テレビ業界の裏話

テレビADの雇用形態、正社員と派遣はどちらがいいの?

テレビADとしての働き方は大きく分けると正社員か派遣社員になります。

弊社の場合は派遣となっており、弊社に所属してくださっているスタッフさん達がテレビ局に出港するような形で番組制作に携わっています。

どのような雇用形態で働くかということはADになるにあたって悩むところでもあるでしょう。

実際のところどのような雇用形態で働くかというのは、「これが一番良い働き方ですよ」というものがあるわけではなく、その人が何を一番大事にして働きたいかによって変わってくると思っています。

それではADの雇用形態について詳しく解説していきたいと思います。

 

 

テレビADの雇用形態のパターンですが、概ね以下の通りとなっています。

  • テレビ局正社員
  • 番組制作会社の正社員
  • 派遣会社の派遣社員

この他に数は少ないですがフリーランスとして活動されている方もいます。

ただしADでフリーランスというのはなかなか難しく、ディレクターやプロデューサーとしてフリーランスで活躍されている方は最近は多くなってきているかなという印象です。

 

また他にも学生アルバイトとして就業している方もいらっしゃいます。

弊社ライズプランニングでも主に情報・報道番組をメインに、学生アルバイトの方に就業していただいています。

将来テレビ業界に就職しようか悩んでいる方であれば、ぜひ学生のうちから現場に入っていただいて業界のことを学び、本当に自分がやりたい事がそこにあるのかということを考えてみて欲しいなと思っています。

それではそれぞれの働き方についてさらに詳しく見ていきましょう。

関連記事:テレビ局への就活対策、東京キー局&ローカル局

 

正社員の特徴

テレビ局正社員

 

テレビ局正社員というのは、人数で言うととても少ないです。

というのもテレビ業界を目指している方ならご存知だと思いますが、テレビ局に就職するには何百倍、時には一千倍以上の倍率を就活時に勝ち上がっていかなくてはいけません。

テレビ業界に学歴というのはあまり関係ないのですが、テレビ局正社員に限ってはなりたい人が多く倍率が高くなるため学歴も必須となってきます。

 

またテレビ局正社員だからといって必ずしも番組制作の現場に携わることができるというわけではありません。

ここが難しいところなのですが、テレビ局も一般的な会社と変わりませんので総務部があったり、営業部があったりと、番組制作とは関わりのない部署があるのです。

そういった部署に配属になってしまうと番組制作に携わることはできません。

 

会社内ではジョブローテーションの考え方があるところが多いので、1年目に番組制作に携わることができなくても勤続年数が長くなればいつか番組制作に携わることができる機会があるかもしれません。

しかしそれも可能性であって必ずしも番組制作に携わることができるわけではないのです。

逆に番組制作に携わることができてディレクターなどをしていたとしても、異動になって営業部になるということもあります。

必ず番組制作の仕事がしたいと思うのであればテレビ局正社員はお勧めできません。

しかし一番お給料が良い働き方でもあります。

番組制作会社正社員

 

番組制作会社の正社員になる場合は番組制作会社での勤務となります。

テレビ局の正社員に比べると給料は落ちますが派遣社員のADに比べれば月数万円ほどはお給料が良くなります。

番組を作る上では一つの番組制作会社がすべてを請け負うという場合もありますが複数の番組制作会社が入っているということもあります。

テレビ局の正社員と番組制作会社の正社員と派遣社員が一緒に働いているという現場もあるんですね。

そういった中で出世しやすいのは正社員のADです。

制作会社正社員と派遣会社の派遣社員が一緒に働いていれば、制作会社の正社員の方が優先されてしまいがちなところはあります。

関連記事:テレビ局社員は実は少ないのに、制作スタッフは沢山いる!その構成は?

 

派遣社員の特徴

 

正社員に比べると派遣社員の方がお給料は低くなってしまいますが、一番のメリットとして挙げられるのが番組を異動することができる場合があるということです。

派遣会社はいくつもの番組を抱えていますので、番組ジャンルの垣根を超えることができる場合もありますし、番組制作現場の人間関係がどうしても合わないという場合は別の番組に異動するということもできます。

また弊社の場合では、全国に支社がありますので、所属会社は変えずに働く場所を変える、ということが可能です。

 

例えば北海道のテレビ局で番組を作っていたADさんが、「将来的には東京で働いてみたい」ということをずっと思っていて、実際にそれを相談しに来たことがありました。

弊社では東京でもお仕事を頂けますので、区切りの良いところで北海道の現場は卒業し、東京で新しく就業することになりました。

もちろん逆もあって、東京で仕事をしていたけれど実家の方に帰って仕事をしたい、という希望があり地元の方のテレビ局へ異動するというケースもあります。

希望を出していても就業先が見つからないということもあるので、その時に出ている人員募集にもよりますが、それでもそういった対応が可能なのが派遣会社の強みだと思っています。

 

また弊社では社員の方にコーディネーターという担当がつく形をとっていますので、現場の人にはなかなか相談することができないようなことも相談していただくことができます。

どうしても現場の人には言えない悩みみたいなものが出て来やすいのがこの業界なのではないかなと思っています。

関連記事:新卒でADになって半年!仕事はどう?インタビューしてみました!

 

どちらが良いかは何を優先するかで決まる

 

それぞれの雇用形態の特徴を見て頂いてお分かりいただけたかと思いますが、何を一番優先して働くかということによってその人に会う雇用形態も変わってきます。

とにかく高いお給料が欲しいということであれば正社員の方が良いでしょうし、将来的に働く場所を変える選択肢を考えている人や、自分に合っている番組ジャンルがどんなジャンルなのかわからない、もしくは人間関係がつらかったら別の番組に異動したいと思っている人であれば派遣社員の方がいいと思います。

自分が何を大切にして働きたいのかということを具体的に考えた上で就業先を選んでみてくださいね。

関連記事:番組制作会社の会社説明会、どんなところを見ればいい?

ABOUT ME
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加







    テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般