り込み、専門性を磨いていきます。

これにより、映像メディア全体の基礎知識や各分野間の関連性を学びながら同時に高い専門性を身につけることができるため、深い理解に基づくチームワークや複雑なオーダーにも臨機応変に対応できる力=「社会で活躍するクリエイターに求められる力」を養うことができます。

 

3年次以降は自身の志向や適性に合わせて8つの領域から選択して専門性を身につけていきます。

映像やテレビなら、「TV領域」「映画領域」を選ぶという具合。

 

ほかに

  • 3DCG
  • アニメーション
  • フォト
  • サウンド
  • インスタレーション
  • パフォーマンス

の領域があります。

 

この大学では、プロも使っているAdobe Creative Cloud(プレミア、アフターエフェクト、イラストレーター、フォトショップなどのAdobeのクリエイティブソフト)が無償で提供されます。

学生版でも4年間の利用で約10万円ほどかかりますから、これはありがたいですね。

 

広島市立大学 芸術学部 デザイン工芸学科 映像メディア造形 (広島県広島市)

映像という媒体を、「光」「音」「時間」「動き」というエレメントに分解してそれぞれの特性を研究し、多彩なデジタル技術を利用して新しいコミュニケーション表現として再構築していきます。

また、多くの映像資料を基に映像リテラシーを養うとともに、CGやアニメーション、そしてICT技術を修得し新しい映像媒体でのアートやデザインの表現を創造していきます。

 

2年次では、映像の基礎的構造を理解するためにアニメーション技法や、映画的映像制作の実習。

3年次は、各自が目指す方向性を探る演習を行うとともに、グループ制作の実習。

4年次は、卒業制作に取り組みます。

 

広い分野の基礎を学び、そのなかから専門性を磨いていけるカリキュラムになっています。

 

大学の選び方

 

このなかで自分のアンテナにひっかかった学部があれば、ホームぺージを見て、大学の雰囲気や授業の内容、教授陣などについて見てみましょう。

 

ほとんどのホームぺージにはQ&Aのコーナーがあって、疑問も解決しやすくなっていると思います。

 

テレビ制作独特の映像制作技術の習得から、チームワークでの制作、テレビ制作に必要な思考についても理解が深まる授業が多くあります。

 

また、芸術学部ならではの個人の作品としての映像制作に取り組むことができる学部もありました。

 

テレビ局によっては、ITメディア系の部署を新規に広げているところもあります。

 

既存概念だけではなく、これから、テレビという媒体を経由して、映像はどうなっていくんだろうと想像しながら大学を選んでみてもいいかもしれません。

 

進学や就職の相談もLINE@からお気軽にどうぞ。

 

大学について地域別に書いてありますのでこちらもどうぞ。

番組制作やメディアについて学べる東京の大学はどこ?

【関西】テレビ番組制作やメディアについて学べる大学

ABOUT ME
imacharin
imacharin
テレビ制作歴25年。テレビの業界の内側と、テレビ番組の裏側をわかりやすく発信していきます。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加






テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般