CM・広告の仕組み

CM考査が難しい内容のものはどうやって進めていく?

CMを放送する時に一番気を使わなくてはいけない部分がCM考査です。

今回は広告代理店である弊社ライズアドバートがCM考査の内容と、CM考査が難しくなってくるCMジャンル、さらにそういったケースでどのようにCM制作と広告枠の獲得を進めていけば良いのかということについて解説していきたいと思います。

 

CM考査とは

 

テレビCMを初めて放送するという企業様は考査というものがどういうものなのか分からないということも多いと思います。

まずはこの考査について解説していきましょう。

CM考査には大きく分けて業態考査表現考査という二つの考査があります。

業態考査

 

業態考査ではCMを放送したい企業がきちんとした企業であるかどうかということが調べられます。

テレビ局側には以下の資料の提出が求められます。

  • 企業様の登記簿謄本
  • 企業様の会社案内やパンフレット、またはホームページURL
  • ご担当者様のお名刺

基本的には業態考査でCMを放送することができないということはあまりありませんが、実体のない会社だったり業務内容によってはCMを放送することができないという場合があります。

誰でもテレビCMを放送することができるというわけではないのです。

表現考査

 

表現考査ではCMの内容に放送することができない表現が使われていないかどうかということが審査されます。

視聴者に誤解を与えかねないような表現の仕方がされていたり、不快感を与えるような内容になっていないかどうかというところが見られます。

 

表現考査でNGになったCMはもう放送ができないということではありません。

この表現を変えてくださいというように変更指示が来ますので、それに従って修正を加えればCMを放送することができます。

こういった背景から、できればCMを制作する制作会社は、テレビ局の濃さ基準をきちんと把握している制作会社であることが望ましいです。

修正もあとから追加になると追加費用がかかる場合がありますし、CM制作実績がある映像制作会社であればこうさんのことを意識してCMを制作することができるからです。

関連記事:CMの考査って何だろう?を代理店が徹底解説!

 

CM考査が難しいジャンル

 

CMの考査が厳しくなってくるジャンルというものがあります。

一番考査が難しいのは人体の健康に関わる商品やサービスである場合です。

  • 健康食品
  • 医薬品
  • 病院、クリニック
  • ダイエット食品

といったもののCMに関しては表現考査がかなり厳しくなります。

CMを見ているとCMの中で注釈がたくさんつけられているのがよく見受けられると思います。

あそこまで細かく短いCMの中でCMを見る人はなかなかいないとは思うのですが、表記の決まりとして入れなくてはいけない文言などがあり、考査の時はかなり厳しくチェックされます。

 

またこれら健康に関わるもの以外にも、科学的根拠がないものに関しては考査が厳しくなったりCM自体放送することができないという場合もあります。

一時期よくCMをしていた仮想通貨などがこちらに該当します。

 

CM自体は放送することができているんですが、具体的な内容などはあまりCMでは触れられていないと思います。

ほとんどの場合こういった科学的根拠がないものや医療関係に関してはイメージCMのようなものになりがちです。

関連記事:テレビCMを出稿するときに知っておきたい業界ルール

 

CM考査が難しい時の放送までの進め方

 

こういったCM考査が難しいCMの制作と放送枠の枠取りをする場合は、できれば制作会社と広告代理店と連携して同時進行で全てを進めていくのが良いです。

 

具体的に言うとCMを制作する場合、最初は絵コンテというイラストや写真を使ったものでCMの内容を書き起こしの原案のようなものを作ります。

この絵コンテの状態で、広告代理店を通じて一度テレビ局側に表現考査をかけてしまうのです。

絵コンテ状態から考査にかけることができれば、後から修正しなくてはいけない物というものが少なくなります。

 

もちろん完成したCM素材ももう一度改めて考査にかける必要はあるのですが、絵コンテ状態や仮編集の状態などで都度都度考査をかけることができれば、安心して制作を進めていくことができます。

テレビCMを放送したいと思っている期間が先であれば、通常は制作の方を先に進めてしまうのですが、考査が難しい内容のCMの場合はこのように制作と広告枠の枠取りを同時並行で進めていくというのが安心です。

 

また考査はテレビ局によってそれぞれ基準があって、別のテレビ局で放送する場合はそのテレビ局ごとに考査をする必要がありますので注意が必要です。

いずれにせよ考査が難しい内容のCMに関しては、放送開始前から数えて3ヶ月以上余裕を持って動き始めた方が良いと思います。

 

弊社ライズアドバートではグループ企業内でCM制作も行うことができますので、CM制作と広告枠の獲得を同時並行で進めることが可能です。

クライアント様に制作と広告枠のことでそれぞれの会社とやり取りをしていただく必要もないので、よりスムーズにCM放送を進めていただくことが可能です。

ご相談からでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

関連記事:出稿する時に知っておきたい、テレビCMの仕組み

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。

弊社ウェブサイト








    15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談