CM・広告の仕組み

CMで使われる音楽の権利と料金について広告代理店が解説します

今回はテレビCMを放送する時に、新しくCM素材を制作する時、CMに使用する音楽について、その権利と楽曲使用料金の考え方を広告代理店である弊社ライズアドバートが解説していきたいと思います。

 

テレビCMを制作する時に、たまに企業様から「この楽曲を使いたい」というようなリクエストをいただくことがあります。

イメージとしてお伝えいただく分には大変ありがたいのですが、音楽は著作権が関わってくるものなので、ご希望通りの音楽を使用するのはなかなか難しいことが多いです。

どのような問題があるのでしょうか?

 

CMの音楽は制作会社に任せられる

 

まずCMで使用する音楽というのはCMの制作会社に選曲を任せることができます。

CMに使う音楽に対してかかってくる利用料なども制作費に込みで請求されることがほとんどです。

 

なのでCMを新しく制作したいというクライアント企業様の方でCMに使用する音楽の利用料金を把握しておく必要は実はありません。

細かいことはすべて制作会社の方で承れるからです。

 

ただ冒頭でもお話ししたように「こういう楽曲を使いたい」という希望がある企業様もいらっしゃるでしょう。

そういった楽曲がある場合はもちろん提案していただいた方が良いです。

その音楽のイメージと似たような音楽を探すことができるからです。

 

ただし既存の音楽のほとんどは使用するのに莫大な費用がかかってしまうため、予算を抑えてCM放送したいという場合は使用できないと考えていただいた方が良いです。

一般的に広く知られている楽曲というのは利用料がとても高いのです。

こういった権利関係については制作会社が詳しいので、イメージだけは伝えてあとは任せてしまうのが一番良いと思います。

関連記事:CM制作の基本知識!流れや費用などについて紹介

 

音楽の種類と使用の仕方

 

広告に使用する音楽の種類としては大きく分けて以下の三つとなります。

  • フリー音源
  • 有償の買い切り音源
  • アーティストの既存楽曲、もしくは新譜

それぞれどのような使用の仕方になるのか解説していきたいと思います。

フリー音源

 

ネットで簡単に検索することができるフリー音源は商用利用可能と書かれているものであれば無料で使用することができます。

こういったフリー音源はテレビCMだけでなく他の媒体でもよく使われている音楽になります。

YouTubeやテレビ番組などでも使用されている可能性があり、他のコンテンツと音楽が被ってしまうというリスクがあるのがデメリットだと言えるでしょう。

 

またフリー音源でも商用利用可能と書かれていないものに関しては広告で使用することができなかったり、音楽を使用する際に必ずクレジット表記が必要になってくるものもあります。

フリー音源にも様々な種類があるので利用規約をしっかり確認した上で使用しなくてはいけません。

有償の買い切り音源

 

インターネット上で簡単に探せる音楽の中に有償で購入することができることができる音楽があります。

フリー音源同様に検索して使用することができ、購入して使うような形になるのでフリー音源と差別化することができます。

アーティストの既存楽曲、もしくは新譜

 

アーティストの既存の楽曲を使用したりアーティストにお願いをしてタイアップで新譜を書き下ろしてもらうというCMもあります。

この場合はある程度予算がかかってくる内容になります。

 

こういった楽曲使用する場合はJASRACやNext Toneなどの著作権管理会社とやり取りをすることになるのが一般的です。(やりとりはもちろん制作会社の方で行います。)

テレビCMで音楽を利用する時に関わってくる権利としては、コマーシャルへ録音をする際に関わる

  • 複製権(著作権者)
  • 複製権(レコード製作者)
  • 実演家(録音権)

があります。

またテレビCMを放送するのに公衆送信権という権利も関わってきます。

 

著作者が保有している複製権(著作者)と公衆送信権に関してはJASRACやNext Toneなどの著作権等管理事業者が管理を行っており、使用料は各管理事業者の使用料規程によって定められているのでそれらを参考にして料金を支払います。

あまり広く知られていないですが、実はこれらの音楽というのは放送をするたびに使用料がかかってくるような仕組みになっています。

これはコマーシャル放送使用料と呼ばれるものですが作品に関わらず全作品一律の料金規定となっています。

ただ、どのテレビ局で放送をするかによって料金が変わってきます。

例えばJASRACの場合ですと、1曲1回あたりの放送使用料が以下のように定められています。

類別 単価(円) 放送局名
第1種 12,000 東京・日本テレビ・テレビ朝日・フジテレビ
第2種 8,400 テレビ東京・毎日・朝日・読売テレビ・関西テレビ
第3種 7,200 中部日本・東海テレビ・名古屋テレビ・中京テレビ
第4種 4,800 北海道・札幌テレビ・北海道テレビ・北海道文化・RKB毎日・九州朝日・テレビ西日本・福岡・東京メトロポリタン
第5種 3,600 テレビ北海道・東北・仙台・福島テレビ・新潟・新潟総合・信越・静岡・テレビ静岡・テレビ愛知・テレビ大阪・山陽・中国・広島テレビ・TVQ九州
第6種 3,000 上記以外

参考:JASRAC 使用料の計算方法

一曲一回あたりの放送使用量になるので、単純計算30本放送すれば第一類の場合は36万円放送使用料がかかることになります。

さらにこれにプラスしてコマーシャル放送用録音使用料というものがかかり、これは作品の著作権者が直接指値をして額を決める形になるので、いくらになるかは問い合わせてみないと分かりません。

 

新しく音楽を作る場合は広告代理店からCM音楽制作会社(音プロ)に楽曲制作や選曲を依頼することになりますが、アーティストを起用しても製作する場合は権利がどこに帰属するのかということもしっかり決めた上で契約書を交わして行かなくてはいけません。

ただCMタイアップ作品の場合は新曲プロモーションとして使用料免除期間があったりもします。

これもどのような契約内容にするかによって内容が変わります。

関連記事:企業がCMを制作する時のナレーターの選び方と注意点

 

予算を抑えたい場合は有償の買い切り音源がおすすめ

 

予算をなるべく抑えつつも、企業としてのブランドをしっかり保てる内容で制作をするために有償の買い切り音源を利用するというのがおすすめです。

初めてテレビCMを放送する場合や、CM制作費よりも電波料の方に予算をかけてプロモーションしていきたいという場合は買い切り音源で勧める場合が多いです。

 

権利関係のことについては企業様には分からない部分も多いと思いますので、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

関連記事:頭に残るCMのキャッチコピーとその共通点を広告代理店が解説

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。

弊社ウェブサイト






15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談