CM・広告の仕組み

CMのアイデアを考える時に参考にすると良いもの

テレビCMを放映する時はCM放送枠を獲得することはもちろん、実際に放送するCM動画素材を制作しなくてはいけません。

 

CMの中身に関してはCM制作会社に丸投げ、という場合もなくはありませんが

多くの場合はご依頼いただく企業様の方で「こんなイメージで」というアイデアをお伝えいただきます。

 

きっと「CM放映をする」という時点でなんとなくのイメージをお持ちの場合が多いでしょう。

とはいえ、初めてテレビCMを制作する場合は特に、CMのアイデアをどう考えたらいいのかわからないという人がほとんどでしょう。

 

今回は広告代理店である弊社ライズアドバートが、CMのアイデアを考える時に参考にすると良いものを紹介してみたいと思います。

 

とにかく好きなCMを探す

 

弊社は広告代理店ですがグループ企業内でCM制作も行なっており、広告枠の獲得と動画制作をワンストップサービスでご提供しております。

そのため動画制作のご依頼も同時に承ることが多々あるのですが、その際必ずご依頼いただいた企業様にうかがっているのが「好きなCM」です。

 

特にコマーシャルしている商材のジャンルは問わないので、普段テレビを見ていて印象に残っているCM、「これはいいな」と思ったCMを教えていただいています。

そういったところからある程度CMジャンルの方向性を絞り込んでいくことができます。

 

好きなテレビCMでよく名前が挙がるのが

  • AmazonのCM
  • 日清のCM
  • auのCM
  • ライザップのCM

などです。

 

どれも個性的なCMですが、そのどれもが中身は全く違うものとなっていますよね。

この中で選んでいただくだけでもかなりイメージとして共有できるものが多いです。

 

一人の人が1日に接触するテレビCMの平均本数は約200本とも言われていますから

テレビCMの出稿を検討しはじめたら、テレビを見る時に少しCMを気にして見てみると良いと思います。

多くのCMが流れているので「こういうCMはいいな」と思えるものがきっといくつか見つかるでしょう。

関連記事:テレビCMをする時、広告代理店に連絡する前に決めておくこと

 

CM好感度ランキングを参考にする

 

テレビCMは納得のいくものを作ることも大切ですが、視聴者に良い印象を持ってもらえるようなCMに仕上げることが一番大事です。

そこでCMの好感度ランキングを調べ、そのCMを一通り見ておくと更に良いCMのアイデアが生まれるかもしれません。

 

2018年のCM好感度ランキングは以下のようになっています。

ランキング 企業名 CM内容
1位 KDDI au
2位 ソフトバンク SoftBank
3位 NTTドコモ NTT DOCOMO
4位 日本コカ・コーラ コカ・コーラ
5位 花王 フレアフレグランス
6位 日清食品 チキンラーメン
7位 P&G ファブリーズ
8位 リクルート タウンワーク
9位 Hazuki Company ハズキルーペ
10位 キリンビール 一番搾り

それぞれYouTubeなどでテレビCMを公開している企業もあるので、検索して見てみると良いでしょう。

どういったCMが好感度が高くなるのか、というのも共通項が見つかるかもしれません。

 

すでに好感度が高い、という結果を出しているCMをヒントにアイデアを出すことで

視聴者に高い好感度を持ってもらえるCMを制作することができるでしょう。

関連記事:人気のCMに見る、テレビCMのトレンド

 

競合他社のCMを参考にする

 

やはりチェックしておきたいのは競合他社のCMです。

たまに競合他社で大手のCMを真似して作りたい、というご依頼をいただくこともあります。

 

イメージをあえて合わせる、という企業もあれば

競合他社とは被らないようなCMを作りたい、という企業もあります。

 

一般的に考えれば後者の方が多いように感じるかもしれませんが、実は前者の「同じ業種の企業のCMにイメージを合わせる」というタイプの企業の方が多かったりします。

 

その理由として、「この内容のCMならこういうCMのイメージ」みたいな固定概念のようなものがすでに出来上がってしまっている業種もあるからなのかな、と思います。

 

もちろんそういう業種の場合はそういったイメージに合わせることによって、CM視聴者にとってわかりやすいCMにはなるでしょう。

パッと見ただけで何のCMかわかるものを作る、というのは大切なことです。

 

ですがそれによってCMが埋もれてしまうということもあります。

似たようなCMは記憶に残らない、という結果を招くこともありますので、チャレンジだと思って思い切って違うイメージのCMを作ってみるのもいいかもしれません。

関連記事:CM制作の基本知識!流れや費用などについて紹介

 

CM制作会社に相談!

 

なかなかアイデアが思いつかない、という場合はそのままCM制作会社に相談してしまっても大丈夫です。

費用感とともに、どのようなCMを制作するのか可能か、ということを教えてもらえると思います。

 

一つの制作会社で複数の絵コンテを出してくれる場合もありますし、いくつかの制作会社に相談して、比較検討してみるのも良いでしょう。

 

弊社ライズアドバートでも広告枠のことだけでなく、制作内容についてもご相談いただけますのでお気軽にお問い合わせください。

関連記事:テレビCMを扱う広告代理店には何を依頼できるのか?

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。

弊社ウェブサイト







15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談