CM・広告の仕組み

テレビCMの種類!スポットにタイムにSAS、それ以外のやり方も

今回は広告代理店である弊社ライズアドバートがテレビでCMをやるとしたらどのようなやり方があるのか、その種類について解説してみたいと思います。

テレビCM枠の種類は大きく二つ!

テレビCMのセールス枠というのは大きく分けて

  • タイムCM
  • スポットCM

の二つです。

しかし近年SASという新しいセールス枠も登場しました。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

タイムCM

 

タイムCMというのは特定の番組のスポンサーとなってその番組の中でCMを放送する方法です。

基本的には2クール(6ヶ月)からの契約となり、放送の尺は30秒です。

毎週同じ番組の中でCMが放送されるので、番組の視聴者層とCMのターゲット層が合致していれば効果的にCMを放送することができます。

 

またテレビ番組を見ていてよく見かける「この番組はご覧のスポンサーの提供でお送りいたします」という提供部分で会社の名前が表示されます。

 

タイムCMの場合は競合排除という考え方があり、同じ番組の中に競合他社がスポンサーとして入ることがないように考慮されています。

そのため同一の番組内で競合他社がCMを放送することはできません。

逆を言えばすでにスポンサーとして競合他社が入っている番組のスポンサーにはなることができないということです。

 

期間も長く、予算規模も大きくなりやすいタイムCMは、ある程度CMを放送したことがある企業様が選択するやり方です。

スポットCM

 

スポットCMはある程度時間帯を指定してその中でランダムにCMを放送するやり方です。

CMの放送尺は15秒が基本ですが30秒も流すことができます。

 

特に期間の定めはなく、2週間などの短い期間で放送する企業様もいらっしゃれば、2ヶ月や3ヶ月など長めに期間を取って放送することもあります。

 

特定の番組のスポンサーにはならないので様々な番組の中でCMが放送されますが、不特定多数にリーチさせることができるので新規ユーザーの開拓をしたい時におすすめです。

またタイムCMのような条件の縛りがないため出稿しやすくなっています。

基本的には10本から20本程度CMを放送することができるくらいの予算が最低ラインとなっています。

 

この最低ラインはテレビ局によって異なりますが、地方局だと30万円から50万円程度、一番規模が大きい関東ローカルエリアの場合は500万円程度です。

関連記事:CMの出稿金額目安を地域別に紹介します

 

SAS

 

SASは近年登場したセールス枠で、「スマート アド セールス」の略です。

スポットCM15秒尺を一本から購入することができるやり方で、一本だけでいいからまずテレビCMを流してみたいという企業様向けの枠となります。

 

まとまった金額でテレビCMを放送していただく場合よりも少し一本単価が割高にはなってしまいますが、「お試しでテレビCMを放送したい」、「CMを放送する流れやスケジュール感を知っておきたい」という場合におすすめのやり方です。

関連記事:SASとは?テレビCMを1本から放送!どんな時におすすめ?

 

付帯サービスとしてのパブリシティ

 

上記に紹介したやり方以外にある程度まとまった金額を出稿することによってテレビ局がつけてくれる付帯サービス、つまりおまけ的な枠があります。

 

これはパブリシティと呼ばれるものなのですが、情報番組のスタジオで商品を紹介したり、取材のような形で商品をフィーチャーするというようなやり方があります。

タレントに商品を紹介してもらうこともありますが、実際に社員さんや社長さんが出演して商品紹介をすることもあります。

これらパブリシティはテレビ局によって内容は様々です。

関連記事:CM広告料に応じてテレビ局が付けてくれるサービスについて解説

 

テレビショッピング

 

規模の大きいテレビ局では枠がないことも多いのですがテレビショッピングというやり方もあります。

テレビショッピング専用の枠がない場合はテレビショッピング風のスポットCMを放送するというやり方もあるのですが、特に地方局や独立局の場合はテレビショッピング専用の枠を設けていることがあります。

関連記事:テレビショッピングで商品を売りたい!というご要望について

 

ミニ番組

 

テレビ局によるのですが1分や3分、5分などといった短い尺のミニ番組を放送するというやり方もあります。

こういったやり方ができないテレビ局もありますので、お問い合わせいただいきご相談にはなるのですが、

たっぷり尺を使ってなるべく情報量を多く商品やサービスを説明したいという場合はこのようなやり方もできます。

 

番組の制作自体は別で行わなくてはいけないので、多少高くなってしまうかもしれませんが、短いCMだとなかなか内容が伝わらない、これまでにない画期的な商品やサービスというような場合は長い尺でCMをしてみるのも良いでしょう。

CM意図に合わせたプランをご提案させて頂きますのでまずはお気軽にお問い合わせください。

関連記事:東京でテレビCMを放送したい!出稿の流れを広告代理店が解説

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。

弊社ウェブサイト






15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談