CM・広告の仕組み

CMを流す時間帯は何時ごろが良い?内容・ターゲットからの決め方

テレビCMを放送する時に決めなくてはいけない項目の一つとして「CMを放送する時間帯」があります。

テレビの視聴傾向からターゲット層やCMの内容にあった時間帯を選択することによって、より効果的にテレビCMを放送することができます。

今回はテレビCMをメインに取り扱う広告代理店が、ゲームを放送する時間帯について解説してみたいと思います。

CMの種類

まずテレビCMには

  • 特定の番組のスポンサーとなってCMを放送するタイムCM
  • 特定の番組のスポンサーにはならず、ある程度時間帯を指定してその時間帯の中でランダムにCMを放送するスポットCM

の二つの種類があります。

タイムCMの場合は番組のスポンサーということになりますので毎週同じ番組の中でCMが放送されるという仕組みになっています。

同じ番組の中には競合他社が入らないよう競合排除などの配慮があります。

それに対してスポットCMの場合は特定の番組のスポンサーではないので時間帯を指定してその中でCMを放送する形になります。

初めてテレビCMを放送するという企業様の場合は、融通が利きやすいスポットCMを選択されることが多いです。

というのも、タイムCMというのは特定の番組のスポンサーとなるので番組編成の影響を大きく受けます。

競合他社がスポンサーとして入っている場合はスポンサーに入ることができません。

編成の都合上半年以上先の枠から出ないとCMを放送し始めることができないということもあります。

そういった面でスポットCMの方が始めやすいというのもありますし、金額的にもスポットCMの方が抑えた金額で始めやすいです。

今回はCMを放送する時間帯についての解説になりますので主にスポットCMを想定して解説します。

関連記事:タイムCMとスポットCMの違い。どちらを選べばいいの?

テレビCMの時間帯指定と料金

スポットCMの場合は時間帯はある程度指定してその時間帯の中でランダムにテレビCMを放送するということになるのですが、

時間帯の選択の仕方は自由ですので、細かくしていくことができます。

しかし時間帯の指定をすればするほど枠の制限が増えますので、金額的にも高くなってくるような金額設定になっています。

地方局独立局の場合はCM一本いくらというような単価で計算するところもありますが、キー局や規模の大きいテレビ局に関しては視聴率1%あたりいくら、というパーコスト制度という考え方で計算されていることが多いです。

関連記事:CMの費用はパーコストで決まる

CMの時間帯と内容・ターゲットの相性

全日(全曜日の朝から夜まで)

時間帯は全く指定しない方法も全日(ぜんじつ)と言います。

この方法はスポットCMを放送する上では一番安価な方法になります。

予算に対して一番安い金額でCMを放送することができるので本数も一番多くなります。

そのため幅広い世代にCMを見て欲しいと思っている場合はこの方法が良いでしょう。

CMは同じCMを同じ人に何度も見てもらうということが大切になります。

何度も見てもらうことで覚えてもらうことができるからです。

  • 食品
  • 薬品
  • 洗剤、石けん、歯磨き粉などの日用品

など、生活をする上で必要な物などのCMをする場合は全日で良いと思います。

逆L(平日の夜と土日)

時間帯を取ると逆Lの字に見えるという理由で逆Lといわれているのが平日の夜と土日の全部の時間帯を取る取り方です。

この時間帯は成人した男女、働いている方や学生など若い世代がターゲットとなります。

  • 自動車
  • アルコール飲料
  • 家電
  • 映画
  • スマホゲームやゲームソフト

といったようなものが多く放送されています。

コの字(平日の朝・夜と土日)

平日の朝と夜に加えて土日の全部の時間を加えた時間帯がコの字と言われる時間帯です。

こちらも成人した男女、働く人や学生などがターゲットとなります。

ただ朝の時間帯を入れることによって通勤通学前の時間帯にもリーチさせるようにしています。

朝つけているテレビは帰宅後も同じチャンネルを見ていることが多く、朝と夜で訴求することによって同じ人に同じCMを見てもらうということができます。

また朝忙しい時間帯で見ているテレビ番組というのは情報番組などが多く、こういった番組は録画ではないのでCMを飛ばしたり、チャンネルを変えたりすることなく見られていることが多いです。

そういった意味でも朝の情報番組内でのCMば訴求しやすいでしょう。

  • 飲料
  • 自動車
  • カメラやパソコンスマートフォンなど
  • 化粧品
  • 映画

などのCMが多く流されています。

関連記事:CMターゲットを具体的にすることで戦略が変わる、事例とともにご紹介

地域と時間帯の関係性

地域によって生活習慣が少し異なるということもあります。

例えば北海道エリアだと東京をエリアに比べて朝の情報番組の視聴率がとても高いです。

しかも8時から9時にかけての時間帯の視聴率が高かったりするんですね。

これは東京に比べると、北海道の方が通勤時間が短く、多くの方が車で通勤していることに由来します。

このように地域によって視聴傾向というものが異なる場合もありますので、それぞれの地域の視聴傾向に合わせて時間帯を決める必要があります。

こういった部分は広告代理店が提案してくれると思いますので相談しつつ決めていくと良いでしょう。

関連記事:CM広告のエリアの決め方について

ABOUT ME
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。

弊社ウェブサイト








    15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談