CM・広告の仕組み PR

浴槽洗剤のテレビCMをするならどんな内容がいい?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

弊社ライズアドバートはテレビCMをメインに取り扱う広告代理店です。

今回は浴槽洗剤のテレビCMを放送するならどんな内容がいいのか、ということを、実際の利用者の声を見ながら考えてみたいと思います。

えいぞーさん

浴槽洗剤は日常的に使うものでもありますが、年末の大掃除などでより使う人が増える時期なのではないでしょうか。

浴槽は大変な掃除箇所第一位

お風呂掃除の実態調査-【汚れ・カビ対策】・【洗剤の売れ時】・【みんなのぼやき】(2022年6月実施、1008人回答)を見てみると、

「お風呂で掃除が大変だと感じる箇所を教えてください」という設問では以下のような結果が出ていました。

  1. 浴槽…49.5%
  2. 天井…48.3%
  3. 排水溝…43.1%
  4. 床…42.6%
  5. 壁…40.3%
  6. ゴムパッキン…38.6%
  7. 目地…32.9%
  8. 浴槽のフタ…22.5%
  9. 換気扇…20.2%
  10. 鏡…19.5%
  11. 椅子…14.5%
  12. 浴槽の外側パネル(エプロン)…11.7%
  13. シャンプー等のボトル…10.9%
  14. 風呂場…9.5%
  15. 石鹸置き…7.2%
  16. シャンプー台…6.8%
  17. その他…2.7%

色々な掃除箇所がありますが、その中でも浴槽が過半数近くで1位となっています。

「浴槽の皮脂汚れと浴室のぬめりが気になる(40代男性)」

「浴槽が毎回ざらつく 目地がカビで黒くなる(60代女性)」

このような意見も見られます。

多くの人が掃除に困る箇所だとあげる部分ですので、「大変な浴槽掃除に!」という枕詞をつけるだけで、CMを見ようという気になってくれる方は多そうですね。

アンケートの意見を取り入れて、

  • ざらつく浴槽
  • ぬめっとしたお風呂

というような文言を入れると共感してくれる人が多くなるかもしれません。

関連記事:テレビCMにおけるマーケティング戦略と期待できる効果

浴槽洗剤、選ぶときの重視点は?

同アンケートにおいて、「お風呂用洗剤は何を重視して購入する?」という設問では、以下のような結果が出ていました。

  • 洗浄力…72.6%
  • 防カビ効果…46.6%
  • こすらず落とせる…23.4%
  • 汚れの予防効…15.1%
  • スプレーの広がり方…13.6%
  • 香り…9.6%
  • 噴霧液が泡タイプ…9.3%
  • 液性(酸性・中性・アルカリ性)…8.1%
  • 置き時間…5.3%
  • 噴射する回数を減らせる…4.9%
  • 噴霧液がミストタイプ…3.5%

この結果を見るとダントツで洗浄力が重視されていることがわかりますね。

また、「防カビ効果」「こすらず落とせる」というところもかなり重視されていることがわかります。

これらの重視点を主にテレビCMで押し出していく、と言うのもいいと思います。

えいぞーさん

お掃除は日常的に行うものですし、できれば誰もがやりたくないことですから笑

どれだけ手間を減らせるか、どれだけ効率的にできるか、というところがやはり重視されるのだと思います。

CM放送時期

同アンケートではお風呂掃除の頻度について、浴槽と浴槽以外をそれぞれ尋ねています。

まず浴槽の掃除頻度は「ほぼ毎日」が4割。

週に1回以上掃除をする人は8割となりました。

多くの方が日常的に浴槽の掃除を行っていることがわかります。

それに対して浴槽以外はどうかというと、掃除頻度は「週1回程度」が23.0%で最も多く、

週に1回以上掃除をする人は6割となり、浴槽よりも頻度が落ちる傾向となっていました。

お風呂汚れが気になる時期といえば、カビが発生しやすくなる梅雨時期というイメージがあるものの、

アンケート結果では「梅雨」は2割にとどまっており、実際は「時期を問わず気にしている」という人が全体の約7割を占めています。

さらに、お風呂用洗剤の売れ時ですが、

レシート調査によると、2021年12月が一番お風呂用洗剤が売れていることがわかります。(バス洗剤、パイプ・風呂釜クリーナー、カビ取り剤・カビ防止剤を集計)

さらに時点は2021年1月。次いで2021年11月。

一年を通して見てみると、時期としては年末年始が一番売れていることがわかりますね。

テレビCMをするのであれば、ユーザーが「購入したい!」と思う少し前くらいから放送をするのがおすすめです。

そのため、10月後半〜11月前半にかけて、あるいはもう少し長期的に放送できるのであれば、10月〜1月くらいの目安でCMを放送すると良いでしょう。

実際に消費者がスーパーやドラッグストアに商品を買いに行ったときに、

「あ、これはこの前テレビでCMしてたやつだ!」

と気づいてもらえる流れが一番良い動線だと思います。

テレビCMには

  • 特定の番組のスポンサーとなって、毎週その番組の中でCMを放送するタイムCM
  • 時間帯や期間を指定して、その中でランダムにCMを放送するスポットCM

の2種類があります。

スポットCMであれば短期間でもCMを放送できますし、年末年始は割とCM放送は費用が安くなりやすく狙い目でもありますので、

需要が高くなるこの時期に放送をしてみてはいかがでしょうか。

年末年始のCM放送は実は狙い目?年末年始はテレビ番組の編成が通常とは異なります。 今回は年末年始にCMを打つにはどうすればよいのか、その方法とメリット、デメリット...

ご予算や内容に合わせてプランをご提案させていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連記事:CM予算ごとに、できることを紹介します!

ABOUT ME
長倉 さやか
ライズプランニング(広告部)」の長倉です。広告手段としてのテレビの使い方やテレビメディアの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆しております。

弊社ウェブサイト








    15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談