CM・広告の仕組み

テレビCM制作を初めてする時に決めておくべきこと

弊社ライズアドバートはテレビCMを中心として扱う広告代理店です。

ご依頼いただく企業さまには初めてテレビCMを検討しているという企業さまも多いです。

 

テレビCMの放送を初めて行う場合は、テレビCMとして放送する映像素材の制作の必要になります。

 

今回は初めてテレビCMを制作する場合、まずはじめにどのようなことを決めておかなくてはいけないのか、ということを解説していきたいと思います。

 

予算

 

まずはどれくらいの予算を予定しているのかということを決めておくと良いです。

予算を決めることでどのようなことができるのかということも考えていくことができます。

 

テレビCM制作の制作費用相場としては、撮影などを行わないで静止画の素材の組み合わせのみで製作する場合は20万円前後、

新規で撮り下ろしを行い素材を作る場合は100万円〜、が目安となっています。

 

新しく撮影をする場合の料金目安は最低料金で、そのギャラがさらに上乗せとなりますので、どのようなCMを作るかによって制作費用は大きく変わってきます。

 

また放送に関してですが、地上波だとだいたい目安としては以下のような金額になります。

  • 地方のローカル局…30〜50万円程度〜
  • 人口の多い地方都市のテレビ局…100万円〜
  • 関東キー局…500万円〜

 

初めてテレビCMを放送する場合は制作費用と放送費用の両方がかかってくるので、予算を考える時は、合計でどれぐらいかけることができるかということを考えると良いでしょう。

関連記事:CMの出稿金額目安を地域別に紹介します

 

内容とターゲット層

 

テレビCM制作をするにあたって内容とターゲット層を決めておくことは、その後の色々なことを決めていく上で重要になってきます。

例えばターゲット層が決まっていればどのテレビ局を選んだら良いのかということも明確になってきやすいです。

 

同じエリアでも複数のテレビ局がありますから、ターゲット層と視聴者層が合致しているテレビ局を選んだ方が効果がえられるでしょう。

 

またターゲット層によってテレビCMを放送する時間帯なども変わってきます。

働いている人向けにテレビCMをするのであれば、働いている人がテレビを見やすい時間帯である朝と夜の時間帯でCMを放送したり、

逆に主婦層に訴求したい場合は、お昼や夕方といった時間をチョイスしたりします。

 

ターゲット層の性別や年齢を決めておくことで、テレビCMを出稿するのに決めなくてはいけないことかよりスムーズに決められるようになります。

もちろんそのターゲット層によって実際どのような映像を制作していくのかということも変わってきます。

関連記事:CMをする時、対象エリア内テレビ局の比較検討をする方法

 

展開先

 

テレビCMの制作が終わった後、テレビで放送するのはもちろん、それ以外にどのような媒体で映像素材を使いたいのかということも最初に決めておいた方が良いです。

というのも、最近ではテレビCM用に作った動画をインターネット配信する流れが主流になりつつあります。

公式映像を配信したり、YouTube広告やSNSを使った動画の拡散など、

CM素材を制作することによって様々な媒体に動画を展開させていくことが可能です。

 

しかしタレントやナレーターに使用期限があったり、音楽に使用制限があったりすると、テレビCM以外の媒体に展開する時に別途料金が発生したりするケースもあります。

CM制作を始める前に権利的な部分をどうするか、ということは決めておきたいです。

 

ここが明確に決まっていないと後でトラブルになることもあるので注意しましょう。

関連記事:テレビCMを制作してWEBでも配信したい時に気をつけたい権利の話

 

CM尺

 

テレビCMの尺をどれぐらいの尺のものにするのかということも最初に決めておくと良いでしょう。

一般的にはテレビCMの尺は15秒か30秒です。

 

長めのドキュメンタリーのような内容にする場合は60秒の尺を使ったりすることもあります。

ただし尺が長くなれば長くなるほど放映料も高くなりますので、コスパ良くとにかく本数をたくさん流したいという場合は15秒の尺で良いと思います。

 

最近の傾向で言うと新しくテレビCMを制作する場合は、15秒の尺のものをテレビCM用に作り、

同じ内容で30秒も作っておいて、そちらは公式サイトやYouTubeで配信するというパターンが多いです。

関連記事:テレビCM放送中にできるネットの戦略

 

イメージを伝えるための絵コンテ

 

テレビCMを制作するにあたって具体的にこういうイメージのものにしたいというのがあるのであれば、できれば絵コンテも用意していただけると製作の話が進みやすくなります。

頭の中のイメージを言葉にして伝えるというのは難しいことなので絵コンテという形になっていると共有しやすいです。

 

もちろん制作を改めて行う場合はその絵コンテをブラッシュアップして撮影用に新しい絵コンテを作ります。

初めてテレビCMをやる場合は分からない事も多いと思いますのでお気軽にご相談ください。

関連記事:テレビCMの絵コンテ何?どんなことを決めるの?

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。

弊社ウェブサイト






15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談