テレビ業界の裏話

テレビ記者ってどんなお仕事?どうやってなるの?

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社で、主に情報・報道番組、バラエティ番組を中心にアシスタントディレクターとして働いてくださる方を募集しています。

毎年新卒の方の採用のため面接を行っていますが、新卒の方にお話をうかがうと「記者になりたい」と話される方が一定数います。

テレビの仕事の中でも記者という仕事は人気の仕事です。

 

記者と言うと取材を行って原稿を書く人というイメージがあるかもしれませんが、実際にはテレビ中継で記者自身が状況をリポートをすることもあります。

必要とあればテレビに映って自分自身が情報を伝える役目を担わなくてはいけません。

記者の仕事は具体的にどのような仕事なのか?

記者になるためにはどのような道があるのかということについて解説していきたいと思います。

 

記者には内勤と外勤がある

 

記者の仕事は大きく分けて外勤職と内勤職があります。

外勤の記者は基本的に取材記者と呼ばれ、内勤の記者は編集記者と呼ばれるのが一般的です。

 

記者の仕事は一人の人がすべてを回しているのではなく多くの場合分業制となっています。

取材をする外勤の取材記者が持ち帰った情報をもとに原稿作成などをしているのが内勤の記者であることも多いです。

 

特に規模の大きなテレビ局の場合はこの分業制が著しく進んでいると言えるでしょう。

逆に地方局の場合は同じ記者が取材も原稿作成も行っていることが少なくありません。

 

それとは別にスポーツ記者もいます。

スポーツ記者の場合は報道の記者とは別で、実際に試合や選手の練習などに密着してそのジャンルに特化した取材を行い記事を出します。

関連記事:報道番組のに就職した新卒さんに実際の仕事について聞いてみた!

 

取材記者の仕事

 

取材記者もずっと外で取材をしているわけではなく、取材が入っていない場合は定時に会社へ出勤するのが一般的です。

緊急の取材がある場合は直接現場に出勤することもあります。

 

ニュースはスピードが命ですから常に時間との戦いになります。

 

また政治警察を担当している記者の場合は庁舎内で定例の取材が入るのがメインになります。

関連記事:報道番組の制作はどんな仕事?他のジャンルとどう違う?

 

編集記者の仕事

 

編集記者は取材で得られた情報を編集し、ニュースの原稿を作る業務がメインの仕事となります。

スピードが命の取材記者と並行して働く編集記者にもスピードはもちろん求められるものですが、それ以上に得られた情報を整理し、わかりやすく大衆に向けて発信する原稿を作る編集記者は状況を正しく理解しわかりやすい文章にする頭脳が必要です。

 

スピードにこだわりすぎて誤解を与えるような内容になっているニュースを伝えてしまったら意味がありません。

 

災害時などは特に迅速に仕事をこなしていかなくてはいけない職種なので、どのような緊急事態でも冷静に判断をすることができる度胸も必要だと言えるでしょう。

関連記事:テレビ局の組織体系はどうなってる?

 

スポーツ記者の仕事

 

報道記者とは別の部門として扱われるのがスポーツ記者です。

スポーツ記者は首都圏のキー局などでは基本的にスポーツ局(スポーツ部)に配属されます。

 

スポーツのニュースを伝える仕事をしたいのであれば報道部門ではなくスポーツ部門を志望しましょう。

テレビ局によって具象の分け方が違ったりするのできちんとあらかじめ調べておくことをお勧めします。

 

スポーツニュースの場合はテレビ局がそれぞれ放映権を持っています。

テレビ局によってどのようなスポーツが得意なのかというのが変わってくるので、取材をしたいスポーツ分野があるのであれば、その分野に強いテレビ局を志望すると良いでしょう。

 

学生時代にスポーツの経験があれば、就活時にアピールポイントになります。

関連記事:テレビ番組制作会社に入るなら、最初は報道か情報番組がいい理由

 

記者になるには

 

記者になる場合はテレビ局に就職する必要があるので四年制大学を卒業している必要があります。

新卒者一括採用が一般的ではありましたが最近は中途採用を行い一旦は契約社員などで契約をしてその後社員登用するといったケースもあります。

 

大きなテレビ局であればあるほど倍率は高くなり、100倍を超える場合もあります。

 

取材をしなくてはいけなかったりテレビの前で実際に自分が立って状況を伝えなくてはいけないという場合もあるので、

人とコミュニケーションをうまくとることができる能力を持っていないといけないですし、度胸も必要です。

 

テレビ局に就職することができても記者志望なのに制作に配属されないということもあります。

基本的にテレビ局というのは就職してから配属される部署が決まるため、希望通りの仕事をすることができないこともあるのです。

 

例えば情報や報道番組のアシスタントディレクターとして最初は働き始めてみるというようなことをしてみるのもいいかもしれません。

弊社では学生学生アルバイトの採用も行なっているので大学生のうちから番組制作の現場を見ておくのも良い経験になると思います。

 

記者として実績を積んでいけば、将来的にはフリージャーナリストとして活動することもできます。

そこから評論家や国会議員などになる人もいるので、活躍の場はどんどん広がっていると言えるでしょう。

 

日常生活であらゆる事に興味を抱き、とにかく調べるということを楽しんで行うことができる人に向いている仕事だといえます。

関連記事:スポーツ中継やスポーツ番組の制作に携わるには

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加






テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般