テレビ業界の裏話

多くの人が憧れるバラエティ番組の制作ってどんな仕事?

バラエティ番組の制作

テレビ業界は「バラエティ番組の制作に携わりたいです」という人からの応募がとても多いです。

 

弊社ライズプランニングでもテレビ局で実際に働いてくださるスタッフの方を募集していますが

「バラエティ制作をしてみたい」という方は本当に多いんですね。

 

若い世代の人は特にバラエティ番組をたくさん見ている方が多いので

自然とテレビの中でもバラエティ番組に馴染みが深くなって、テレビ関係の仕事がしたい、と思った時に思い浮かぶのがバラエティ番組なのだと思います。

 

しかし、テレビバラエティ番組の仕事について詳しく知っている人はあまりいません。

 

テレビ業界の仕事内容というのは外部に漏らしてはいけないことも多いので

どうしても実際に関わってみないとテレビ番組制作のリアルなところというのはわからないものです。

 

バラエティってなんだか作るの楽しそう!という気持ちだけで仕事をしてみると

ちょっときつい、と感じてしまうかもしれません。

 

ということで今回はバラエティ番組の制作についてリアルなお話をしてみたいと思います。

 

企画会議から始まる

 

バラエティ番組を作るのにとにかく最初に必要になってくるのがアイデアです。

 

どんな企画が視聴者に面白いと思ってもらえるのか、

とことん制作スタッフチームで集まって考えます。

 

これは何もディレクターやプロデューサーといったえらい人たちだけで決めていることではありません。

 

アシスタントディレクターもこの企画会議に参加することがありますし、

企画提出を求められることがあります。

 

また、リサーチという仕事もあって、これをアシスタントディレクターが兼任することも多く、

番組のお題に沿って美味しいお店や、流行っているものをリサーチする、というような仕事もあります。

 

新人で入ったばかりのことは右も左もわからなくて、戸惑いも大きいと思いますが

テレビは何と言っても「作る」のが仕事です。

 

新人でもアイデアを求められることはありますので

人から言われたことをただこなすのではなく、自分だったら何ができるか、どうするか、ということを常に考え続けることが大切でしょう。

関連記事:ディレクターがADに求めていること

 

地味な作業が結構多い

 

バラエティ番組の制作に限ったことではありませんが

テレビ番組制作というのはかなり地味な作業もたくさんあります。

 

バラエティ番組を見ているとよくわかると思うんですが

「よくそれだけ集めたなぁ」とか「すごい労力だなぁ」と感じるポイントがいくつかあると思います。

 

それも放送されていればまだ良い方で、

番組の編集の都合でとても努力した映像がバッサリカットになってしまう、なんてこともよくあることです。

 

自分がものすごく努力したところも、「他のところが面白い」と思われたらカットされてしまう。

それが番組制作の仕事というものです。

 

バラエティ番組を見ているだけだと、本当に面白く作ってありますが、

そのために何倍の時間も費やしてロケや収録が行われているので、カットされている部分というのはかなりあるものなのです。

 

10日間のロケに行って、本編で使用されたのが5分だけだった、なんていう話もよくある話です。

 

もちろんだからこそ、そのバラエティ番組は面白いんだと思いますが。

関連記事:テレビのバラエティ番組が面白くなる、編集のポイント

 

収録前準備

 

バラエティ番組収録前にも準備はたくさんあります。

 

例えば出演者が使う番組の資料、台本の作成、配布だったり、

ロケや一日がかりの収録なのであればお弁当の手配も必要です。

 

ほかにも収録のスケジュールを作ってそれをスタッフ全員に配布しなくてはいけませんし、

美術の準備や、カンペを用意したり、などの準備もあります。

関連記事:バラエティ番組制作のバイトの面白さ

 

収録現場

 

収録現場は一番緊張感があるものですが、

テレビ業界に憧れを持って入ってきた人にとってはこの時間が一番楽しい時間と言えるかもしれません。

 

憧れの芸能人にも会うことができますし、

テレビの編集では切られてしまうような番組の裏側も知ることができます。

 

カメラが回っていない時のスタジオの様子なんかも見ることができますしね。

 

最初は緊張でそれどころではないでしょうが

慣れてきたら、大きな仕事も任せてもらえるようになりますし、やはりやりがいを感じやすいのは

この現場の仕事なのではないでしょうか。

関連記事:テレビ番組ロケの現場はどんな雰囲気?同行の際、注意する事とは?

 

アシスタントディレクターの仕事

 

まず未経験でテレビ制作業界に入ることになったら

大体の場合はアシスタントディレクターとして働くことになると思います。

 

上記に挙げた仕事以外にもいろいろな仕事をふられることがあるでしょう。

 

入る番組によってやる仕事は大きく異なりますから、臨機応変に自分を対応させていくしかありません。

 

しかし、周りとうまくコミュニケーションをとることができ、

報告・連絡・相談がきちんとできる人なのであれば、あまり心配する必要はないと思います。

関連記事:新人ADが優秀だと言われるためのポイント4つ

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加






テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般