サイト運営会社
CM・広告の仕組み

マス広告の種類と特徴。広告を出す時、どんな媒体を選ぶべき?

マス広告

広告を行う上で

  • テレビ
  • ラジオ
  • 新聞
  • 雑誌

この4つの媒体を、4マス広告と呼びますが、これらのマス広告は非常に影響力の強い広告媒体だと言われています。

 

では広告を打つ時に、これらのマス広告を利用すれば、必ず広告宣伝がうまくいくのかと言うと、そういうわけではありません。

 

マス広告を利用しても、詳細が広告媒体と相性が良くない場合は

せっかくそれなりの予算を割いて広告を出稿したのにも関わらずなかなか広告効果が得られないということもあるわけです。

 

マス広告の影響力が強いだけに、「マス広告で広告を出稿すれば何かしらの宣伝効果は得られるだろう」と思っている方がとても多いのですが

マス広告にはそれぞれの特徴と強みがあり、商材にあった広告手段を選択することがとても重要なんですね。

 

ということで今回は、マス広告での広告出稿をお考えの企業の方へ

広告代理店である弊社ライズアドバートが、マス広告のそれぞれの特徴と強み、相性の良い商材などについて詳しくお話ししてみたいと思います。

 

テレビ

 

まずテレビについてですが、テレビ広告つまりCMというのはとても影響力の大きい広告媒体です。

 

テレビCMはとにかく即効性があるというのが強みだと思います。

 

テレビの番組で紹介されたお店などは、公式サイトのサーバーが落ちてしまうということもよくあることですよね。

 

一気に多くの人に向けて広告をリーチさせることができるという点において、テレビはやはり他の広告媒体に比べると群を抜いて影響力があると思います。

 

またテレビCMというのは、単純な広告効果だけでなく、

「テレビCMを放映したことがある」 という実績そのものが、企業の信頼にも繋がっていきます。

 

テレビCMを出稿するには考査と呼ばれる厳正な審査があり、どんな企業でもテレビCM出稿できるというわけではないんですね。

 

だからこそテレビCMをやっている企業というのは、ユーザーからとても信頼される企業になることができるということです。

 

さらにテレビCMをやるのには莫大な費用がかかると思ってる人が多いので、

テレビCMをやることができる企業というのは「儲かっている企業なんだ」という印象もつきやすいのではないかと思います。

 

ただ実際には、テレビCMというのはやり方によっては予算を抑えて放映することができるものです。

 

地域を絞ったり、BSやCSなどの衛星放送を使うという方法ですね。

 

予算に合わせたテレビCMの方へのやり方というものが実はあるのです。

 

総合すると

  • テレビCMを放映したという実績が欲しい場合
  • 企業のブランド力を高めたい場合
  • とにかく商品の認知度を上げたい場合
  • 即効性のある広告を出稿したい場合

このような場合テレビCMを選んでみると良いと思います。

関連記事:格安スマホのCMのやり方

 

ラジオ

 

基本的に広告の仕組みはテレビと似たようなところがありますが大きく違うところは地域にものすごく密着している広告媒体であるということでしょう。

 

例えばイベントの開催ですとか、美術展でどのような展示をやっているか、というようなCMがラジオから聞こえてきた、という経験がある方も多いと思います。

 

よりターゲット層絞って広告を打つことができる媒体だと言えるでしょう。

 

特にラジオの場合は運転をしながら聞いている、という人が多く、

地方の場合は通勤時間帯に車に乗りながらラジオ聞いているということがとても多いです。

 

時間帯によってリスナーの年齢層が大きく変わってくるのがラジオの特徴ですね。

 

ターゲットがある程度絞れていて、ラジオのリスナー層と合致しているのであれば、

とても高い効果が期待できると思います。

 

  • イベントなどの集客
  • 普段から車に乗っている人たちがターゲット層
  • 地域密着型の広告を打ちたい

などという場合に、ラジオ広告は有効的だと思います。

関連記事:ラジオの広告の仕組みを代理店が解説。そのメリットとは?

 

新聞

 

新聞はとても信頼度が高い広告媒体ですので、広告を掲載することによって企業の信頼度を獲得することができる広告媒体だと言えるでしょう。

 

テキストだけでなく写真やイラストなどを挿入して情報を届けることができますし、

映像コンテンツや音コンテンツと違って手元に残る広告媒体ですから、よりじっくりと広告を見てもらいたい場合などにオススメです。

 

ただ新聞を利用しているユーザーというのは中高年層になりますので、若年層向けのサービスや商品の場合は

広告媒体としてはあまり有効ではないでしょう。

 

  • 中高年層向けの広告を出稿したい場合
  • 企業の信頼度を高めたい場合

などという場合に、新聞広告は有効的だと思います。

関連記事:新聞折込は本当に効果があるの?

 

雑誌

 

雑誌広告は、雑誌そのものにすでに固定のファンが付いていることが多く、

ターゲット層がより具体的になっている場合におすすめの広告媒体です。

 

例えば車の広告を出す時に、車の雑誌に広告を出稿してみる、というようなことですね。

 

その雑誌を手に取る人はすでに車に興味がある人ですから、高い広告効果が期待できるというわけです。

関連記事:雑誌掲載をする方法と期待される効果について

 

広告を出稿するなら

 

弊社ライズアドバートは広告代理店ですので広告を出稿したいという皆様へ広告プランのご提案をさせて頂いております。

 

商材やサービスの内容に合わせて、広告媒体の選び方からご相談させて頂きますので、

ご興味ご関心がある方は、下記フォームまたはチャットよりお気軽にお問い合わせください。

関連記事:広告主が広告を出す時に考えなくてはいけないこと

 

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。

弊社ウェブサイト






15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談