CM・広告の仕組み

CMの最低出稿金額がどんどん下がっている?

「テレビCMは高いから、莫大な予算がないとできない」と思っている企業の方はとても多いと思います。

 

確かに東京キー局や全国でテレビCMをしようと思うと結構な予算が必要ですが

実は最近、最低出稿金額がどんどん安くなってきているんですね。

 

それはCM枠の販売の仕方が変わってきているからなのです。

 

テレビCMには

  • 特定の番組のスポンサーになるタイムCM
  • ある程度時間帯を指定してランダムにテレビCMを投下するスポットCM

の二つがありますが、

今回は初めてテレビCMをする企業が選びやすいスポットCMの金額についてのお話になります。

 

今までの出稿金額の考え方

 

今までスポットのテレビCM枠というのは

パーコストという考え方に基づいて計算されていました。

 

テレビ局によっては単価計算のところもありますが、「CM1本いくら」と言う考え方ではなく

「1%の視聴率に対してコストがいくらかかるか」という計算方法だったんですね。

 

例えば1%の視聴率に対して1万円のコストがかかるのであれば、

視聴率10%の番組に1本テレビCMを放送するのに10万円かかる、ということです。

 

しかし1本からテレビCMを放送することができるのか、というとそういうわけではなく

基本的には10本〜15本程度が最低ラインで、

地方のテレビ局だと50万円程度から、東京キー局(関東全域)であれば500万円程度から、という最低出稿金額の目安がありました。

 

予算を500万円かけるのであれば、

その中からいくつかの枠が割り振られて、複数本のテレビCMを放送する、と言う形だったわけです。

関連記事:関東でテレビCMを流したい!予算はいくらくらい?どんな流し方があるの?

 

時代とともに枠の取り方が変わってきている

 

しかしここ最近、テレビCM枠の取り方が変わってきています。

もちろん前項で説明したような取り方をしているところがまだまだ多いのですが

某東京キー局では、2019年4月よりスポットCMの枠を1本から購入できるようになりました。

 

東京キー局でのテレビCMなので単価は少し高いですが、

それでも1本からCM枠を購入することができるので、最低出稿料金がガクっと下がった、と言えます。

 

100万円を切る予算でもキー局でCMを放送することができる、ということなんですね。

 

このように1本からテレビCM枠をとることができるようなシステムを導入しているテレビ局はまだまだ少ないのですが

それでもそういうテレビ局が出てきているし、東京キー局の中でもそういった動きが出始めているので

今後どんどんそういう流れになっていくのではないかな、と思っています。

 

企業さまにとってはかなりテレビCMを出しやすい方向に向かっているんですね。

 

テレビ局のシステムも刻一刻と変化しているような風潮が今はありますので

その時々で「一本からCMを流すことができるテレビ局」というのは変わってくると思います。

 

CMを出稿したい、という時に広告代理店に問い合わせれば詳細がわかるでしょう。

関連記事:CMの費用はパーコストで決まる

 

実績づくりのためのCM放送に

 

テレビCMを1本から出稿することができる、と言っても

「1本だけテレビCMを出してもしょうがないだろう」と思う企業さまもいるかもしれません。

 

確かにテレビCMは3回以上見られないと記憶に残らない、と言われていますので

1本だとなかなか効果が出てこない、というのはあると思います。

 

ただ、たとえ1本だとしても「テレビCMを放送したことがある」という実績には繋がります。

テレビCMには考査という厳正な審査があり、誰でもテレビCMを放送することができる、というわけではないんですね。

 

公共の電波で放送するわけですから

  • 「ちゃんとした企業がやっているのか」
  • 「誤解を与えるような内容になっていないか」

というようなことをしっかりと審査されるわけです。

 

その上でテレビCMは放送されていますから、「テレビCMを放送したことがある」というだけで大きな実績になります。

パンフレットやWEBサイトにも「テレビCM放送実績あり」と紹介できるわけです。

 

一度テレビCM素材(動画)を作ってしまえば、それをWEB上で流用することもできますから

テレビCM1本のためにテレビCMを制作しても決して無駄にはなりません。

関連記事:企業がテレビCMをする理由

 

特別セールス枠などもある

 

ちなみにゴールデンウィークやお正月などの連休の時は特に

特別セールス枠が組まれることがよくあります。

 

特番などが多くなる時期に、通常よりも金額を抑えてテレビCMを流すことができるような枠が出るんですね。

 

そういった情報は広告代理店に集まっているので、

もし大型連休などに被せてテレビCMをしたい、ということがあれば、一度広告代理店に相談してみると良い枠があるかもしれません。

 

最低出稿金額がどんどん下がり、手軽にテレビCMを放送できるようになってきていますので

ぜひ新しい広告を検討している場合は、テレビCMも考えてみていただきたいと思います。

関連記事:テレビCMをする時、広告代理店に連絡する前に決めておくこと

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。


弊社ウェブサイト







15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談