CM・広告の仕組み

東京でテレビCMを放送したい!出稿の流れを広告代理店が解説

東京でテレビCMを放送したい、という場合はどうやって放送をすればいいのでしょうか?

 

東京となるとやはり規模も大きくなりますので予算もそれなりにかけなくてはいけません。

初めてテレビCMをやる企業の場合はほとんどが地方CMからスタートするもので、

そこから反響をみつつ、試行錯誤し、そののちに東京でのCMに踏み切るものです。

 

しかし、

  • 東京に店舗がある
  • 東京で行なっているサービス
  • とにかく知名度をグンとあげたいので東京がいい

というようなケースもありますよね。

 

東京でテレビCMをしたいと思ったらどのような流れでテレビCMをすればいいのでしょうか?

 

東京キー局でCM

 

東京でテレビCMをする場合は、ほとんどの場合、東京キー局でCMを放送することになります。

 

東京キー局は

  • 日本テレビ
  • テレビ朝日
  • TBS
  • フジテレビ
  • テレビ東京

の5局ですが、キー局は広域圏となるので、東京だけでなく関東全域をカバーする電波で放送されています。

具体的には東京以外に、

  • 群馬
  • 栃木
  • 茨城
  • 埼玉
  • 千葉
  • 神奈川

にも放送される、ということですね。

 

この電波領域が日本最大級の規模になるので、他のどのテレビ局で放送するよりもキー局で放送する方がコストが高くなります。

キー局の中でもどのテレビ局を選ぶか、また時期によってもコストは変動しますが

最低でも500万円ほど予算がないとキー局でCMを放送するのは難しいと考えておいた方が良いでしょう。

 

キー局の場合は一局だけで放送するのではなく、複数局でCMを放送する企業も多いです。

キー局にもそれぞれ視聴者層が違いますから、ターゲット層がはっきりしているなら、全ての局に均等に降るのではなく、

ターゲット層に合わせて局によって予算を変えるなどすると良いでしょう。

 

そういった部分は広告代理店に相談して決めていくと良いと思います。

関連記事:広告代理店とは?CMをやりたい時、何をしてくれるの?

 

東京都のみに流す方法

 

前項でお話しした東京キー局でテレビCMを放送した場合は、関東全域にCMが流れてしまいます。

必然的にリーチ数も高くなるのでコストも高くなるわけですが

中には「東京のみにCMを流したい」という企業さまもいらっしゃるでしょう。

 

そういった場合は独立局であるTOKYO MXを利用する、という方法があります。

 

独立局の場合はその県域のみに放送されるので

TOKYO MXの場合は東京都のみにCMが放送されます。

厳密に言うと電波はちょうど県境までしか届かない、というわけでもないので

埼玉や神奈川などでも一部受信することができる場所もありますが。

 

東京のみの放送になってくるとコスト感が全く変わってきます。

最初は100万円程度から出稿する企業が多く、中には80万円から始めてみる、と言う企業もあります。

 

キー局に比べるとかなりコストが変わるのがわかるかと思います。

 

どうしても「テレビCMは高い」というイメージがあるのですが、

こういった独立局での放送の仕方などはあまり知られていなくて、思っているよりもコストが抑えられる方法もあるんですね。

 

「テレビが高いから他の広告媒体を」と考えている企業さまも多いのですが

こういったやり方なら他の広告媒体とそう変わらないコスト感なのです。

 

テレビCMを放送したことがある、という実績もついてきますし

ぜひこういう方法でのテレビCM放送も検討してみていただきたいです。

関連記事:テレビのスポットCMを打つ意味

 

電波料以外にかかる制作費

 

ちなみにここまでお話した費用は全て電波料にかかってくる費用のお話です。

つまり放送枠を獲得するためにかかる費用ですね。

 

もしテレビCMを初めて放送する場合は、テレビCMとして流す動画素材が必要になってきます。

一度作ってしまえば、その権利が使える期間は何度もその素材を流用することができますが

素材がない場合は、動画素材を制作するところから始めなければいけません。

 

スチール素材やある程度素材がある場合は簡単な内容であれば20万円程から制作することが可能です。

ロケを行なって新規に撮り下ろしとなってくると、最低でも100万円ほどはかかってくるでしょう。

 

どんなタレントさんを起用するか、どのような内容にするかによって値段には幅が出てきます。

弊社ライズアドバートではグループ企業内で動画制作も承ることができますので、電波料の獲得と合わせて制作のお見積もりのご相談も受け付けています。

関連記事:CM制作費の相場はいくらか

 

出稿の流れ

 

素材制作

 

素材がない場合はまずCM素材を制作するところから始めなくてはいけません。

その素材をテレビCMとして流すことができるか、ということを審査する「考査」というものもあるので

実際に放送する一ヶ月前には最低でも素材がある状態にしておくのが望ましいです。

 

なるべく余裕をもって制作を始めるようにした方が良いでしょう。

 

考査

 

考査には

  • 素材考査
  • 業態考査

の二つがあります。

素材考査

素材考査では

  • 誤解を与えるような表現がされていないか
  • 放送できないような内容になっていないか

というようなところを審査されます。

 

広告代理店を通してテレビ局に素材を送り、考査をしてもらいます。

業態考査

業態考査では、その企業がしっかりとしている企業かどうか、ということが審査されます。

企業の謄本が必要になることが多く、またホームページURLなども提出する必要があります。

テレビ局としても信頼が大事ですから、テレビCMをした企業がきちんとした企業かどうか、ということをしっかりと調べるんですね。

 

電波枠の取得

 

最後にどの時間にテレビCMが放送されるのか、ということを決めていきます。

 

具体的なスケジュールが上がってくるのは放送前の1〜2週間前です。

線引きと呼ばれるタイムスケジュールのようなものが広告代理店を通じてテレビ局から送られてくる形になります。

 

ここまできたらあとは放送を待つのみです。

関連記事:テレビCMをする時、広告代理店に連絡する前に決めておくこと

 

大まかに東京でのテレビCM放送について解説してみました。

 

弊社ライズアドバートは広告代理店ですので、テレビCMを放送したいという企業さまへ広告プランのご提案をさせていただいています。

お気軽に下記フォームよりお問い合わせください。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。

弊社ウェブサイト







15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談