CM・広告の仕組み

CMの放送をしたい企業が決めなくてはいけないこと

テレビCMの放送を検討している企業は、CMを放送するにあたってどのようなことを決めなくてはいけないのでしょうか?

ざっくり決めなくてはいけないことは以下のような項目です。

  • 予算
  • 放送エリアとテレビ局
  • 放送時期
  • 放送時間帯
  • 放送期間

これらの条件が決まっていればすぐに広告代理店を通してテレビ局に見積もりを取ることができます。

今回は広告代理店である弊社ライズアドバートがテレビ局でCMを放送するときにどのようなことを決めなくてはいけないのか、またそれを決めるにあたってどのようなことを考えればいいのかということについて解説していきたいと思います。

 

予算

 

テレビCMをする時の予算について、数千万円や億単位の数字を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、実は数十万円からテレビCMを放送できるテレビ局もあります。

地方局であれば50万円から100万円程度からテレビCMを放送することができますし、東京キー局は難しいですが、たとえばTOKYO MXなどの独立局を使えば関東圏でも数十万円からテレビCMを放送することができます。

 

予算に合わせてできることをプランニングするのが広告代理店の仕事です。

大体の予算目安を教えていただければ、CMの目的と合わせてどのようなCMの放送の仕方があるか、ということをプランニングさせていただきます。

 

地方局を使う場合は100万円から200万円程度、東京キー局を使う場合は2000万円前後程度からCMの放送を始めてみるという企業様が多いです。

関連記事:CM予算ごとに、できることを紹介します!

 

放送エリアとテレビ局

 

実店舗があるような状態の場合はそのエリアでCMを放送するということがすぐに決まると思いますが、最近はECショップなどを使って全国に商品を発送することができるため、全国どのエリアも対象になるという事業形態の企業様も多くなってきました。

しかし全国放送でテレビCMをする場合はかなりの金額がかかってきます。

それこそ数千万円台後半から、億単位ということになってくるので、CMのお試しをするのによく使われる地域などをいくつかピックアップして放送するという方法もあります。

CMのお試しとして使われやすい地域としては、

  • 静岡
  • 福岡
  • 北海道
  • 宮城

などが挙げられます。

こういった地域でまずは200万円前後からお試しでテレビCMをしてみるというのも良いでしょう。

 

同じエリアの中でも複数のテレビ局があり、テレビ局によってコストが異なります。

またCMの混雑具合や社会情勢によっても金額が異なってきますので、その時によって値段も変わります。

詳しくは広告代理店に問い合わせをして見積もりをもらってみてください。

関連記事:CMのお試しをする際のおすすめプラン

 

放送時期

 

何月から放送するのかということを決めなくてはいけません。

見積もり段階ではざっくりとした放送時期で大丈夫ですが、時期によっても値段が変わってきたりもするので、具体的に決まっていた方が値段も具体的に上がってきます。

CM素材をすでに持っているのであれば2週間後の放送などでも枠が取れる場合がありますが、できれば放送の1ヶ月前には素材を納品しておきたいところです。

CMの素材をこれから作るという場合は、内容にもよりますが3ヶ月以上はスケジュールを見ておいた方が良いと思います。

関連記事:CMを放送するまでのスケジュール[CM素材を持っている場合]

 

放送時間帯

 

放送する時間帯によってCMの値段も変わってきます。

テレビCMにはタイムCMとスポットCMの2種類があり、タイムCMの場合は特定の番組のスポンサーとなって番組を放送するので、スポンサー料金は番組ごとに異なります。また、CMの放送もその番組の中で行われます。

スポットCMの場合は基本的にはベースとなる値段は全日(ぜんじつ)と言って、全ての時間帯を指定してその中でランダムにテレビCMを放送するやり方になります。

ここから時間帯を指定して狭めていけば狭めていくほどコストが高くなっていきます。

 

働いている世代に効率よくリーチさせるために平日の朝と夜と土日の全部の時間帯を含むコの字というやり方がありますがこれがよく指定される時間帯です。

他にも色々な指定の仕方がありますのでターゲット層に合わせて選んでいくと良いと思います。

これらは広告代理店と相談して決めると良いでしょう。

関連記事:スポットCMの放送時間帯、逆L、コの字、ヨの字、の比較

 

放送期間

 

その期間は2週間や1カ月など指定することができます。

ほとんどのテレビ局で一週間よりも短く期間を指定する場合はコストに少しバイアスがかかって金額が高くなる場合があります。

具体的な条件に関してはテレビ局ごとに異なるので、なるべく短期間で放送したいという場合はあらかじめ広告代理店に相談しておきましょう。

 

以上がテレビCMを放送する時に決めておきたい条件になります。

広告代理店に問い合わせをする前にこれらの条件のすべてを決めておく必要がありません。

ある程度ざっくり決めたものを広告代理店に持っていけば、その内容に合わせてプランニングしてもらえるはずです。

弊社ライズアドバートでもご相談を承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

関連記事:CM広告のエリアの決め方について

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。

弊社ウェブサイト








    15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談