CM・広告の仕組み

Aタイムって何?テレビCMをする時に知っておきたい用語

テレビCMを出稿する時に聞く広告用語は、

特に初めてテレビCMを出稿する企業さまにとっては難しいと感じられるものが多いと思います。

 

その中でもテレビCMを出稿する時には絶対に知っておきたい「Aタイム」という言葉があります。

 

一番視聴率の良い時間帯がAタイム

 

テレビの放送時間帯にはタイムランクという時間帯別のランクがつけられています。

その中で一番視聴率が良い時間帯のことをAタイムと呼んでいるんですね。

一般的なタイムランクの分け方が以上のようになります。

 

Aタイム以外に

  • 特B
  • B
  • C

というランクがあり、特BSBSと言われることもあります。

 

土日になるとタイムランクが変わったり、テレビ局によっても違ったりしますが

一般的にAタイム19時〜23時まで、と思っていればいいと思います。

 

この時間帯が一番視聴率が高くなるので、この時間帯はテレビCMを出稿したいという企業も多くなるんですね。

関連記事:CMのタイムランクと掛け率

 

AタイムにどうやってCMを流すの?

 

ではAタイムの中でCMを放送するためにはどのような方法があるのでしょうか?

 

テレビCMには大きく分けて

の二つの方法があります。

 

それぞれのケースでAタイムにCMを放送する方法を紹介していきます。

 

タイムCMの場合

 

タイムCMというのは、特定の番組のスポンサーとなってその番組内でテレビCMを放送する方法です。

 

テレビCM、と言われて一番最初に思い浮かぶ方法とも言えるのではないでしょうか。

 

番組によって、その番組のスポンサーになるためにどれくらいの予算が必要なのか、ということは異なるのですが

Aタイムは視聴率が良い時間帯のため、この時間帯に放送されているテレビ番組のスポンサーになるにはかなり予算がかかると思っておいた方が良いです。

 

テレビ局や番組によっても様々なので、具体的な番組名が挙がっているのであれば、

広告代理店に問い合わせることで、スポンサー料がわかります。

 

ただ、タイムCMの場合は最低でも出稿期間が6ヶ月〜と指定されている事が多く、

また競合他社がすでにスポンサーとして入っている場合は、同じ番組内のスポンサーに入ることはできません。(競合排除)

 

さらに番組編成にも大きく左右されるため、「CMを放送したい!」と思ってから実際に放映するまでにかなり待機期間があることも少なくありません。

 

ただし、タイムCMに莫大な予算がかかってくるのは主要都市での放送である場合のみとも言えます。

地方でのタイムCMであれば、月に100万円前後から始められる場合もあるので、都度広告代理店に相談してみると良いと思います。

関連記事:タイムCMの料金はスポットに比べて割高なの?その理由は?

 

スポットCMの場合

 

スポットCMはタイムCMとは違い、特定の番組のスポンサーになるのではなく

ある程度指定した時間帯の中でランダムにCMを投下していく方法になります。

 

番組編成の影響を比較的受けにくく、CM出稿を初めて行う、という企業の場合は

このスポットCMでCMを出稿することが多いです。

 

地方だと大体100万円〜、東京キー局であれば500万円〜という予算感がイメージです。

テレビ局ややり方によって予算は変動しますので、これも詳しくは広告代理店に問い合わせてみると良いかと思います。

 

この予算の中で、全CM本数のうち、どれくらいの割合でAタイムに投下されるのか、という指標として

  • A単価
  • AGRPシェア

という二つの指標があります。

 

この指標はテレビ局によってどちらか一方を提示していたり、どちらかを選べる場合もあります。

 

A単価

 

A単価でAタイムの本数を決める場合は

予算をA単価で割って出てきた数がそのままイコールAタイムに放送されるCMの本数ということになります。

 

例えば150万円の出稿で、A単価が50万円の場合は、Aタイムの番組の中で放送されるCMの本数は3本、ということになります。

 

もちろんCM放送本数が全部でAタイム3本、というわけではなく、

あくまでこのA単価という指標はAタイムに投下されるCM本数を割り出すために定められている指標になります。

 

AGRPシェア

 

AGRPシェアというのは総GRPのうちどれくらいの割合でAタイムにGRPが振られるか、ということを表す指標です。

 

例えばパーコストが1万円で100万円の出稿、AGRPシェアが30%だとすると

30GRP分(延べ視聴率30%分)がAタイムに投下される、ということです。

 

実際に放送してみないと視聴率はわからないというところを踏まえて考えると

A単価よりAGRPシェアで考えた方がより具体的で公平であるとも言えるかと思います。

関連記事:GRPとは?計算方法と目標値、CMを出す時にチェックするべきポイントを紹介

 

初めてテレビCMをする場合はスポットCMでの出稿となるケースが多いと思いますが

ぜひAタイムにどれくらいCMが投下されるのか、ということをチェックしてみてください。

 

弊社ライズアドバートは広告代理店ですので、テレビCMを出稿したい企業さまへ広告プランのご提案をさせていただいております。

お気軽に下記フォームよりお問い合わせください。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。

弊社ウェブサイト






15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談