CM・広告の仕組み

テレビCMで売上を伸ばすための戦略

テレビCMというのはとても効果の見えにくい広告です。

最近急速に市場が伸びてきているインターネット広告とは違い、インプレッション数もクリック数もわかりません。

 

アナリティクスを見ることができるものではないので、成果がテレビCMの効果によるものなのかはっきりしないこともあります。

 

それでも、メディアの中では王様と言われ、

特に地方においてはまだまだ依存率の高い広告媒体で、

地方CMに関してはかなり安価に出稿をすることができるので、売上をあげたい、という時に試してみて欲しい広告媒体です。

 

今回はテレビCMで売上を上げるための戦略について、広告代理店である弊社ライズアドバートの目線で紹介していきたいと思います。

 

他の広告と並行して出稿する

 

テレビCMに限らず、他の広告でも言えることですが、

複数の広告媒体を使って広告を出稿することによって効果が上がりやすくなる、という傾向があります。

 

複数の広告媒体で広告を出稿することをメディアミックス、と言いますが

特にテレビCMの場合は「テレビCM×YouTube広告」という組み合わせが効果が上がりやすいように思います。

 

せっかくテレビCMを放送するためにCM素材となる動画を作っているので、それを流用してYouTube広告も出稿する、というやり方ですね。

 

YouTube広告はテレビほど規制が厳しくもないですし、テレビCMとして放送できるような内容なのであればYouTubeでも広告を出稿することができるでしょう。

特に若い世代はテレビもYouTubeも見る、という人が多いので、「このCMはテレビでも見たな」というように印象に残りやすくなると思います。

 

YouTube広告であれば1日の予算を細かく調整することもできるので、

広告出稿期間でも予算を変動させたりして効果検証を行うことができます。

 

テレビCMは15秒か30秒が一般的ですが、YouTubeであればもう少し長い尺のCMを流すことも可能なので

YouTube用の長尺CMの素材を作っておくのもいいかもしれません。

 

複数の媒体で同じCMを目にすることによって、より効果が高まります。

 

複数ある広告の中にテレビCMがあることによって、「ちゃんとした会社がやっているんだな」という信頼にもつながるでしょう。

テレビCMは誰もが出稿することができる広告ではなく、きちんとした考査というものがあって

それを通過しないと放送することができない媒体なんですよね。

関連記事:テレビCMの効果には「信頼」もある

 

テレビCMを見てからの購買フローを確立する

 

テレビCMの放送を始める前に売上を上げる戦略としてできることがあります。

 

それは「テレビCMを見たあとの購買フローを確立する」ということです。

 

テレビCMでは思わぬ反響があることがあり、

通常インターネットで販売している商品でも、サーバーがパンクしてしまったりだとか

CMを見てからネットで購入しようと思ったけどクレジットカードしか対応していなくて銀行振込ができなかっただとか、

色々な障壁によって売上を阻害してしまう、というケースをよく見かけます。

 

そういったケースは非常にもったいないので、

テレビCMを見た人がどのような行動パターンで購買に至るのか、ということを予測し

そこから逆算して購買フローを確立しておく、ということをテレビCMの放映前にやっておくと良いでしょう。

 

例えばインターネットで商品を販売しているなら、サーバーを処理速度が早く、大きめのサーバーに変えておくだとか

テレビCMの最後に「○○で検索!」というような言葉を入れるだとか

キーワードをいくつか選出して、テレビCMの放映期間だけリスティング広告を出稿するだとか。

 

そういった購入のための導線をしっかりと確立することによって

興味を持ってくれたユーザーがスムーズに買い物をすることができます。

 

テレビCMをしたけど、いまいち効果が上がらない、という場合は

この「購入までの導線」が確立されていない、ということが原因となっているケースが少なくありません。

 

テレビCMの効果を最大限に上げるためにも、CM放送の前に

「CMを見た人がどのようにして商品を購入するに至るのか」ということを今一度、具体的にイメージし

足りないものがないか検討すると良いと思います。

関連記事:CMをしたけど効果の検証方法がわからない時

 

一つの地域で集中的にテレビCMをする

 

知名度を上げるための一つの戦略として

限定的な地域で集中的にテレビCMをする、という方法があります。

 

もちろんそれを関東などの広域圏でやろうと思うとコストも大幅にかかって来てしまうので難しいとは思いますが

逆に地方であれば、テレビCMはかなり料金をおさえて放送することができます。

 

場所にもよりますが、電波料だけなら50万円程度から出稿が可能

それくらいの予算で地方でテレビCMを出稿する企業さまも多いんですね。

 

こういった形で長期に渡って厚めにテレビCMを投下することによって

限定的な地域において知名度をグッと上げる、ということができます。

 

特に地方では視聴者のテレビメディアへの依存度も高いので、かなり効果的な方法です。

関連記事:CM単価の目安は?料金はどうやって決まるのか。

 

弊社ライズアドバートは広告代理店ですのでお客様のご予算とターゲットにあった広告プランをご提案させていただきます。

お気軽にお問い合わせください。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。

弊社ウェブサイト







15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談