映像制作のコツ

テレビが視聴率をあげるためにやっている仕掛け

テレビ番組をただ無意識に見ているだけだと気づかないのですが、作り手側になることによって「こんなことにも気を遣っていたんだ!」と発見することが本当に多いです。

視聴者としてはなんとなくテレビのスイッチを押して、なんとなくザッピングして、見る番組を決めているように感じますが、

ザッピングした時に目に留めてもらえるよう、番組を作るときにすごく工夫しているんですね。

今回はテレビ番組が視聴率を上げるためにやっていることを紹介していきたいと思います。

中にはYouTubeで動画を挙げている方の参考になるものもあるかと思います。

ワイプ

ワイプというのは、テレビ番組の画面上でVTRを見ている出演者のリアクションを切り取って映している小窓のことです。

画面の端に置いてあることが多いですね。

ここらへんにあるテキスト、と書いてあるのは「テロップ」のことを指します。

実はこのワイプ、視聴率をあげるために非常に重要な役割を担っています。

例えばあまり有名ではないタレントや芸人さん、もしくは素人さんがテレビ画面に映し出されている時、

番組をザッピングしている視聴者は「知っている人じゃない」と認識して番組を変えることが多いでしょう。

しかし、そこにワイプがあり、有名な芸能人が映っていると「この人も出演しているのか!ならこの番組を観よう」となる人が一定数いるのです。

つまりワイプはただスタジオ出演者のリアクションを映しているだけではなく、「このタレントが出演している番組ですよ」という情報を視聴者に伝えるという役割も担っているんですね。

視聴者としてテレビをザッピングをしている時は気づかないものですが、改めて意識して見てみると、そうやって番組を無意識に選んでいることに気づきます。

やっぱり好きなタレントさんや芸人さんが出演しているテレビ番組は見てみようかな、という気持ちになりますよね。

関連記事:テレビ番組制作過程を解説します!

サイドテロップ

サイドテロップと言って、番組の画面右上か左上によく出ているテロップがあります。(さきほどの図では右上)

ここには番組名と、「今何をやっているのか」ということが記載されていることが多く、これによって「途中からテレビを見始めた人」に「こんな内容の放送をしています」という情報を伝えることができます。

これも意識していないとあまり目に入らない部分ですが、特にテレビをザッピングしている時は無意識に読んでいたりするものです。

ザッピングしている時に他の番組ではなく自分が作っている番組に目を留めてもらおう、というスタッフの意図が詰まっているんですね。

つまり制作スタッフとして入る場合は、ここに何を書くのか、ということ考える時に「パッと見て目が留まるようにするためには何を書けばいいのか」ということを考えると良いでしょう。

関連記事:テレビディレクターに向いてる人ってどんな人?

アバン

視聴率をあげるための方法の一つに、番組の一番盛り上がるところを番組の一番頭の方に流しておく、という方法があります。

この冒頭部で流す部分をアバンと言うのですが、これは「この番組を見るとこんな面白い部分が見られますよ」という宣伝になっているんですね。

YouTubeでもこの手法を真似している人は多いなと感じます。

動画の最初の方に動画の面白い部分を詰め合わせたアバンが流れると、動画を長く継続して視聴してくれる人が増えます。

視聴率を瞬間的にあげることも大切ですが、やはり長く継続して番組を見てもらうことが一番大事です。

テレビ番組の先をアバンで見て楽しみにできるからこそ、最後までその番組を見てしまう、ということはあるでしょう。

えいぞーさん

私もよくテレビを見ていると「もうお風呂に行きたいのに、続きが気になるからテレビを見ちゃう!」ということがあります…!

最後まで見てもらう仕掛けをテレビは本当によく考えているなぁと思います。

関連記事:オフライン編集とは?番組制作の裏側

クエスチョンやクイズ

アバンでよく使われる手法ですが、大事なものをクエスチョンマークで隠したり、「この豪邸は誰の家でしょう?」みたいな感じでクイズ形式にして番組が進行していくものがあります。

これは本当に視聴率がよく上がる仕掛けのようです。

あまりにもやりすぎなものに関しては視聴者に嫌われてしまう気がするので、本当に隠して面白いと思えるものじゃないと隠さない方がいいんじゃないかな、と思うこともありますが笑

隠して隠して引っ張られて、いざ開けてみたら「えぇ…」と残念に思ってしまうような内容だと、その番組自体が嫌われてしまいますもんね。

こういったやり方はまだYouTube動画では多くは見ないように思いますね。真似してみるのも良いのかもしれません。

関連記事:テレビ番組制作の「編集」はどれくらい期間をかけている?

今回はテレビ番組が制作の時に行っている視聴率をあげる仕掛けについて紹介してみました。

動画編集を行う際には応用できるものもあると思います。

逆にテレビの真似をしてもYouTubeなどでは意味をなさないものもありますが、編集を行う機会のある方はぜひ参考にしてみてください。

ABOUT ME
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。







    テレビ業界に興味があるCM広告を検討している映像制作に関して相談したい


    友だち追加