CM・広告の仕組み

初めてのCM放送の時に知っておきたいことを広告代理店が解説します

弊社ライズアドバートは広告代理店ですが、「初めてのCMに挑戦したい」という企業様にお問い合わせをいただく機会が多いです。

 

テレビCM業界というのはインターネットで調べてもあまり詳しい内容が出てこなかったりして、

業界経験者じゃないと内情がなかなかわからないという側面があり、初めてテレビCMをする企業様は「何を聞いたらいいのかもわからない状態」であることが非常に多いです。

 

今回は初めてのCMをご検討いただいている企業様へ、先に知っておくと良いことをまとめてみました。

 

CMは大きく分けて2種類

 

テレビCMは大きく分けて

  • スポットCM
  • タイムCM

の2種類があります。

 

それぞれの特徴について解説していきます。

 

スポットCM

 

初めてのCMの場合はこちらのスポットCMで放送をする企業様が多いです。

15秒と30秒、どちらの尺のCMも放送することができ、特定の番組のスポンサーになるのではなく、ランダムにテレビCMを投下していく方法です。

 

例えばサラリーマン向けのCMを打ちたい時は「コの字」と言って、平日の朝と夜+土日全部の時間帯にCMを投下する、という方法があります。

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日

 

この方法であれば少額からCMを放送することができます。

また番組編成にもあまり影響を受けないのでかなり融通が効き、「テレビCMを放送したい」と思ってから実際に放送できるまでが短くてスピーディーです。

 

タイムCM

 

タイムCMはスポットCMと違い、特定の番組のスポンサーとなってテレビCMを放送する方法で、基本的に30秒のCMのみの放送となります。

特定の番組のスポンサーになるので、その番組の中でテレビCMが流れます。

視聴者層とターゲット層が合致すればとても効果的にテレビCMを放送することができる方法なんですね。

 

こちらだとスポットCMよりはまとまった金額が必要なことが多いです。

ただし番組提供の部分に社名が載るので、ブランド力を高めたい、という時はこちらの方が向いていることもあります。

関連記事:タイムCMの料金はスポットに比べて割高なの?その理由は?

 

ターゲット層を決めることが大切

 

初めてのCMの場合は「なるべく幅広い世代にCMをリーチさせたい」とおっしゃる企業様が多いです。

しかしテレビCMは1日に何本も流れているもので、記憶に残るテレビCMを作るのは難しいです。

 

そのため最初にターゲットを幅広くとってしまうと、逆に印象に残らないテレビCMになってしまうことがあります。

ターゲット層を絞りに絞ったCMの方が、インパクトがあって記憶に残りやすいということが往々にしてありますので、なるべくターゲット層を具体的にした上でCM制作に取り組んだ方が良いでしょう。

関連記事:わかりやすいCMってなんだろう?広告代理店が考えてみた

 

テレビCMは根気のいる広告手段

 

テレビCMをやれば認知度が急に上がる、と思っている方も多いのですが、そんなに単純なものでもありません。

確かに運良く初めてのCMでいきなり商品が爆発的に売れるケースというのもあります。

 

しかしほとんどの場合はそううまくいきません。

どちらかというと一度の出稿でどうにかなる、というものではなく、

出稿したら統計をとって、どこが悪かったのを分析しながら次に活かし、何度も何度も改善しながら放送を続けていくものです。

 

そのためには「並行して他の媒体でも広告を打つ」「ネット戦略も考える」というようないろいろな策を考える必要があります。

関連記事:広告におけるメディアミックスの重要性とその事例

 

テレビCMの効果測定の仕方

 

テレビCMはデータを取りながら改善行い、放送を続けていくべきものだ、とお話しましたが

ではそのデータはどのようにとるのか?というと、最近は公式サイトやランディングページなどのアナリティクスを分析してもらう、という方法を推奨しています。

 

昔はネットがなかったので「商品を買う場合は電話をする」というのが一般的でした。

これによりテレビショッピングというものが急速に普及したわけですが、今は「気になる商品があったらネットで調べてから購入する」という流れが一般的になりつつあります。

 

そのため、CMを放送した時にどれだけ公式サイトやランディングページへん流入があったか、

さらにそこからどれだけ成果に結びついているのか、ということを分析すると、改善しなくてはいけないポイントが見えてくるかと思います。

関連記事:テレビ広告の効果測定と、数値から読み取れること

 

ローカルが実は狙い目

 

テレビCMはエリアによって値段がかなり異なります。

それは視聴可能世帯数がエリアで全然違うからです。

 

ローカル局とキー局では、同じ視聴率1パーセントでも届けられる人口が全く違います。

視聴率はあくまで「そのエリアで放送を見ることができる人のうちの何パーセントに見られているか」という数字ですからね。

そもそも分母が違うのです。

 

なのでローカル局だとかなり少額からテレビCMを放送することができます。

ローカル局から始めて、徐々にステップアップして最終的にキー局や全国でテレビCMをする、ということも多いです。

 

逆に特定の店舗があるのであれば、そのエリアのみで集中的にテレビCMをすることによって「この地域の〇〇屋さんならあそこ!」というようなポジションを狙うのもアリだと思います。

関連記事:CMの出稿金額目安を地域別に紹介します

 

初めてのCMの場合はわからないこともたくさんあるかと思います。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。

弊社ウェブサイト






15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談