CM・広告の仕組み

PR会社と広告代理店の違いって何?

日本語だとPRという言葉は広告という意味もありますよね。

インターネットを見ていると「PR」という表示がついている投稿がよく見られると思います。

 

PRというのはpublic relationsの略で、英語本来の意味だと自己宣伝という意味はありません。

つまりPR=広告というのは和製英語になります。

 

このPRを取ってPR会社という会社が存在しますが、しばしばこのPR会社と広告代理店が混同されていることがあります。

PRも日本だと広告という意味になりますがPR会社と広告代理店はどのような違いがあるのでしょうか。

広告代理店である弊社ライズアドバートが解説したいと思います。

 

PR会社の意味

 

PRというのは広報という意味も持っています。

つまりPR会社というのは広報を専門としている会社ということですね。

 

会社には商品やサービスを売るための広報室のようなものを設置することがあると思いますが、それを専門的に担ってくれるのがPR会社です。

宣伝しようとする商品やサービスに対してどのような広報活動をすれば効果的に宣伝をすることができるかということを考えるのが仕事になります。

 

またさまざまなメディア媒体に商材を取り上げてもらえるようにメディア媒体と企業との間を取り持つ働きをします。

 

より多くのメディア媒体とつながりを持ち、影響力の大きいプレスリリース能力やノウハウがあるかどうかというところがPR会社を選ぶ基準になってくるでしょう。

 

PR会社は商材をメディアに取り上げてもらえるように働きかけをしますが

これは段階的なもので徐々に徐々に知名度が上がっていくように動くのが得意なのがPR会社です。

 

PR会社によって強みも違い、特定の媒体で話題を作るのが得意という会社が多いので

どのような媒体で話題作りをしていきたいのかというところで会社を選ぶと良いでしょう。

 

メディアに「取り上げたい」と思ってもらえるような商材であれば、メディアに費用を払うことなく掲載してもらえる場合があります。

 

ただしこれはメディア主導で行うことなので、露出する時期を指定することができなかったり、こちらの思うような宣伝の仕方をしてもらえない場合があります。

もちろんメディアの目に留まらなければ取り上げてもらうこともできない可能性があるのがPRというものです。

関連記事:テレビPRとテレビCM(広告)の違い。宣伝するならどちらがいい?

 

広告代理店の仕事

 

広告代理店の仕事はPR会社とは違ってお金をかけて広告を制作し、放送や出版、掲載を確実に行って宣伝をするプロセスを代行する仕事です。

PRと違って広告を出すこと自体にお金がかかるので必ず広告を出すことができます。

またメディア主導ではなくクライアント企業主導で広告を出すことができるので、広告を出す時期や内容などを企業側で決めることができます。

もちろん媒体や広告内容によっては規制されている部分があったりはしますが、企業の思うような形で広告を行うことができるというのがメリットでしょう。

 

広告代理店もその会社によって強いメディアがあります。

どの媒体で広告行いたいのかということを先に決めてから、その媒体に強い広告代理店を選ぶと良いでしょう。

関連記事:CMをやりたい時の広告代理店の選び方

 

PR会社と広告代理店の違い

 

PR会社の主な仕事は

  • ニュースリリース発表
  • PRイベントの実施
  • 商品発売の報道発表
  • ラジオやテレビ、雑誌などへの取材依頼
  • サンプリング

などです。

 

それに対して広告代理店の仕事は

  • テレビCM、ラジオCM、ネット広告、新聞広告などの制作と出稿
  • 商品発売の報道発表
  • トレインチャンネルなどへの出稿

となります。

 

明確な違いはPR会社にPRをお願いした場合はPR会社への費用は発生するけれど宣伝広告は取材のような形で入るので費用がかからないのに対し

広告代理店の場合は必ず広告を出すことができる分、広告出稿にお金がかかってくる、

というところでしょう。

 

例えば商品を作ったけれどどのような宣伝を行ったらいいのかがわからない、効果的な宣伝方法を知りたい、という場合であればマーケティングノウハウのあるPR会社に頼んだ方がいいと思います。

コンサルティングのようなこともしてくれるのがPR会社なのでどういう媒体が合うのかということも統計をもとに提案してくれると思います。

 

逆に「テレビCMをしたい!」「ドキュメンタリー番組を放送したい!」というようにメディアが決まっているのであればそのメディアに強い広告代理店に依頼をするのが一番でしょう。

専門としているメディアについて詳しいのはやはり広告代理店です。

テレビCMを行った時にどれぐらいリーチさせることができるのか、どのようなテレビCMが今流行っているのか、というようなことを聞くことができます。

 

商品やサービスの宣伝を行うときに「今どの段階なのか」ということをまずは明確にして、PR会社と広告代理店をうまく使い分けた方が良いでしょう。

関連記事:初めてのCM放送の時に知っておきたいことを広告代理店が解説します

 

弊社ライズアドバートはテレビCMを得意としている広告代理店です。

テレビCMの制作から放映までご依頼いただくことが可能ですので、お気軽にご相談ください。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。

弊社ウェブサイト






15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談