CM・広告の仕組み

企業が動画制作をする前に確認するべきポイントとは?

弊社ライズアドバートはテレビCMをメインに取り扱う広告代理店です。

最近はYouTubeなどの動画プラットフォームが台頭してきたこともあり、テレビCM放送用だけでなく、さまざまな目的で動画制作をされる企業さまが増えております。

テレビCM用の動画制作時はもちろん、

そういった様々な目的での動画制作の際も、制作する前に確認しておくべきポイントがあります。

今回は、これから動画制作をすることが決まった企業さまへ、

事前に確認しておくべきポイントを解説してみたいと思います。

動画制作の目的

まずは動画を制作する目的を明らかにしましょう。

例えば、

  • 商品やサービスのプロモーションのため
  • 採用のため
  • 株主総会のため
  • 企業概要を分かりやすく説明するため
  • 企業の認知度を高めるため
  • 周年記念

など、動画制作目的は様々だと思います。

目的が複数ある場合もあるかとは思いますが、

その場合はまず「何が第一目的なのか」ということを明らかにしましょう。

目的がブレることによって制作物もまた曖昧なものになり、印象に残り憎いものになってしまう可能性があります。

目的を改めて定義し、その中でも優先順位をつけることが大切です。

関連記事:面白いCMのフレーズ、どんなものがある?事例から考えるCM制作

動画制作費用

動画制作費用は、大きく分けると

  • 撮影をしないプラン
  • 撮影をするプラン

に分けられます。

すでにお持ちの素材(写真や映像)を組み合わせて、それにナレーションや音楽をつける形で制作するのが撮影をしないプラン。

この場合は30万円程度でも動画制作ができます。

これに対して新規で撮影を行って制作をする場合はかなりお金がかかります。

どの程度の撮影をするかによりますが、本格的な撮影をする場合は音声や照明、カメラマンといったそれぞれのスタッフが必要になります。

また撮影スタジオなど、撮影を行う場所も抑えなくてはいけないので、最低でも100万円程度はかかると思った方が良いでしょう。

もし有名タレントを起用するのであれば、そこにタレント出演料がかかりますので、さらに金額が上がっていきます。

また、CGやイラストなどの素材を使いたい場合はさらに費用がかかりますね。

イラストは静止画ですが、アニメーションにすると動きが必要になるのでさらに費用がかかります。

関連記事:イラストを使ったCMの料金の決まり方と注意点

納期の目安

いつまでに納品して欲しい動画なのか、ということが最初に決まっていると、

その納期でどのように組み立てるか、ということが制作会社も考えやすくなります。

あらかじめ、「これくらいの目安」というスケジュールを決めておくと良いでしょう。

内容にもよりますが、撮影をしないプランであれば、2ヶ月程度で制作ができます。

撮影があるものでも、簡単なものであれば3ヶ月ほど。

撮影日が複数日程必要なものになると、半年〜という目安です。

納期が短い場合は特急料金をかけることで対応できる制作会社もありますが、

費用を抑えてコスパよく制作をするのであれば、納品希望日程の半年前くらいから動き出したいところです。

関連記事:テレビCMの納品スケジュールについて広告代理店が解説!

ターゲット設定

その動画は誰に向けて作られるものなのか。

できれば具体的な人物像を設定しておいた方が良いでしょう。

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 趣味
  • 休日の過ごし方

などを設定し、架空の人物像を作り上げていきます。

こういったターゲット像となる人物を、広告業界ではペルソナと呼びます。

大まかに決めておいて、制作会社と相談しながら詰めていくのでも良いと思います。

関連記事:テレビCM放映に向けたペルソナの設定の仕方

制作前に確認しておきたい権利のこと

動画制作前に絶対に確認しておいた方が良いのが権利のことです。

特に普段クリエイティブにあまり関わりがない企業さまは、この権利周りのことが複雑で混乱されることが多いですが、

動画制作を依頼する制作会社に事前にきちんと確認をとり、契約を確認しておいてください。

まず、出演者を立てて撮影を行う場合。

出演者によっては、映像の使用期限を設けている場合があります。

有名タレントさんの場合は半年や1年という使用期限を設けていることがほとんどで、その期限をすぎても動画を使用したい場合は、使用料をその都度支払わなければなりません。

こういった使用期限がない、フリーランスだったり、知名度がそこまで高くないタレントさんに出演をお願いすることで、動画をずっと使い続けることができますので、

出演者を立てたい場合は、その旨必ず制作会社と相談するようにしましょう。

また、音楽やイラスト、CGなどの権利もどこが持つものなのか、念の為確認しておいた方が良いです。

イラストの権利がもらえる場合は、そのイラストを公式サイトやパンフレットに流用することも可能ですので、それぞれの素材についても確認しておくと、作ったものをより広く使うことができると思います。

動画を作るとなると、ある程度予算が必要になりますので、

せっかくお金をかけて作るのであれば、色々と使い道も考えて、活かしていけると良いですよね。

弊社ではテレビCMをメインに取り扱っていますが、

それに付随した動画制作ももちろん承っております。

ご予算や内容に合わせてプランをご提案させて頂きますので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連記事:CM制作をする時にヒアリングさせていただく5W1H

ABOUT ME
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。

弊社ウェブサイト








    15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談