サイト運営会社
テレビ業界の裏話

ADになりたいという人が知ってくべきこと

ADになりたいという人が知っておくべきこと

テレビの業界に憧れて番組制作会社やテレビ局に入り、番組制作の現場にキラキラとした気持ちで入ってくる新人さんがいますが、

実はテレビ業界の仕事はあまり外部に詳細が出ることがなく、イメージされている仕事内容と実際の仕事内容が違った、なんてことはよくあることです。

 

特にテレビ業界の経験がない人、専門学校などで技術系を学んだ経験がない人は

テレビ業界に入るとまずAD(アシスタントディレクター)として働くことになります。

関連記事:テレビADの仕事内容

 

想像していた世界と違った、ということがないように、

実際の現場のお話を踏まえつつ、ADになりたいという人に知っておいて欲しいことを今回はまとめてみました。

 

 

まず、ADの仕事、と一口に言っても、その仕事はどのテレビ局に入るか、どのジャンルの番組に行くか、もっと言えばどの番組に入るか、で全く違います。

 

テレビを見る時に、その番組がどのテレビ局のものなのか、

どのプロデューサーがやっている番組なのか、ということもぜひ注目して見てみてください。

 

きっとテレビ局やプロデューサーの個性が見えてくると思います。

 

そして、ADになるんだったらどんなジャンルを担当したいのか、ということも考えておくべきです。

 

バラエティのADになりたいと言ってテレビ業界に入ってくる方が多いですが、正直に言うとバラエティの現場はきついです。

最初からテレビ業界のことを全く知らないでバラエティに行くことはお勧めしていません。

関連記事:テレビ番組制作会社に入るなら、最初は報道か情報番組がいい理由

 

入ってみてわかることの多い業界なので、どんな番組があってどんな仕事があるのか、ということをまずは把握することが大切です。

 

また、ADとして数年経験を積んだあとにはディレクターになる人が多いです。

 

将来どんなことをやってみたいのか、どんな番組を作っていきたいのか、ということを考えながらADの仕事に臨むのがいいでしょう。

最終目標がしっかりしていると、自分の意志もブレにくいと思います。

関連記事:これからADの仕事をする人へ、伝えておきたいこと

 

休みは不確定

 

ADはきつい仕事だ、というイメージがあると思いますが、具体的にどうきついかというと

まず休みが確定しないところだと思います。

 

ADの人は友達や家族と遊ぶ約束をすることができません。

 

突然仕事になってしまうことがよくあるからです。

確定の休みをとることがなかなか難しいのです。

 

これももちろん入る番組のジャンルによるところは大きいです。

情報番組系は大きなニュースなどが入ってこない限りは比較的休みがとりやすいですが、バラエティやドラマ班に行ってしまうと休みはほとんど取れないと思った方がいいでしょう。

 

それでもテレビを作ることが好きでいられるか、というところに限ると思います。

 

ADとして毎日あくせく働いている人の中にもやっぱり楽しそうに仕事をしている人はいて、

「休みなくて大変でしょう」と言っても「でも仕事が好きなんで」と返ってくる人もいるのです。

 

むしろそういう人じゃないと続けることができない仕事なのでしょう。

関連記事:テレビ関係に就職したい人がやっておくべきこと

 

生活習慣は乱れる

 

これも入る番組によりますが、生活習慣は基本的に乱れると思ってください。

 

日中のロケの時は基本的にお昼ご飯はお弁当になりますし、若いうちは番組スタッフ同士での飲み会も多いでしょうから

家に帰ってゆっくりご飯を食べる、というのもなかなかできません。

 

早朝系の番組に入ると、夜中からテレビ局に入って始発で帰る、ということももちろんあります。

テレビはほぼ24時間放送していますからね。

関連記事:テレビ番組でアルバイトをしている人の経験談、実際どんなことをしてるの?

 

怒鳴られることもある

 

時間にとてもシビアなテレビ業界。

一番守らなくてはいけないのは納期、つまり放送時間にきちんと間に合わせることです。

 

ちゃんと間に合わなければ番組を放送することができないので当たり前といえば当たり前の話なんですが、

テレビの場合は放送できない、なんてことはあってはならないのでやっぱり時間に遅れたり言われた仕事が期限までに仕上がっていないとそれを指示した側もパニックになってしまいます。

 

だから怒号が飛ぶ現場は少なくありません。

 

成人男性に怒鳴られる、というのは多分今のご時世ではあまりみなさん経験してきていないことでしょう。

最初は本当にびっくりすると思います。

 

でもそれは新人ADのことが嫌いで怒鳴るのではなく仕事をこなすために必死な怒号なのです。

 

ADになりたいならそういう環境にも慣れていく覚悟が必要になります。

関連記事:新人ADが仕事を始めてきついと思うこと

 

好きじゃないとできない仕事

 

ADになりたいという人へ先に伝えておきたいことをまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

 

結局、やっぱり他の仕事とは少し異なる異質な業界で、

情報もあまり外には出回っていませんし、現場で働いてみないとわからないことがいっぱいあると思います。

 

でも一番言えることは「本当に好きなのかどうか」ということ。

 

好きである気持ちが本物なら、楽しく働ける職場だと思います。

そしてそういう人たちがやっぱり長くこの業界で仕事をしている人です。

 

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社です。

この記事を読んだ上でテレビ局で働きたい、という方、お待ちしております。

 

ご相談・ご質問等は下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加





テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般