テレビ業界の裏話

映像関係の仕事にはどんなものがある?働く場所は?

映像関係の仕事に就きたいと思ったらどのような仕事・働き方があるのでしょうか?

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社です。

 

テレビ局の中で番組制作をしていただくお仕事なのですが、

当然テレビ番組の制作だけでなく映像制作に関係する仕事をされている方と多く関わっています。

 

最近は映像クリエイターと呼ばれる、様々な映像作品を制作する働き方も認知度が高くなってきました。

映像関係の仕事について解説してみたいと思います。

 

映像の種類

 

まず映像作品にも色々な種類があります。

テレビ番組にも

  • 報道番組、情報番組
  • バラエティ番組
  • 音楽番組
  • ドラマ

など様々な種類があります。

どのような番組を作るかによって仕事の内容もまた変わってきます。

 

バラエティ番組を作っていた人が明日からドラマの制作現場で仕事をすることになったとして、同じ番組制作をしていたからといって勝手がわかるわけではないのです。

 

テレビ番組だけに限らず映像作品というのは色々なものがあります。

例えばCMやPR動画。

これらは主にクライアントとなる企業から依頼をされて制作します。

 

あらかじめターゲット層が決まっているので、そのターゲット層に伝えたいメッセージがきちんと伝わるような映像を制作しなくてはいけません。

 

また他にも展示やイベントなどで使われる映像を作る仕事もあります。

それらの映像は10年以上も使われるケースもあり、何年経っても古く見えない映像、つまりスタンダードなものが求められる現場もあるんですね。

 

一般的なスクリーンやディスプレイに限らず、プロジェクションマッピングや立体映像シアターなど特殊な上映形態になることもあります。

こういった特殊な上映形態の場合は最終的にどのような形で納品をするのか、綿密な調整や確認が必要になります。

 

それ以外にもミュージックプロモーションビデオや、映画監督として映画を作る仕事も映像を関係の仕事だと言えるでしょう。

 

映像関係の仕事の中でもどのような作品を作っていきたいのかということを考えながら仕事を探すと良いと思います。

関連記事:映像制作のスキルを身につけるためにすぐできること

 

映像関係のスタッフの種類

 

では実際に映像関係の仕事で働く場合どのような役職や仕事があるのかということについて解説していきたいと思います。

 

プロデューサー

 

プロデューサーはテレビ番組やコマーシャル、映画などの映像作品を制作するために企画の立案や出演者との交渉、スポンサーの手配や予算管理などを行う仕事です。

偉そうというイメージがあるかもしれませんが、実は一番多くの人に気を使って明るく過ごさなくてはいけないのがプロデューサーです。

 

立場上は確かに偉いのですが、クライアントにもスタッフにも気持ちよく仕事をしてもらうために現場の環境を整えるのがプロデューサーの仕事です。

 

予算をなるべく多く確保して、良い作品を作るために奔走します。

 

最初はアシスタントプロデューサーなどの役職から始まって出演交渉のサポートをしたり、スケジュール調整などを行ったりするのが一般的です。

数年経験を積んだのちにプロデューサーとして独り立ちしていきます。

 

制作デスク

 

制作に関係のあるスタッフや出演者たちに連絡を行ったり段取りの設定などをしていくのが制作デスクです。

多くの人とスピーディーに連絡を取り合わなくてはいけない仕事なので、優れたコミュニケーション能力が必要だと言えるでしょう。

 

ディレクター

 

最初はアシスタントディレクターとして経験を積んでいきます。

買い出しや台本のコピー、リサーチ業務などをしながら制作の流れを勉強します。

 

その次にチーフADとして複数のADを取りまとめる役職につくことになるかと思います。

ここで撮影や編集の仕事も覚えます。

 

最終的にディレクターになったらプロデューサーが思い描くイメージを形にできるように制作に関わってくれるスタッフに指示を出す仕事をするようになります。

ドラマや映画の現場では演出や監督といった立場になります。

 

構成作家(放送作家)

 

構成作家は主に番組を作る時に番組の構成や流れを台本にしていく仕事です。

基本的にテレビ番組を制作する時に必要になる人材です。

 

技術

 

技術系の仕事には

  • 音声
  • カメラマン
  • MAミキサー
  • 音響
  • 照明
  • 美術
  • スイッチャー

など様々な仕事があります。

映像にどのような関わり合い方をしたいのかということから逆算して、仕事を選ぶと良いかと思います。

 

直接的に映像を作る仕事となるとこの中ではカメラマンの仕事になるでしょう。

 

CG

 

映像は撮影するだけでなくCGを使って制作をするということもあります。

リアルな3Dだけでなくキャラクターものや2Dアニメーション、合成やモーショングラフィックスなどCGにも色々な種類があります。

制作会社によって得意分野がありますので、CGの中でもどのようなものを作っていきたいかということを考えると良いかと思います。

関連記事:テレビ局の技術さんにはどんな仕事があるの?

 

働く場所

 

映像関係の仕事に就きたい人が働く場所としては

  • テレビ局
  • 制作会社
  • 広告代理店

などが挙げられるでしょう。

 

テレビ局は一番収入は高いですが、倍率も高く狭き門をくぐって行かなくてはいけません。

さらに制作業務に携わる事ができるのは全体の2割から3割程度になります。

制作に希望を出していても他の部署になってしまう可能性があるので、どうしても映像関係の仕事をしたいという場合であれば制作会社に就職するのが一番でしょう。

 

ある程度映像関係の仕事で経験を積んで人脈ができればフリーランスとして働いていくということもできます。

関連記事:テレビ業界から独立しフリーランスとして仕事をする

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加





テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般