サイト運営会社
テレビ業界の裏話

テレビ局に就職するには、高卒でも大丈夫なのか

テレビ局に就職するには高卒でも大丈夫なのか

テレビ局に就職する、つまりテレビ局員として働くなら、高学歴が求められます。

テレビ局に就職したいなら高卒では無理です。

 

テレビ局の採用倍率は毎年数百から千倍近くになることもあります。

狭き門であり、同じように魅力的な人がいたら最終的に学歴で判断してしまう、というのが今の日本の就職市場における採用基準と言えるでしょう。

関連記事:テレビ局に就職するのに大学は関係あるのか

 

ただ、もしテレビマンとしてテレビ局の中で働きたい、というなら高卒でも大丈夫です。

 

テレビ局の中でテレビを作る仕事をしたいと思っているけれど、高卒ではダメなのだろうか、と悩んでいる人へ

今回はテレビ局の中には実際は高卒の方もたくさんいる、というお話をしてみたいと思います。

 

テレビ局内で働いている人

 

実はテレビ局内で働いている人はテレビ局員であるとは限りません。

 

テレビ局員の方ももちろんいますが、番組制作会社から出向でテレビ局で働いている人もいるし、

フリーランスの作家さんやプロデューサーがテレビ局内で働いていることも多々あります。

 

テレビ局の仕事、特に番組制作の現場においては、完全なる実力主義的なところがあって、

役職名や仕事内容はあやふやで、番組制作に長けているというその一点だけが求められます。

 

だからテレビ局員であるだとか、制作会社の人だから、フリーランスだから、というのはあまり関係なく、同じ番組に制作スタッフとして入った人たちは

一つのチームとして力を合わせて仕事をしていくんです。

 

テレビ局員として働いている人はこういった番組制作の現場以外に、編成局の仕事や営業の仕事をする時もあります。

テレビ局は番組を作っているだけでなく、それ以外の仕事もあるんです。

関連記事:テレビ局にはどんな仕事があるのか

 

なので、高卒の場合はテレビ局に就職することはできませんが、番組制作会社に就職してテレビ制作の仕事をすることはできます。

そこで積んだ経験を活かしてのちのちフリーランスとして活躍することもできるんです。

関連記事:ディレクターの仕事の、他の仕事とは違うところ

 

 

未経験の人がテレビ局の中で制作の仕事をする、となった場合は番組制作会社に就職してテレビ局でADとして仕事をする、というのが一番現実的でしょう。

 

テレビのADは常に求められている仕事でもあるので高卒でもなることができますし、実際のテレビ制作の現場でも高卒の方もたくさんいらっしゃいます。

 

現場に入ってみると結局学歴なんかはあまり関係なくて、仕事ができるかどうか、本当にその一点につきます。

 

仕事ができる人が可愛がられるし、バラエティやドラマ系の制作に入って仕事の覚えが悪いとADを何年も何年もやってディレクターやプロデューサーになっていけない人もたくさんいます。

関連記事:新人ADが優秀だと言われるためのポイント4つ

 

その点報道・情報系のADは3〜4年経験を積むとADもディレクターに昇格できるような場合が多いのですが。

関連記事:テレビ番組制作会社に入るなら、最初は報道か情報番組がいい理由

 

テレビ局の中の仕事は多くの仕事がマニュアルがなく現場主義で、

現場に入ってそこで見て聞いて覚えて行かなくてはいけないことがたくさんあります。

 

中でもADは下っ端中の下っ端、という扱いになるので、仕事をし始めた頃は覚えることも多く、怒られることも多く、きついと感じる人もいるでしょう。

 

ただその中でもやっていける人はいるし、そういう人はテレビが大好きです。

そこに学歴は関係ありません。

高卒でも大卒でも、感じるきつさは同じでしょうし、どちらが仕事ができる、というものでもありません。

関連記事:新人ADが仕事を始めてきついと思うこと

 

高卒でテレビマンになるメリット

 

実は高卒でテレビマンになり、テレビ局内で働くことのメリットというものが存在します。

 

それは年齢。

 

高卒ということは19歳になる年でテレビ局で働くということです。

ついこの間まで高校生だった人がテレビ局でテレビ番組を作る仕事をする、そこに大きなメリットがあるんです。

 

というのも、高校生というのはやはり流行に一番敏感な世代と言っても過言ではないと思うんですね。

大人になってくるとやっぱり流行に対してどんどん乗り遅れていくようなところがありますし、むしろ高校生こそが流行を作っているとも言えるかもしれません。

 

そんな年代の子がテレビを作る側に回る。

大卒のADよりも早くディレクターになることができる。

 

若いうちから番組の企画や演出を任されることによって人気番組が出来上がる可能性が高くなります。

 

結局ディレクターになったからといった途端に仕事がくるようになるわけではありませんし

ディレクターとディレクターの間でも争いはあります。

 

テレビは視聴率をとるためにみんな必死になって番組を作っていますからね。

関連記事:視聴率とCMの関係性

 

将来的にフリーランスとして働きたいならなおさら、高卒で若いうちから番組作りをしている、というキャリアがのちのちとても活きてくるでしょう。

 

ちなみに大学生ならテレビ局でアルバイトをすることもできます。

関連記事:テレビ局内でバイトはできるの?

 

テレビ局内で働きたいなら

 

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社なので、テレビ局で働きたい、という高卒の方もテレビ局で働くための環境があります。

 

高卒だからこそテレビ局で働くのが辛いと感じることもあるかもしれません。

自分よりずっと年上の人たちが働いている現場に一人放り込まれるわけですからね。

 

それでもテレビが好きだ、という人、

テレビを作りたいという人

一緒に働くことができる日を楽しみにしています。

 

ご質問・ご相談等ありましたらお気軽に下記フォームよりお問い合わせください。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。




テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般