テレビ業界の裏話

テレビディレクターになりたい人はどんな学校を選ぶ?進学はどうしたらいい?

将来テレビ制作をしたいという学生から、進学についての質問をいただくことが多いです。

 

「高校を卒業してすぐに就職できるの?」

「専門学校に行くのがいいのか?」

「映像制作について学べる大学に進学するのがいいのか?」

「大学ではテレビじゃなく別ジャンルのことを学びたいが、不利にならないか?」

 

テレビ局員や制作会社で働いている人たちの学歴は様々。

就職してから、撮影や編集の技術を身につけた人も多いんです。

 

就活を始めるまで、テレビ業界に入ろうとさえ思わなかった人もいます。

 

高校卒業して、テレビ業界ですぐに働ける?

 

高卒だと仕事を見つけるのは少し困難かもしれません。

 

正社員で求人を見つけることができなければ、アルバイトの募集をかけていることがあります。

まずはアルバイトから入って、フルタイムで働けることをアピール。

正社員になれるかどうかを相談することができると思います。

 

ただ会社は「最低限これくらいの働きはしてほしい」というラインを持っています。

 

例えば…

  • ネットで調べものをする
  • 資料をまとめる
  • 電話で問い合わせをする

といったようなことを、最低でもできて欲しいと思っているんですね。

 

パソコンの基本操作のスキルは必須です。

ワードやエクセルが使えないと仕事になりません。

 

会社や店舗、自治体に電話をすることもありますから、基本的な電話対応ができることも求められます。

 

社会的な常識も身についていてほしいもの。

  • 挨拶をすること
  • 時間を守ること
  • 会社からの連絡にきちんと出ること。

は最低限です。

 

もしアルバイトからのスタートであっても、真面目で前向きな姿勢で仕事に取り組めば、きっと、周りの人が引き上げてくれます。

関連記事:テレビ局に就職するには、高卒でも大丈夫なのか

 

映像系の専門学校に行くと有利?

 

映像系の専門学校ですと、

  • 東放学園
  • 読売理工医療福祉専門学校
  • ビジュアルアーツ専門学校

などがあります。

 

専門学校は技術を教えてくれるところです。

  • 撮影や編集
  • シナリオの書き方
  • 演出のつけ方

など就職したら、すぐ戦力になれる技術を身につけることができますし、

講師の先生方がテレビ業界出身だったり、制作会社や番組にインターンとして体験ができたりします。

 

ただ専門学校を卒業したからといって、すぐにディレクターを任されるわけではありません。

 

テレビのディレクターには撮影や編集以外に、交渉したり調整したりと、人と人をとりもつ仕事が多いのです。

人を説得するには、自らの経験に基づいた知識が必要であり、

相手の事情を慮れないと、人は動いてくれません。

 

技術だけではディレクターに昇格できません。

専門学校を出てもアシスタントディレクターからの出発です。

 

よって、専門学校出身だからといってそれがとても有利に働く、ということでもないのです。

関連記事:テレビスタッフになるための専門学校、という進路はどう?

 

大学で映像制作やテレビメディアについて学ぶのがいいのか?

 

大学で映像制作やメディアについて学べる学部が増えています。

映像制作では専門技術が学べる学部もありますし、身体や哲学や文化を組み合わせた映像文化について学べる学部もあります。

 

大学ならではの幅広い分野を一般教養として学びつつ、専門的に学んでいくこともできます。

 

歴史や文化や美術や言語や表現や思想などに世界を拡張し、自分にぴったりなテーマを研究し考察していけるでしょう。

 

大学ではピンポイントかつ深い知識と教養を身につけることができます。

 

それだけではなくクラスメイトやサークルの仲間、アルバイトでの仕事体験を通して、いままで接することのなかった人と出会ったり、じぶんとは全く違う考えの人と交わることができます。

 

専門知識以外に多様な人と接することで身につく能力もあり、そちらのほうが仕事をする上で必要な経験かもしれません。

関連記事:番組制作やメディアについて学べる東京の大学はどこ?

 

ディレクターに必要なのはクリエイティブ性だけではない

 

専門学校がいいのか?それとも大学がいいのか?という質問に対して、どちらがいい、というのはありません。

 

テレビ業界で働いている人たちの経歴はさまざまで「就活を始めるまでテレビ業界という選択肢があることさえ気づかなかった」という人だっています。

テレビや映像制作について全く学んで来ていない、という人も多いです。

 

最初からテレビ業界を目指していた人もいれば、まったく何も考えていなかった人もいるのです。

 

テレビ業界の仕事は知識があってもなくても、技術があってもなくても、どんな人でも一斉にスタートできる仕事です。

それはなぜかというと、クリエイティブな能力以外に、いろいろな能力を持っている人たちがチームになり、

お互いの不足しているところを補いながら作品づくりしていく仕事といえるから。

 

なにもかもが平均点よりは、何かが突出しているほうがいいです。

テレビ制作は、多様で多才な人たちとの協同作業といえます。

 

テレビ番組の内容も多様です。

みなが同じ技術を持ち合わせているだけではなく、1人1人がみな違う知識を持っているほうがいいのです。

 

テレビ制作するなら映像制作を学ぶべき、というわけではなく

いろんな知識を欲している業界ですから、どんな学部であってもテレビ業界に就職できるチャンスはあります。

 

テレビ業界にはたくさんの入り口があります。

テレビ局に入らなくても制作会社にはいれば制作はできますからね。

 

映像以外の他業種からの転職者も多いのです。

どんなにテレビからかけ離れた業界だったとしても、それまでの経験が活かされる仕事です。

関連記事:テレビ局に就職するのに大学は関係あるのか

 

就職や転職のご相談はLINE@からどうぞ。

弊社では学生アルバイトの募集もしておりますので、テレビ業界の仕事をしてみたいという人はぜひエントリーしてみてください。

ABOUT ME
imacharin
imacharin
テレビ制作歴25年。テレビの業界の内側と、テレビ番組の裏側をわかりやすく発信していきます。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加






テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般