テレビ業界の裏話

アシスタントディレクターの仕事でありがちな悩み

テレビ業界に就職する人はほとんどの人が未経験の方で、仕事内容もよくわからないまま仕事が始まり、たくさん失敗をしながらキャリアを積んでいきます。

多くの方が、「就業する前に少しでも仕事の内容を知りたい」と思うのではないでしょうか。

 

しかしテレビ業界というのはなかなか普段業界と関わりがない人には中の様子がわからない業界で、

ネットで検索しても情報が出てこないものですよね。

 

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社で、主に情報・報道番組の制作を行なっています。

 

テレビ業界に未経験で就業する場合は、最初はアシスタントディレクターとして働くことになりますが、そのアシスタントディレクターによくある悩みとはどんな悩みなのか?

そしてどのように解決したらいいのか、ということを、現場で実際に働いているスタッフたちの声を元に、今回は解説していきたいと思います。

 

ディレクターによってやり方が全然違う

 

アシスタントディレクターはディレクターのもとについて、サポートをする仕事をすることになるのですが、

演出の仕方や編集の仕方など、ディレクターそれぞれにやり方があり、人によってそれが大きく違うものです。

 

そのため、最初は覚えることもたくさんありますし、人によって仕事の流れが変わるので、臨機応変に対応するのが難しい、と悩んでしまう人は多いです。

 

確かに最初は大変だとは思うのですが、逆を言えば色々な人のやり方を見ることができる、ということでもあります。

将来的にはアシスタントディレクターからディレクターやプロデューサーへとキャリアアップしていくことを考えると、色々なやり方を見るのはすごく勉強になると思います。

もちろん自分には合わないやり方や「もっとこうした方がいいのに」と思うこともあるかもしれません。

その真似をしないように、反面教師になることもあると思うんですよね。

 

色々な人と関わり合いながら、自分だったらどんなやり方をしていくか、「この人のこのやり方はすごく良いから真似していこう」と考えていけると良いのではないかと思います。

関連記事:アシスタントディレクターは未経験でもなれる?やっておくといいことは?

 

色々な人から仕事を任されてしまう

 

アシスタントディレクターは現場では一番下の立場になるので、さまざまな人から仕事を頼まれるポジションです。

ディレクターも一人ではなく、番組には複数人のディレクターが関わっていたりします。

一度に何人ものディレクターから頼まれごとをすることもあります。

 

すると、アシスタントディレクターに仕事が集中してしまって、それをさばき切ることができず、パンクしてしまう、ということもあります。

どの仕事を先にやればいいのか、その優先順位をつけられずに混乱してしまうという人もいます。

 

問題なのは、一人のアシスタントディレクターに誰が何を頼んでいるのか、ということを仕事を頼む側は把握できていないということです。

なので、自分のキャパシティもしっかり考えて、頼まれた仕事を全部こなそうとするのではなく、

仕事を頼まれた時に「今他の仕事を抱えているので、その仕事をするのはいついつになると思いますが良いですか?」と勇気を持って言ってみるようにしましょう。

 

どれくらいの目安で仕事を完了することができるのか、ということを相手に伝えることで、仕事のスケジュール感を共有することができますから、仕事を頼んでくる人ととの齟齬が生まれにくくなります。

 

どんな仕事をするにしても、優先順位をつけたり、自分が引き受けられない仕事は引き受けない、ということは大事です。

そして「この仕事をいついつまでに終わらそう」とスケジュールを立てる能力も必要だと言えるでしょう。

関連記事:アシスタントディレクターの仕事、デジタイズとは?

 

ディレクターかプロデューサーか

 

アシスタントディレクターであれば、ディレクターかプロデューサーへとキャリアアップしていくのが一般的ですが、

どちらの道に進んだらいいのか、ということを悩んでいる人も多いです。

 

制作の現場に直に関わりたいのか、それとも少し距離を置いて、番組全体を作り上げることに注力したいのか、ということを仕事をしながら考えていくと良いでしょう。

関連記事:ディレクターになるかプロデューサーになるか、テレビ業界での進路

 

太った

 

アシスタントディレクターに限らず、社会人になって太ってしまった、という人はとても多いです。

アシスタントディレクターだとさらに、仕事が忙しかったりして外食が増えたり、現場でお弁当を食べることも多いですから、食生活が不規則になってしまって太ってしまうということはよくあることのようです。

業界関係者は美味しいお店を知ってる人も多いですしね。

 

難しいかもしれませんが、適度な運動をなるべくするように心がけて(帰りに一駅だけ歩いて帰るなど)、健康管理は意識的に行なっていく必要があるでしょう。

どの仕事に就いたとしても、日常的に運動をするということは意識的にやっていかなくてはいけないことでしょう。

 

アシスタントディレクターの場合は体力を求められる仕事でもあるので、体調管理もしっかりする必要があります。

関連記事:ADに休みはあるの?休日は何をしてるの?

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加





テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般