CM・広告の仕組み

健康関連商品のテレビCMはどのようにしたら効果的?

健康関連の商品をPRしたい、という企業さまからのお問い合わせをいただくこともあるのですが

テレビCMで健康グッズのPRをする際はどのような戦略でPRしていくのが良いのでしょうか?

 

広告代理店の目線で掘り下げていきたいと思います。

 

健康意識の高い県

 

今はネットでも商品を販売できるようになっていますので、全国にテレビCMをしたいと思う広告担当者の方が多いです。

 

もちろん予算が潤沢にあるのであれば、全国でテレビCMをするという方法もあります。

 

しかしなかなかそういったテレビCMの仕方は大企業じゃないとできないものですよね。

 

予算を抑えてテレビCMを始めてみたい、という企業さまには「限定的な地域でテレビCMをする」、つまり地方局でのテレビCMをおすすめしています。

 

地方のテレビCMでしたら、スポットCM30万円〜50万円でだいたい10本〜20本ほどのテレビCMを放送することができるんです

 

地域の選び方としては、やはりターゲット層にあった地域を選びたいところですよね。

 

そこで、

2017年にアンファーの行った「ニッポン健康意識大調査」というものがあります。

同調査は2017年7月27日~29日、全国の20~69歳の男女4,700名を対象にインターネットで実施されたものです。

 

これによると健康意識の高い都道府県ランキング

  • 1位…宮城県
  • 同率2位…三重県・大阪府
  • 4位…滋賀県

という結果になっています。

 

三重県は中京広域圏(岐阜・愛知・三重)、大阪・滋賀は近畿広域圏(滋賀・大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山)となりますので、キー局系列でテレビCMをしようとすると少しコストが高くなるのもあり、

この場合は宮城県からテレビCMを始めてみるといいのではないかな、と思います。

 

独立局

  • 三重県は三重テレビ
  • 滋賀県はびわ湖放送

という局もありますので、こういったところで放送をすればかなりコストを抑えてテレビCMをすることもできます。

 

このような形で、ターゲット層から逆算してテレビCMをする地域を決める、という方法があります。

関連記事:CMをするときの放映地域の決め方

 

年末年始のCM

 

健康関連商品の中でもダイエット関連のCMは特に、年末年始の枠がおすすめです。

 

というのも、やはりダイエット関連商品というのは年末の食べ過ぎを気にしている人に刺さる広告なんですよね。

 

特別番組の多い年末年始はコストが高いのではないか、と思っている企業の方も多いと思いますが

視聴率も普段と比べると高いですし、実は狙い目の時期なのではないかな、と思います。

 

ただ出稿される企業さま自体がほとんど年末年始はお休みなので、年末年始のテレビCM出稿には全体的に消極的な企業さまが多いです。

だからこその狙い目、というのもあるのですが。

関連記事:年末年始のCM放送は実は狙い目?

 

主婦層や高齢者層をターゲットにする

 

健康関連商品となると、やはりターゲット層は主婦層や高齢者層になってくると思います。

 

そういった視聴者層が多いテレビ番組のスポンサーになるだとか、

スポットCMの場合でもヨの字などで時間帯を指定して放送する、というのも良いでしょう。

 

費用を抑えて、50代〜60代以上の年代を狙いたい場合は、

BS放送でテレビCMをする、という方法もあります。

 

BS放送はやはり地上波に比べるとコストを抑えられるので、

地上波の全国ネットでテレビCMするほどの予算はない、という企業さまでも

BS放送なら全国でCMが打てる、という場合があります。

 

地上波は若年層向けの番組が多いですから、高齢者層がどんどんBSに流れている、という傾向もあります。

関連記事:BS放送でCMをすることのメリット

 

健康関連商品で気をつけたい表現

 

健康関連商品のテレビCMをする時に気をつけたいのがCM表現です。

 

テレビCMは予算があればどの企業でもできる、というわけではなく

業態考査といって企業そのものの考査もありますし

CM表現の考査もあります。

 

特に医療関係に関しては表現考査がかなり厳しくなっており、使ってはいけない表現などが複数存在します。

電動式マッサージ機なども医療機器と見なされて表現考査にひっかかってしまうこともあるんですね。

 

もちろん誤解されないような正しい表現を使っているものに関しては、内容が医療関係のものであってもCM放送することができます。

 

また、この表現考査はテレビ局によっても審査基準が異なるので、

あちらの局では通らなかったけど、こちらの局なら大丈夫、ということもあります。

 

これからテレビCMの素材自体を新しく制作してテレビCMを放送しようと思っている、という企業の場合は

表現については広告代理店に相談しておいた方が良いかもしれません。

 

具体的に禁止されている表現については別の記事でご紹介しています。

関連記事:医療機関のCMで禁止されている表現

 

弊社ライズアドバートは広告代理店ですので、お客様の商材ターゲットに合わせた広告プランをご提案させていただきます。

ご予算からのご相談でもかまいませんのでお気軽に下記フォームよりお問い合わせください。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。


弊社ウェブサイト







15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談