CM・広告の仕組み PR

CMが打ち切りになるのってどんな時?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

せっかく放送したテレビCMが打ち切りになってしまう、そんなこともあります。

放送中止になるようなテレビCMは、どのような理由で打ち切りとなるのでしょうか?

そしてその場合どのような対応をする必要があるのでしょうか?

広告代理店である弊社ライズアドバートが解説したいと思います。

 

テレビはなんでも放送できるわけではない

 

まず初めに、テレビではなんでもかんでも放送することができるわけではない、という前提についてお話します。

テレビというのは他の広告媒体に比べると「ユーザーが受動的に受け取る」というところが特徴です。

 

例えばインターネットであれば、ユーザーが何かしらの検索を行い、それに付随して広告が表示されます。

この場合は自発的な行動が先にあり、それに広告がついていくような形になっています。

それに対してテレビはテレビをつけているだけでテレビCMが流れるので、視聴者の好みには関係なくCMが放送されます。

全く興味がないものでもテレビCMは流れるわけなので、新規ユーザーの獲得にはとても強い広告であると言えるでしょう。

しかしこういった性質があるため、誰もがその広告を見る可能性があるということを考えて放送をしなくてはいけない部分があります。

 

そのためテレビCMには表現考査という審査のようなものが設けられています。

この表現考査では主にCMの内容について、

  • 視聴者に誤解を与えるような表現が使われていないか
  • 視聴者を不快な気持ちにさせるような表現が使われていないか

というようなことが審査されます。

 

テレビ局によって考査基準が違うので、明確な共通の基準があるわけではありません。

テレビ局の規模が大きく、視聴可能人口が多い曲ほど誤差基準が厳しくなると考えていただければ良いです。

 

考査で引っかかった部分に関しては、再度、映像素材を修正して提出するような形になります。

またこの表現考査以外にも業態考査と言って、CMを放送する会社がきちんと存在している会社かどうか、業績も調べられます。

 

このようにテレビCMは誰もが簡単に放送することができないようになっているものです。

 

放送されているテレビCMに関しては考査を通過して放送が認められているCM、ということになるわけですが、それでもやはり視聴者から受け入れられなかったり、様々な理由で打ち切りになってしまうということがあります。

どういった例があるのか紹介していきます。

関連記事:CMの表現考査とは?放送する映像を作る時に知っておきたいこと

 

CMの表現に危険性が見られるもの

 

考査では特に問題なく通過しているCMでも、でもCMの内容に危険性が認められて打ち切りになるというものが最近よく見られます。

飲料のCMで、トランペットを吹いている女性に友人が駆け寄り肩がぶつかるというシーンが、実際のトランペット奏者だから危険性を指摘されて三日間で打ち切りになったケースがありました。

CM上の表現とはいえ、現実でそのようなことをすると危険だと感じられるような表現に関しては、最近はSNSなどを中心に批判の対象になってしまいやすいです。

制作をする上では専門家の意見も聞いた上で表現を検討していく必要がありますね。

関連記事:企業がCMを制作する時に決めることとその流れ

 

女性蔑視とクレームがついてしまうもの

 

料理のCMや女性がターゲットとなるようなCMについても男女差別に繋がるような表現がなされているものはクレームの対象になってしまいやすく、制作側に差別的な意図がなくても打ち切らざるを得ないことがあります。

ターゲット層が女性もしくは男性と絞られている場合は、ターゲット層にうまく刺さるCMを作ることも大切ですが、性差による批判かおこってしまわないように配慮をする必要があります。

男性側の意見女性側の意見どちらも取り入れたうえで制作を進めていきたいところですね。

関連記事:女性向けの宣伝広告を出す時に注意したいこと

 

お酒のCM

 

未成年はお酒を飲むことができないけれど、もっとポップな気持ちで若い人にお酒を飲んで欲しいという意図から若い人をターゲットにしたお酒のCMがよく作られているのですが、これもクレームの対象になりやすく打ち切られていることが多いです。

アニメーションを使ったり可愛らしいキャラクターを使ったCMだと、未成年に飲酒を勧めているような内容に見える、というクレームに繋がりやすいようです。

関連記事:インパクトのあるCMってどんなCM?広告代理店が解説!

 

芸能人の不祥事による打ち切り

 

最近は芸能人が起こしてしまった事件や事故、不倫などが理由でCMが打ち切りになることも多くなっています。

出演タレントとはタレントとの契約がありますので、CMが打ち切りになった場合はタレント事務所に対して損害賠償請求というような流れになります。

有名なタレントをCMに起用する場合は契約内容もしっかりとしたものを作らなくてはいけません。

商品やサービスのイメージを背負ってもらうことになるわけですから、イメージを付けやすいというメリットがある反面、有名タレントを起用するのはリスクも高いと言えるでしょう。

関連記事:CMに有名タレントを起用するメリットとデメリット

 

災害時など

 

打ち切りとは少し変わってくるかもしれませんが、緊急時や災害時などはCMが差し替わることがあります。

緊急速報を流したり、社会情勢上、CMを放送をするべきではないと判断した場合はCM打ち切りにするという企業もあります。

 

こういった場合、既に購入しているCM枠に関しては返金がなされませんので注意が必要です。

ただし非常に大きな地震などの予測できない事態に関してはtv局側との交渉次第という形になります。

東日本大震災の時にCMを出稿していた企業は未だにテレビ局と協議を重ねている企業もあるようです。

関連記事:災害時、テレビCMはどうなる?スポンサー料金は?

ABOUT ME
長倉 さやか
ライズプランニング(広告部)」の長倉です。広告手段としてのテレビの使い方やテレビメディアの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆しております。

弊社ウェブサイト








    15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談