CM・広告の仕組み

報道の制作会社ってあるの?どんな関わり方をするの?

今回は報道の仕事に就きたいと考えている人のために、テレビやラジオの報道の制作会社についてそもそも報道に制作会社が必要なのかも含め、どんな種類の制作会社があるのかについて書いてみたいと思います。

 

報道番組に制作会社は必要なのか

 

報道の基本はアナウンサーが伝えるニュースで、時事通信や共同通信、その他海外からのニュースなどの生の情報を早く正確に伝えるというものです。

テレビ局の報道に入ってくる情報をチェックしてアナウンサーの言葉にしていくなどの一連の作業があるとはいえ、そこに制作会社が必要なのかというと、実は必要ないと言ってもいいでしょう。

一般に制作会社というと番組を制作するというイメージがあると思いますが、

ニュースは早く正確に伝えるのが基本なので、制作会社にゆだねてじっくり制作をしていると遅くなってしまいます。

映像を出したり、中継地からの報告などはありますが、時を急ぐ仕事なのでじっくりとどんな番組にしようか、どんな編集にしようかと構想を練るのではなく、いかに早くわかりやすい情報にまとめてニュースに間に合わせるかということです。

急を要する報道の場合は番組の途中でも緊急ニュースが入ったり、画面の上や横に報道が出たりしますが、あれも報道の仕事です。

そのため報道フロアにいるのは基本的にテレビ局の人が主体で、局にもよりますが若いアルバイトの学生さんや、アシスタントディレクターさんがいて、コピーや資料を配ったり、時間を測ったり、時には中継の手伝いをしたりしていますが

報道の仕事には制作会社は必要ないというのが基本的なところです。

 

しかしながら実際には制作会社がかかわることが多く、それは報道の種類や、作り方によるのです。

関連記事:報道番組のに就職した新卒さんに実際の仕事について聞いてみた!

 

報道、報道番組、情報番組の区別

 

テレビには報道に近い言葉で情報というものがあります。いわゆる情報番組です。

情報番組は主に報道を深堀りしてわかりやすくした情報を伝えることの他、映画や芸能、福祉、新商品、季節ものなども盛り込んだ番組のことを言います。

 

もともとは情報番組はワイド番組などと呼ばれ、かつては報道の深掘りのようなものはなく、どちらかというと芸能ネタなどエンタメ系が多いものでした。

ところが報道の深堀りの視聴率がよかったことから、今ではほとんどの情報番組は出だしから報道の深堀りで始まるケースが主になり、大きなニュースがあるような場合は、時間のほとんどを報道関連にすることもすくなくありません。

そのため現在では、情報番組が報道にとても近くなってきています。

時報とともに流れる「○時のニュース」に代表されるアナウンサーのみが映ってニュースを伝えるものは通常「番組」はつけずに、単にニュース、報道のように呼びますが、

報道ステーションや、ニュース23のように時間も長く主に報道を扱うものについては報道番組というジャンルに通常いれています。

 

大まかな区別としては○○ニュース、報道○○、ニュース○○などのタイトルがついているものは報道番組。そうでないものが情報番組と思えばいいかもしれません。もちろん番組名は自由なので例外はあります。

別の言い方をすれば、アナウンサーがいて、固い番組が報道番組、そうでないのが情報番組という分け方もあるでしょう。

関連記事:報道番組の制作はどんな仕事?他のジャンルとどう違う?

 

報道にかかわる制作会社

 

さて、制作会社はこれらにどのようにかかわっているのでしょうか。

アナウンサーが淡々と伝えるニュースには基本的には制作会社は必要ないと書きましたが、実際には報道フロアにも制作会社のスタッフがいます。(テレビ局にもよりますが)

その場合、制作会社から派遣スタッフという形で報道にかかわることになります。

テレビ局により、どれくらいの派遣スタッフを制作会社から受けるかは様々で、一人のこともありまた数名のこともあります。複数の制作会社から数名ずつ来ているというような場合もあります。

 

いずれにしても報道は局員が主となりますから、その指示に従って制作会社から来たスタッフは報道の仕事を手伝うことになります。

テレビ局によっては報道にはアルバイトの学生を受け入れて雑用をお願いしているというところもありますが、受け入れる学生が多い場合はこのようなアルバイトについても制作会社に一括で頼んでこちらも派遣という形式にするというケースもあります。

いずれにしても報道は番組を企画したり、番組を作りあげていく仕事ではないので、比較的若い時期に経験するのがおすすめです。

報道、ニュースにスタッフを派遣している制作会社かどうかは目に付いた制作会社に聞いてみると良いでしょう。

関連記事:報道・情報番組で番組を作る、2年目のADさんにインタビュー!

 

報道番組にかかわっている制作会社

 

次にニュース23やニュースZEROに代表されるような報道番組についてですが、

アナウンサーが読みあげるだけの短いニュースと違い、報道番組は番組の時間が長く、進行や構成に加えて、ゲストがいたり、特別コーナーが設けられていることが多く、番組造りにはより多くのスタッフが必要になります。

そのためこれらの報道番組には外部の制作会社が大きくかかわっています。

 

番組の規模によりますが、キー局の場合かかわる人数も数十人から百人体制になりますので、一つの制作会社だけではなく、複数の制作会社がかかわっており、各社から数名から数十名のスタッフが派遣形式で来ています。

 

ニュースと違い番組の中で流すVTRを作り上げたり、場合によっては数日間のロケがひつようになるドキュメンタリー映像をつくることもあり、ニュースに比べ仕事の種類と幅はまた別物といって良いでしょう。このような番組に携わることはスキルアップになることは間違いないと思います。

 

情報番組ではないので、エンタメとかお笑いの要素はほとんどなく、社会性のあるまじめな素材が主となりますから、制作会社としても報道が好き、報道がやりたいという人を送り込むことが多くなります。

 

制作会社は自社で完パケ番組のみを作っているところと、テレビ局に派遣している会社、または完パケも作り、派遣も行うなどがありますが、制作会社のホームページにどんな番組に携わっているのかを明記していないことも多いのでやはり聞いてみることをお勧めします。

番組が編成によりしばしば変更することもその理由のひとつですね。

関連記事:テレビの報道の仕事に就くならテレビ局か東京の制作派遣会社

 

報道番組まるごと請け負っている制作会社や一部のドキュメンタリーを請け負っている制作会社

 

報道番組の中には一つの制作会社が丸ごと請け負って制作しているものもあります。

最も多いのはテレビ局の子会社による制作で、報道番組を丸ごと子会社である制作会社で請け負っているというケースです。

ただし、子会社と言ってもキー局の子会社の場合規模が大きいので子会社が丸ごと請け負い→さらに別の制作会社に依頼してそこのスタッフが派遣で来て一緒に作っているという場合も多いです。

また報道番組はときどきドキュメンタリータッチのコーナーを設けることがありますが、その制作は局内のスタッフで作る場合と、外部の制作会社に投げて作ってもらう場合があります。

 

ドキュメンタリーものは多くのテレビマンがやりたい仕事の一つだと思いますが、このような機会はなかなかなく、また単発であることが多いので、どの制作会社が請け負うかはその時になってみないとわかりません。

ただし制作会社によってドキュメンタリータッチのものが得意、報道系のまじめなものが得意、などカラーがありますので、もし報道系の仕事をしたい、制作会社に入りたい場合は制作会社のカラーを見極めるといいのではないでしょうか。

関連記事:ニュース番組の制作!その仕事のメリットは?

ABOUT ME
ぺんくり編集部
ぺんくり編集部
テレビCMは、高いものばかりではありません。テレビCMの良さをもっといろんな方に知ってもらいたいです。ご利用をお待ちしております。

弊社ウェブサイト








    15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談