CM・広告の仕組み PR

ノンフライヤーのテレビCMをするならどんな内容がいい?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

弊社ライズアドバートはテレビCMをメインに取り扱う広告代理店です。

今回はノンフライヤー調理器のテレビCMをする時にどんな内容にすればいいのか、ということを実際の利用者アンケートなどを見ながら考えてみたいと思います。

えいぞーさん

コロナパンデミックもあり、近年は「健康」というワードが多くの人に意識されるようになっています。

ほとんど油を使わずに揚げ物ができるノンフライヤーは認知度も上がっており、ますますこれから使われることの多い調理家電となるのではないかと思います!

認知は高いものの、所持率が低い

ノンフライヤーに関するアンケート(オレンジページくらし予報)を見てみると、

ノンフライ調理家電の認知率は94%、所持率は5.1%となっていました。

認知率はかなり高いものの、実際に所持して使っている人はまだまだ少ないということがわかります。

さらに、今後使ってみたい調理家電としては、

  1. ノンフライヤー・ノンフライオーブン…56.0%
  2. スチームオーブンレンジ…38.7%
  3. オーブンレンジ…11.9%
  4. オーブントースター…10.3%
  5. ポップアップトースター…7.1%
  6. オーブン単体…3.7%
  7. 電子レンジ単体…1.7%
  8. その他…0.4%
  9. 特にない…16.4%

という結果が出ており、圧倒的にノンフライヤー・ノンフライオーブンがトップとなっていることが分かります。

認知はすでにされている商品ですので、「こういうものがありますよ」というCMではなく、

「具体的にどんなことができるのか」ということに重きをおいた内容でテレビCMをしてみると良いのかなと思います。

テレビCMでは、見た人が「自分がこれを手に入れたらどんなことができるのか」ということをイメージすることができると消費行動につながりやすくなります。

どんな時に使えるのか、なにが便利なのか、ということがより分かりやすいCMになるといいかもしれません。

それを分かりやすく見せるために、まずターゲットの設定も大切になります。

一人暮らしなのか家族がいるのか、男性なのか女性なのか、といったターゲットの設定によって、

「どういうシーンで使えるのか」ということを見せる時の内容がかなり変わってくると思います。

どこをメインターゲットにするのか、ということもしっかりと考えるようにしましょう。

広告業界では仮想的なターゲット人物像をペルソナと呼びます。

家族構成や性別だけでなく、職業や住んでいる場所、ライフスタイル、休日の過ごし方といった細かいところまで設定していきます。

これらが決まっていることで、CMの放送条件なども決定しやすくなります。

設定が難しい場合は広告代理店と相談しながら決めていくと良いでしょう。

関連記事:テレビCM放映に向けたペルソナの設定の仕方

揚げ物をする時の悩み

同アンケートによると、「自分で揚げる、または惣菜の揚げ物を購入」して自宅で食べる人は95%。

えいぞーさん

ほとんどの人が自宅でも揚げ物を食べているんですね〜!

私も揚げ物好きです^^

自分で揚げ物をする人の3大悩みは、

  • 片付けが手間…68%
  • カロリーが気になる…61%
  • 油の処理…56%

惣菜の揚げ物を購入する人では、

  • カロリーが気になる…67%
  • 高くつく…41%
  • 塩分・味が濃い…35%

という結果に。

さらにノンフライヤーの購入希望理由を見てみると、

  • 揚げ物のカロリーを落としたい…72.5%
  • 食品を油を落とすことができる…43.5%
  • 揚げ物の温めなおしがおいしくできる…37.0%

となっています。

揚げ物を食べる人の悩みの多くを解決することができるのがノンフライヤーだと言えるでしょう。

CMの内容として、

えいぞーさん

揚げ物が食べたいけどカロリーが気になる…!

ナレーション

そんなあなたに!ノンフライヤー調理器!

というように、悩みを解決することができますよ!というのが分かりやすいものにしてみるのもいいかもしれません。

大切なのは「自分がもしその商品を手に入れたら…」と想像してもらうことです。

関連記事:CM制作をする時にヒアリングさせていただく5W1H

CMの費用はどれくらい?

まずCMを放送する際にかかってくる費用としては、

  • CM制作費
  • CM放映費

の2つです。

CM制作費用は内容によってかなり予算が異なり、

例えば写真の素材を共有していただいて、それをスライドショーのように動画化し、音楽やナレーションをつけて作る一番簡易的なパターンだと30万円程度でお作りすることが可能です。

新規で撮影が必要な制作の場合は100万円程度〜となっており、もし有名タレントを起用するような場合は、タレント起用費がそこに別途でかかります。

初めてテレビCMをする場合は、費用を抑えて制作をし、それでまずは試験的にテレビCMを放映する、という形にしても良いでしょう。

有名タレントではなく、フリーのタレントさんなどを起用すれば、使用期限などの制限もなく制作できる場合もありますので、

その場合は一度制作をすればその後ずっと映像をお使いいただくことも可能です。

ご予算に合わせてプランをご提案させていただきますので、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

関連記事:CM予算ごとに、できることを紹介します!

ABOUT ME
長倉 さやか
ライズプランニング(広告部)」の長倉です。広告手段としてのテレビの使い方やテレビメディアの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆しております。

弊社ウェブサイト








    15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談