CM・広告の仕組み

テレビ関係の仕事で得意の英語を活かすことはできる?

英語が得意ですが、テレビ番組制作に英語を活かすことができるのか質問をいただきました。

ご質問者は、テレビ番組制作は、映像を作る仕事で、クリエイティブな作業が多く「英語が活かされることはあまりないのでは」と思われたのかもしれません。

ですが、テレビ業界は英語やそのほかの言語ができることで仕事の幅が広がりますし、責任ある仕事を任されることもあるため通常のADよりも濃密な経験を積むことができるのです。

そのためはやくディレクターになれることだってあります。

語学が堪能なことで、頼りにされるシーンは多いのです。

番組制作で英語を使うシーンを上げてみましょう。

街録 外国人にインタビュー!

演出の手法として町を歩いている人や、特定の場所をウォッチングして、気になる人にインタビューをすることを「街録」といいます。

例えば、『youは何しにニッポンへ』は、国際空港の到着ロビーで取材班が待機。ユニークな外国人にマイクを向けます。

日本にやってきた目的を聞いて、旅行を密着取材することもあります。

渡航者が少ない今は、移住しているYOUたちを探して、生活ぶりに密着していますね。

撮影チームはディレクター、通訳、カメラマンの3名体制が多いのですが、制作スタッフが英語ができれば通訳をいれる必要がなくなります。

関連記事:【テレビ】インタビュー動画の撮影の仕方

許可申請 ユニークな動画を番組で使用したい!

YouTubeの面白動画を特集をする番組が増えています。

バラエティ番組だけではなく、情報番組やニュース番組でも、事件や事故の瞬間をとらえた衝撃映像は、個人が撮影してUPした動画が使われています。

テレビでは、必ず、動画の所有者に使用許可を取らなくてはなりません。そうした作業も制作スタッフが行っています。

海外の動画の場合は英語ができるスタッフがいた方がスムーズに許可取りができます。

ワールドツアー中のアーティストがゲスト 打ち合わせや案内

毎日放送している、情報番組やニュース番組には、ワールドツアー中のアーティストや、映画公開に合せて主演俳優や監督がスタジオにゲスト出演したり、MCやアナウンサーがインタビューすることもあります。

ゲストがテレビ局に入って、スタジオやインタビュー会場へ姿を現すまでの打ち合わせや案内はプロデューサーの仕事ですが、プロデューサーが英語が不得手なら、同席を求められるかもしれません。

プロデューサーやディレクター立ち合いのもとではありますが、打ち合わせや登場のタイミングの指示などを任されることもあります。

関連記事:ADのセンスが問われる?人気のロケ弁と選び方、発注のコツ

海外ロケに同行 

海外ロケでは、現地の撮影事情に詳しいコーディネーターが移動や宿泊の手配、取材先への連絡などロケの段取りや、通訳も担ってくれますが、海外では予想しないことが起こり得るもの。

例えば、ホテルを予約していてもダブルブッキングされていたり、機材が壊れたり、スリにあったり、急病やケガに見舞われたり、食べものにあたったり…。

アクシデントが起きたときには、コーディネーター1人では対応しきれないこともあります。

時には、撮影要素が増えて、カメラ2班体制で撮影することも。海外でのロケでは、英語ができる、度胸がある、体力があるスタッフにお鉢が回ってきます。

関連記事:アシスタントディレクター(AD)でも海外ロケに行くの?

映像管理 海外からのニュース映像、事件の内容やインタビューをまとめる

テレビ局内には、提携している海外の通信社や海外特派員からの映像が入ってきます。

その映像には、簡単な内容しか書かれていないことが多いため、番組で映像を使うときには、映像でなされている会話やインタビューを訳したり、ナレーションでつけたい情報を調べたり、現地に電話をして確認することもあります。

関連記事:新卒ADが現場に入ってギャップを感じること

これらのシーンのように、語学ができれば、国内の撮影でも外国人と関わったり、海外のロケに同行できたり、大物アーティストと直接話したり、と仕事の幅がぐっと広がります。

NHKですと、海外で放送する番組もあり、番組はオール英語。そうした番組のスタッフは英語ができるのが条件です。

また、テレビ番組は制作して放送されるのがゴールではなく、それをいかに世界へ配信するか、が課題になっています。英語が必要なシーンはますます広がっていきそうです。

ABOUT ME
imacharin
テレビ制作歴25年。テレビの業界の内側と、テレビ番組の裏側をわかりやすく発信していきます。

弊社ウェブサイト








    15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談