CM・広告の仕組み

熊本でCMをするならいくら?

九州の中心的な土地というと現在は福岡県が浮かぶ人が多いかもしれませんが、

かつて九州の中心と言えば熊本でした。

 

そんな熊本は現在も九州らしい人柄とプライドを持った県だと思います。

 

今回は熊本でCMをするならどんなテレビ局どれくらいの予算でやればいいのかや、熊本でテレビCMをする場合の特徴などをお伝えしたいと思います。

 

熊本県の特徴

 

熊本は面積が約7400㎢で、全都道府県では第15位。

人口は約180万人で九州の中では福岡に次いで人口の多い県になっています。

くまモンで人気の県でもありますね。

 

熊本はかつては九州の中心地的な存在だったので、今でも九州らしいプライドをもった人柄が多いようです。

 

男性は、気が荒く頑固だけど正義感が強く義理堅い。

一方女性も気が強く負けず嫌い、男性と同じように働き、好みがはっきりしいる情熱的な人が多いといわれます。

 

男女とも焼酎好きが多くまた新しもの好きなので、新商品のCMもやりやすい県民性ではないでしょうか。

 

ただし、貯蓄額でみると39位と低めなので、金銭的な余裕で言うと高額な物にすぐに飛びつけないかもしれないのですが

別の見方をすれば貯蓄をしないで使うのが好きとも言え、よく買い物をする県民性があるとも言えるでしょう。

 

ちなみに熊本城を築いた加藤清正は治水の名人と言われた人物で、

現在も熊本はほとんどを地下水でまかなうという珍しい水の仕組みがある都市で、水に関わる特徴を持つ県ともいえるんですね。

 

また産業では一次産業では農業や酪農が盛んで

熊本といえば、トマト、メロンの生産量が全国1位。

スイカやイチゴの生産も全国上位を誇り、牛乳や肉食用の牛など種類も豊富です。

 

有名企業の本社もあり丸美屋、再春館製薬をはじめ酒どころらしく酒造業、食品業などいろいろです。

 

いまは九州新幹線が便利ですがそれ以外に熊本には二つの空港があり、

  • 阿蘇くまもと空港
  • 天草飛行場

天草飛行場は福岡や大阪までしか飛んでいませんが、面積の割に空の便も充実している方ではないでしょうか。

飛行機代も安い物があるので比較的便利ですよね。

関連記事:CMをするときの放映地域の決め方

 

熊本でテレビCMをするなら

 

熊本のテレビ局

 

では熊本でテレビCMをするならどうすればいいかについてです。

熊本には民放テレビ局が4つあります。

  • 熊本県民テレビ(日本テレビ系列)
  • 熊本放送(TBS系列)
  • テレビ熊本(フジテレビ系列)
  • 熊本朝日放送(テレビ朝日系列)

の4つです。

 

テレビ東京系列だけはありませんが、お隣の宮崎が二つのテレビ局しか無いことを思うと充実している方です。

 

熊本のテレビ局の電波は基本的に熊本県内にのみ流れますから、熊本在住の人に知ってもらいたい情報、商品などはどんな商品でもテレビCMに向いているといえます。

 

広告というとどうしても折り込みチラシや、新聞広告などに行きがちですが、

熊本は基本的に車社会なので、車で行ける範囲であればどんな商品、お店、施設でもテレビCMはやってみる価値はあるのではないかと思います。

 

というのも熊本の特徴としてテレビCMが安いということがあります。

 

CMの値段

 

熊本はテレビ局が4局と多めにあるということで競争が働くので

お隣の宮崎に比べてCMが安く出稿できるという特徴があります。

 

宮崎の場合テレビ局が2局しかないので、全体のCM枠が少なくなりますから、

CMの出稿費が高めになってしまうということがあります。

 

それに比べて熊本は4局あるので、宮崎の半値とは行かないまでも、かなり安くCMを出すことができるといえます。

 

人口は宮崎が100万人程度なのに対し熊本は180万人で、2倍近くいますから

テレビ局が多いことで視聴者が分散されるとはいえ、視聴率の母数が増える分、かなりの人に見てもらえるということになります。

 

つまり熊本は割安だということですね。

 

予算としては50万円程度あれば十分というか、かなりの人に見てもらえるCMを打つことができますし

30万円でも数十本のCMを打つことができるので、認知を期待できると思います。

 

また予算10万円で7、8本のCMを打つことも時期によりますが可能です。

 

かなりお手軽な値段でCMを打つことができる土地だということがわかるかと思います。

関連記事:地方でCMをやる場合は予算はいくらくらい?

 

熊本以外の企業がCMをするのはねらい目

 

地方局は地元密着型のCMが多いのはどの地方局もそうなのですが、

熊本は特に地元のCMが多い印象があります。

 

その理由の一つは東京などの企業も全国でCMをしたい場合に北から南の地域でピックアップしてCMをしたりするのですが、

南というと鹿児島まで行って意外に熊本を選ばない傾向があるようです。

 

北は北海道、東北は宮城、九州なら福岡か南の鹿児島、というわけです。

 

と言うのも鹿児島は人口がほぼ熊本と同様なので一見条件が似ているということがあります。

 

鹿児島は健康志向が強く自然食品にこだわるなど食や健康へのこだわりが多いということでよくサプリメントのお試しCM地域として選ばれることが多いです。

 

確かにそれもいいのですが、鹿児島は自分の県の物を特に好む傾向もあるため、

サプリメントの南の地域のお試しとしては鹿児島だけでなく、熊本なども入れてみると予算も高くないので良いかもしれません。

 

新しい物にも興味を持つ傾向があるので、熊本の特産品や、大企業がある商品以外ならお試しCMの地域として良いでしょう。

関連記事:CMのお試しをする際のおすすめプラン

ABOUT ME
ぺんくり編集部
ぺんくり編集部
テレビCMは、高いものばかりではありません。テレビCMの良さをもっといろんな方に知ってもらいたいです。ご利用をお待ちしております。

弊社ウェブサイト







15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談