テレビ業界の裏話

情報番組のADの仕事!他の番組とはどういうところが違う?

弊社ライズアドバートはテレビ局出向型の番組制作会社で、主に情報・報道番組をメインに、スタッフの方にお仕事をして頂いています。

テレビ業界に興味を持ってくださる就活生の方とお話ししていると、「バラエティ番組やドラマの制作に憧れて…」という方も正直多いです。

ですが、「テレビ番組制作に興味があるけれど実際どんな仕事をやりたいのか、いまいち自分の中で具体的なイメージになっていない」という方ももちろん多いんですね。

そういった方に是非、情報報道番組にチャレンジして欲しいのです。

 

というのも情報・報道番組は番組制作の基礎が詰まっています。

番組制作というのはどのようなジャンルの番組を制作するかによって仕事内容が大きく異なります。

同じADでもやらなくてはいけない仕事というのは番組ごとに変わってくるものなんですね。

では情報報道で働く場合、他のジャンルの番組と働くのとどのようなことが違うのでしょうか。具体的に解説していきたいと思います。

 

生放送なので、スケジュールが見える仕事

 

情報番組というのはほとんどの場合が生放送になります。

バラエティ番組やドラマなどとは違って生放送で番組を放送するので、スタジオで放送するものに関しては編集の手間がありません。

 

また時間通りに放送が終わる、というメリットがあります。

というのもバラエティ番組やドラマの制作をする時に大変になってくるのが編集なんですよね。

放送をする時間というのはもうすでに決定しているものですが、それまでに編集を行わなくてはいけません。

終わらなければ徹夜ということもありますし、凝ろうと思えば凝れてしまう部分とも言えます。

生放送の場合は放送が終了すればもうそこで全てが終了するので、後は後片付けをして帰るだけなのです。

もちろん放送に向けて準備をしなくてはいけない物はありますが、決まった放送時間の中でやれることをやったら終了である生放送の方が、全体のスケジュールを組み立てやすく、休みもきちんと取りやすいというメリットがあるんですね。

 

実際テレビ業界の中でもしっかり休みを取ることができているのは情報番組に関わっているスタッフさんたちだと思います。

生放送には生放送のための技術が必要になりますので、情報番組が簡単だということではないのですが、スケジュールの管理は格段にしやすいです。

また最近では働き方改革が推進されており、特にテレビ局の中では残業をしすぎないようにということが厳しく言われるようになりました。

一番働く時間を制限されているのはADです。テレビ業界未経験で業界の仕事をするのであれば一番最初はADとして働き始めることになると思いますが、最初は覚えることも多く大変だと思います。

だからこそ情報番組のADとして働くことができれば、しっかりと休みを取りながら仕事を覚えていくことができるかと思います。

これが弊社でファーストキャリアとして情報・報道番組をお勧めしている理由です。

関連記事:テレビ番組制作会社に入るなら、最初は報道か情報番組がいい理由

 

帯番組は曜日担当制

 

帯番組と言って平日の月曜から金曜日の同じ時間帯で放送を行っている情報番組では、曜日担当制となっており月曜日は月曜日のチーム、火曜日は火曜日のチーム…といった形で曜日ごとにチーム制になっています。

例えば自分が月曜日のチームに配属されたら月曜日の放送に向けて他の曜日で準備の仕事をしていくわけです。

毎日放送するからといって毎日同じ人たちが働いているわけではなく、それぞれ週の一回の放送を完成させるような形でチーム制で動いているんですね。

そのためディレクターも複数人います。

視聴者側からすると同じ番組なのですが、中をのぞいてみると曜日ごとにスタッフが変わるという仕組みになっています。

これは情報番組独特のやり方だと思います。

関連記事:テレビディレクターに向いてる人ってどんな人?

 

色々なジャンルの仕事を経験できる

 

情報番組では今巷で流行っているものを紹介していくので、例えば若い人に人気のバンドがスタジオに遊びに来てくれて演奏をしてくれたり

人気のお笑い芸人さんがスタジオに来て漫才をしてくれたり、みたいなことがあります。

情報番組の仕事をしながら、音楽番組やバラエティ番組の要素を少し体験することができるわけです。

また情報番組の中でもロケのコーナーもあります。

全てが生放送というわけではなく、スタジオでロケの様子をみんなで見るということもありますので、本編が生放送だからといって生放送しか経験できないというわけではありません。

 

街録と呼ばれる街頭インタビューにも行きます。

情報番組ではよく「街の人の声」のような形でインタビューが流れていますよね。

大元は情報番組ということになりますが、様々なジャンルの番組の経験を少しずつすることができるという意味でも情報番組から仕事を始めていくのがお勧めなのです。

特に将来的にどのような仕事をしたいかということが具体的にイメージできていない方は、こうして少しずつ色々なジャンルの仕事に触れていくことで、どの仕事が自分にとって楽しいと感じられるものなのかということを考えていくことができるかと思います。

関連記事:新卒でADになって半年!仕事はどう?インタビューしてみました!

 

 

番組は毎日放送されていますし常にネタを探している状態になります。

小さなコーナーも多いので新人のADでも「企画を出してみない?」と声をかけられることが多いのも特徴です。

他のジャンルの番組だとなかなかそういった機会は新人には回ってこないです。

弊社では新人のADで企画を出してその企画が通って番組として放送されたという話もありました。

クリエイティブな部分も方が仕事も楽しむことができますよね。

関連記事:ADでも仕事の企画が通ることがある

 

目標を見据えて働こう

 

ADとして働く期間というのは将来的にどのような仕事をしていきたいか、ということを考える期間でもあります。

それが明確に見えてこないとキャリアを積む意味がなくなってしまいます。ただ6人と言われたことをやるだけのADだと出世は難しいでしょう。

 

ADからディレクターもしくはプロデューサーなどになっていく人もいますし、逆に色々な仕事を経験して別のジャンルの番組に転向していくという人もいます。

自分がどんな仕事がしたいのかということを考える期間として、情報番組のADという選択肢をとってみるのはどうでしょうか。

関連記事:ディレクターになるかプロデューサーになるか、テレビ業界での進路

ABOUT ME
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加







    テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般