サイト運営会社
CM・広告の仕組み

広告代理店とクライアント企業の関係性について解説

企業の方が何かしらの広告を出したい、となった時に、

広告出稿についての依頼をする先は広告代理店になります。

 

クライアント企業と広告代理店の関係性とはどのようなものなんでしょうか?

 

広告枠と広告代理店とクライアント

 

広告を行う時は、

  • 広告枠を提供する企業
  • 広告代理店
  • クライアント企業

の三者間で調整を行っていくことになります。

 

広告代理店は広告枠とクライアント企業の間に立つような立ち位置ですね。

 

広告代理店には様々な広告手段へのアプローチ実績があるので、

クライアント企業の方が「こんな目的で広告を出したい」という要望があった時に、

それに合わせて広告プランを提供することができるのです。

 

単純にクライアント企業が広告代理店を通さずに広告を出稿する、ということも媒体によっては可能なのですが

広告業界の知識を一般的な企業が学んだ上で広告を出稿する、というのはとても難しいことです。

 

知識や経験がある広告代理店と相談をしながら広告を出稿することで、

より効果的な広告を出稿することができるでしょう。

 

テレビ広告なんかはテレビ局とクライアント企業は直接やりとりすることができません。

民法テレビは民間企業によって運営されていますが、国から許可を得て行っている許可事業です。

 

常に公平な放送を心がけなくてはいけないのがテレビ事業なので、テレビ局とクライアント企業は間に広告代理店を挟まないとやりとりができないのです。

関連記事:広告代理店とは?CMをやりたい時、何をしてくれるの?

 

広告代理店の種類

 

実は広告代理店には種類があります。

大きく分けて

  • 総合広告代理店
  • 専門広告代理店
  • ハウスエージェンシー

という三つジャンルに分けることができるんですね。

 

簡単に説明すると、

総合広告代理店は様々な広告を扱うことができる広告代理店で、

専門広告代理店は、「新聞広告」「交通広告」というような専門的な分野の広告を扱う広告代理店です。

 

最近ではネット広告が急速に伸びてきた関係もあり、

ネット広告を専門に扱う専門広告代理店が増えました。

 

またハウスエージェンシーというのは、特定企業のために広告を専門に手掛ける子会社

大企業の営業部が独立子会社化することによって生まれることが多いです。

 

最初は特定企業の広告を行うために生まれたハウスエージェンシーも、他の広告代理店と同じように

他社の広告を扱うこともあります。

関連記事:広告代理店が解説する広告効果測定の大切さ

 

メディアミックス

 

例えばテレビCMを放送しながらwebCMも放送し、

さらに同時期に交通広告も出稿する、というような複数の広告媒体を使って広告効果を高める方法があります。

 

これをメディアミックス、と呼びますが

こういった複数の広告媒体を扱う場合は、総合広告代理店に相談をしたほうが良いでしょう。

 

メディアミックスは非常に広告効果を高める方法として有効なので

予算がある程度あり、今までに広告を出したきた経験もあるなら、チャレンジしてみたい方法です。

 

特にテレビCMの場合は、CMとして実際に放送する映像、つまり映像素材を著作権フリーの状態にして制作することもできます。

 

そうすれば、テレビCM用に制作した映像素材をあとから公式HPに掲載したり、

webCMに転用したりすることが可能なんですね。

 

テレビCMとwebCMを並行して行う企業は近年とても増えています。

 

こういったやり方もあるので、

広告代理店とプランを相談しながら広告を出すことは非常に有効なことなのです。

関連記事:映像による広告のメリットと、流用方法を広告代理店が解説!

 

予算は曖昧でもいい

 

広告を出稿する時に、最初はいくつかの広告代理店に見積もりを出してもらうようにすると思いますが

もし暫定的にでも「これくらいの予算で」ということが決まっているのであれば、それを最初に伝えていただくと、

その予算でどのようなことができるのか、という提案を広告代理店はしやすくなります。

 

しかし、広告料金は料金表のようなものがしっかりとあるものは少ないので

どれくらいの広告にどれくらいの広告料がかかるのか、ということがわからない企業の方も多いでしょう。

 

そういった場合は、どのようなターゲットのどんな目的で広告を出すのか

またどのような媒体を使いたいのか、ということが決まっていれば

ご予算と相談しつつ広告内容を決めることもできますので、まずは広告代理店に予算が曖昧なままでも相談してみる、というのでも良いと思います。

 

実は思っていた料金よりもかなり安く広告を打つことができる、ということがわかるかもしれません。

 

特にテレビCMなんかはその傾向が強く、

テレビCMは大企業が巨額の予算をかけてやるものだ、というイメージをもっているクライアント企業の方が多いのですが

実は場所を限定してやれば、50万円〜100万円ほどから始められるCM枠もあるんですね。

 

戦略的に広告を始めることは可能ですので、

少し曖昧な状態でも、まずは相談してみる、ということをおすすめします。

関連記事:CMのお試しをする際のおすすめプラン

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。

弊社ウェブサイト






15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談