CM・広告の仕組み

テレビCMの放送期間はどれくらいが適切なの?

初めてテレビCMの放送をすることを検討されている企業の方なんかは

「どれくらいの放送期間が適切なのか?」というところが気になるものだと思います。

 

どのようなCM放送の仕方を選ぶか、

さらにどのような目的でテレビCMを放送するのかによって、適切な放送期間は異なってくるものです。

 

今回は広告代理店である弊社ライズアドバートがCM放送期間について解説したいと思います。

 

最低放送期間

 

テレビCMというのはある程度予算をかけて行う広告なので

どうしても「一回の放送から」というわけにはいきません。

 

最低でもこれくらいは放送期間をとらなくてはいけない、というラインがあります。

 

テレビCMの種類について

 

まずテレビCMには

という二つの種類があります。

 

タイムCMというのは特定の番組のスポンサーとなって、

その番組の放送時間内にテレビCMを放送するやり方です。

 

対してスポットCMというのは特定の番組のスポンサーになるのではなく

大まかな時間帯などを指定してランダムにテレビCMを投下していく方法になります。

 

実はこのどちらを選ぶかによってテレビCMの最低放送期間が変わってきます。

 

タイムCMの場合

 

タイムCMの場合はその番組の編成などにも合わせて放送を行わなくてはいけないので、

だいたいの場合が最低放送期間が2クール(6ヶ月)となっています。

 

これはテレビ番組の番組編成が毎年4月と10月に大きく変わるのに合わせています。

 

ただ番組によっては1クールから、もしくは1ヶ月から放送することができる場合もありますので

もしある程度放送したい番組の目星が付いているのであれば、広告代理店に調べてもらうと良いでしょう。

 

スポットCMの場合

 

スポットCMの場合は特定の番組のスポンサーになるわけではないので

タイムCMに比べるとかなり融通がききやすい投下方法になります。

 

そのため最低放送期間も短く、

大体1週間から始めることができます。

 

それよりも短い期間でCMを放送したい場合はコストが高くなってきたり

あるいはそういった放送ができない、というテレビ局もありますので、

こちらも広告代理店と相談した方が良いでしょう。

関連記事:スポットCMの放送時間帯、逆L、コの字、ヨの字、の比較

 

投下量目安

 

さて、テレビCMの放送期間を考えるのであれば

それと同時に投下量についても少し考えなくてはいけません。

 

視聴投下量を測る指標、GRP

 

テレビCM業界ではテレビCMの投下量を表す指標としてGRPという言葉が使われています。

 

これは延べ視聴率と言われるもので、

視聴率×本数で求められます。

 

例えば

  • 視聴率10%の番組に2本
  • 視聴率5%の番組に3本
  • 視聴率3%の番組に5本

計10本のテレビCMを放送した時のGRPは

10×2+5×3+3×5で50GRP、という計算方法になります。

 

視聴率というのは全体を視聴可能世帯数の上限を100%とした時に何パーセントくらい視聴世帯があるのか、というのを表す数字ですので

延べ視聴率であるGRPが50ということは

大体その地域の半分くらいの人にCMがリーチした、ということを表します。

 

もちろん同じCMを数回見ている人もいますし、誤差はありますので、だいたいの数字です。

 

400GRPが目標

 

テレビCMをしっかりと記憶してもらうためには同じ人に3回CMがリーチすればいい、と言われています。

 

つまり述べ視聴率で考えると300GRP、ということですね。

 

これに誤差も入れて、だいたい400GRPを投下目標とすると

その地域の人たちに広く認知されると言われています。

 

ただ最初からこの数字を狙う必要はなく、

効果の出やすい地域を探すために少しずつ投下していってABテストをしたり、定期的に少しずつテレビCMを投下したり、と

やり方は様々です。

関連記事:GRP(延べ視聴率)とCMの関係

 

CMの放送目的と放送期間

 

テレビCMをなんの目的で放送するのかによっても適切な放送期間は異なります。

 

新店舗や新商品などの期間限定物

 

新店舗開店や新商品のセールスなど、限定的な期間でテレビCMをするのであれば

やはり短い期間でテレビCMを放送した方が良いでしょう。

 

特に商品がよく入れ替わるお店などでは、一週間から二週間ほどでCM内容を新しいものに差し替えて放送をするなどの工夫をしています。

 

毎回同じ内容のCMをしていると「売れていないのかな?」と思われてしまって逆効果となってしまうこともあるでしょう。

 

集客のためのCM

 

イベントなどの集客でテレビCMを放送する場合は

すでに決定している開催日時などがあるでしょうから、そこに向けてテレビCMをしていく形になってくると思います。

 

期間は長期間でも良いのですが、

なるべく覚えてもらうためにイベント開催日時の直前にはすこし本数を多くするなどして

同じ人に何度もテレビCMがリーチするような工夫をすると良いかもしれません。

 

認知を高めるためのCM

 

何かを売りたい、とかではなく、とにかく認知を高めるためにCMをしたい、という場合は

均等に細く長くテレビCMをやっていくのが良いでしょう。

 

特に地方のテレビ局なんかでは、地元企業の昔ながらのCMが

内容も変わらずに何年も何十年も流れている、ということもあります。

 

ユーザーが忘れた頃、思い出してもらうためにテレビCMをする、という感じですね。

 

このように目的によっても適切な放送期間は変わってくるものです。

 

弊社ライズアドバートではどういう目的でテレビCMをするのか、によってプランをご提案させていただきますので

お気軽にお問い合わせください。

関連記事:テレビCMをする時、広告代理店に連絡する前に決めておくこと

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。


弊社ウェブサイト







15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談