CM・広告の仕組み

地方でCMをやる場合は予算はいくらくらい?

テレビCMをやってみたいけれど、まとまった予算が用意できるわけではないので

まずは地方からコストを抑えてテレビCMを始めてみたい、という企業のご担当者様へ、

 

具体的に地方でテレビCMをするにはどれくらいの予算を見ておけばいいのか

広告代理店である弊社ライズアドバートが解説していきます。

 

テレビCMは高い、と思われている方が非常に多いのですが

地方のCMは意外とそんなことはなく、他の媒体に出稿するくらいなら実は地方CMの方が安く抑えられる、ということもよくあります。

 

地方CMをするのに必要な予算

 

地方でテレビCMをするのに必要な予算はだいたい50万円〜100万円程度と考えていただければ良いかと思います。

 

ここでいう地方、というのは広域圏をのぞいた地域での放送で

基本的には一つの都道府県に一局で放送する場合、と考えてください。

 

地域によってはかなりコストが安くなる地域もあるので、そう行った場合は30万円程度から出稿する企業もあります。

 

実は雑誌や新聞といった媒体で出稿するよりも安くなることもあるんですよね。

 

コストは大雑把に言うと、その都道府県の人口に比例すると考えて良いです。

人口が多い都道府県の場合は、その県域に流れるテレビ番組を見る人が多い、ということですので

それだけ影響力が高く、コストも高くなってくる、ということです。

関連記事:CMのコストは地方とキー局でどう違う?

 

おすすめの予算帯

 

最低で30万円〜50万円ほどからテレビCMを放送することができる地方CMですが、

低すぎる予算でテレビCMを放送することはあまりおすすめしていません。

 

よっぽど印象深いCMだとか、「テレビCMを放送したことがあるという実績だけあれば良い」という場合を除き

あまりに投下本数が少ないとテレビCMが埋もれてしまって、しっかりと効果検証ができなくなってしまうからです。

 

そのため、地方のCMであっても100万円ほどから始める方が

効果も上がってきやすく、「その次の一手」を考えられるようなデータが上がってくるのではないかと思います。

 

テレビ局によってもコストが変わると思いますので、投下本数目安としては10本〜15本以上、くらいでしょう。

予算組みの段階で、それくらいの投下本数目安だとどれくらいの予算になるのか、ということをまずは広告代理店に問い合わせてみるのも良いと思います。

関連記事:【広告代理店が解説】テレビCMの投下量の目安は何で決める?

 

おすすめの投下方法

 

お試しで100万円ほど地方CMを放送してみる、という場合

もしもう少しだけ予算に余裕がある場合は、同じ条件、同じ予算

  • 裏局でも放送してみる
  • 別の地域でも放送してみる

という投下方法がおすすめです。

 

テレビ局は系列局ごとにカラーがあり、局によっても反応が変わってきます。

 

同じ地域で同じ商品を紹介するテレビCMを放送しても、テレビ局によって反応が違う、ということもあるんですね。

 

もちろん、ターゲット層が明確である場合は広告代理店と相談して一局のみの放送でもいいと思いますが。

 

また同条件で別の地域でテレビCM放送をしてみると、別の効果が表れてくることもあります。

 

都道府県によっても合う、合わないがあるので、

もし少し予算に余裕があるのであれば、のちのち効果検証をすることを考えてCMを投下してみるのがおすすめです。

関連記事:CMをしたけど効果の検証方法がわからない時

 

CMは一度きりじゃない方が良い

 

テレビCMは一度出稿すれば効果が得られる、というものではありません。

 

もちろん内容が良かったり投下方法がターゲット層にあっていれば一定の効果は得られると思いますが

広告というのは続けることに意味があるものです。

 

一つの地域で知名度を挙げたい、という場合は、

まず効果が最大限に表れてくると言われている400GRPを目指して出稿してみると良いでしょう。

一度に出稿するほどの余裕がない場合は、何度かに分けて合計で400GRPを達成するように頑張れば良いと思います。

 

ご当地CMなんかは何十年という単位で同じCMを投下し続けているものがあります。

地方に行くと「この地域ではこのCMだよな〜」というCMを見たことがある人もいるでしょう。

 

自分が子供の頃から流れている、というCMもあると思います。

 

そういったCMは「即時的なテレビCMの効果」を狙っているのではなく、

ブランドの認知度を確立していくためにテレビCMを流しているんですね。

要は「忘れられないためのCM」です。

 

もちろん商材によってはCMの戦略も変わってきますから、ずっとCMを投下し続けることが良い、というわけでもありません。

どのような目的でテレビCMを放送したいのか、ということはテレビCMを放送する前に決めておきたいことです。

 

そういったノウハウは広告代理店にありますので、直に相談してみるのが一番良いでしょう。

関連記事:テレビCMをする時、広告代理店に連絡する前に決めておくこと

 

弊社ライズアドバートは広告代理店ですので、内容に合ったテレビCMプランをご提案させていただきます。

お気軽にお問い合わせください。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。

弊社ウェブサイト






15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談