サイト運営会社
映像制作のコツ

ドローンで撮影したいときに注意すること

旅や紀行ものの番組や、自然をテーマにした番組では、ドローンの映像はあって当たり前になってきました。

 

  • のどかな田園風景
  • 雄大な山岳
  • 色とりどりの花畑
  • 独特な形の建造物
  • 高層のビル群
  • 流麗な川

などなど。

 

番組制作者や、クライアントさんたちから、「ここはドローンの映像がほしいよね!」なんて言われれます。

 

ドローンがなかった頃とドローンが出来てから

 

ドローンがなかったころは、ヘリコプターにカメラマンと乗って空撮したり、巨大なクレーンを設置したりするしかありませんでした。

 

ヘリで空撮だと高度が高くて俯瞰すぎるし

クレーンからだと、設置の場所が必要でした。

 

ドローンだと高さも自在で、撮影対象に近寄ることもでき、いろんな角度や距離感の映像を撮影することができます。

 

室内でも、人物と並行に飛ばすことができるため、レールを設置することなく、スムーズなドリーを撮影することだってできます。

 

ただ、ドローンであればどこでも飛ばせる、どんなものも撮影できる、というわけはありません。

 

ドローンを飛ばして映像を撮るには、ルールがあります。

 

ドローンは、日本では重量によって分類されています。

200g未満の重さのものは、模型航空機。

200g以上のものは、無人航空機で、200g以上のドローンは、国土交通省が発している「無人航空機の安全な飛行のためのガイドライン」を守らなければなりません。

 

この重量は、機体にバッテリーやカメラなど付属品を取り付けた状態の重さです。

関連記事:街歩き番組のロケ、撮影に許可は必要?公道と私道で違う対応方法。

 

プロが使っているドローン

 

プロのカメラマンが使用しているドローン機材で、メジャーなのは、

「Phantom」(ファントム)「Inspire」(インスパイア)という機種。

 

両方ともDJI社の製品です。

 

番組制作で使っている空撮用のドローンですと、DJI社のこの2機種が独占状態といってもいいくらいです。

 

「Phantom」は、安定した動きと4Kカメラ搭載で、情景を空撮で撮るのに適しています。

 

「Inspire」は、360°回転式ジンバルと4Kカメラ搭載しているため、カーレースや野生動物など、動きの激しい対象物を追いかけるのに適しています。

 

重量は「Phantom」で1375g、「Inspire」で4250gとなかなかの重さがあります。

両方とも200g以上ですから、ガイドラインを守らなければなりません。

関連記事:テレビ業界で実際に使われている3大映像編集ソフトについて解説

 

「無人航空機の安全な飛行のためのガイドライン」で注意する箇所

 

このガイドラインで特に注意するところは、

  • 飛行の禁止区域
  • 飛行の方法

です。

 

飛行の禁止区域

 

飛行の禁止区域は、

  • 地表あるいは水表から150m以上の高さの空域
  • 空港の周辺
  • 人口密集地

 

人口密集地は、国土地理院の地理院地図を見ると、人口密集地が赤く表記されています。

東京23区は真っ赤です。

 

これらの禁止区域で飛ばしたいときは、国土交通省に申請をして許可をとる必要があります。

 

飛行の方法

 

飛行の方法でも注意点があります。

  • 日中(日の出から日の入りまでの間)に飛行させる
  • 目視できる範囲で、ドローンとその周囲を常時監視して飛行させる
  • 人、建物、車輛などから30mの距離を保って飛行させる
  • 祭礼、縁日など人が多く集まっている催しものの上空で飛行させない
  • 爆発物など危険物を輸送しない
  • 物を投下しない

 

特定の人や、建物、車輛などを撮影したい場合、その対象に近づいて撮影したいときは申請しなくてはなりません。

 

また、イベントを上空からドローンで撮影する場合も、申請が必要です。

 

空撮をする場合、特定の場所で空撮したいことがほとんど。

 

弊社が今までにどんな場所でドローンを飛ばしたか、というと

  • 巨大大仏の清掃の取材のときに、巨大大仏の頭のてっぺんをお掃除する人をドローンで撮影。(全高120m)
  • 重要文化財の城をドローンで撮影
  • 山の中にある、お菓子の工場と直売所を取材したとき、人里離れた場所にもかかわらず、1日に何千人ものお客が集まり長蛇の列ができたところをドローンで撮影

などの案件がありました。

 

ガイドラインで書かれていても、取材のためのドローン撮影となると、許可を撮ったほうがいいのかどうか判断つかない場合があります。

そういうときは許可を取っておいたほうが、あとあと面倒がなく安心です。

関連記事:撮影許可ってどうやってとってるの?

 

国土交通省への申請の方法

 

ドローンでの撮影許可は国土交通省のホームページから申請できます。

 

今はオンラインサービス「DIPS」からの申請が便利です。

ただし、許可が下りるまで、最低でも10日間、申請に慣れていないと、書類不備の可能性もあるため、2週間くらい前に申請しておく必要があります。

 

余裕を持って撮影にのぞむためにも、許可どりはしっかりとしておきましょう。

関連記事:カメラワークと画角に関する撮影用語解説

 

ドローン撮影の準備

 

余裕をもってドローン撮影の準備をすること、計画を綿密にたてること、ドローン操縦者がロケハンすることが必要です。

 

クライアントさんや制作者が、ここは飛ばせるだろうと思っても、

実際のドローン操縦者が現場を見ると、ここでは飛ばすことができないと判断したり、申請が必要と判断することもあります。

 

当日の天気や風の状態によっても、飛行は危険だと判断することもあります。

関連記事:ADの仕事で大切なロケハン、シミュレーション。

 

ドローンの飛行時間

 

また、ドローンの飛行時間は短いです。

一つのバッテリーで、15分から20分程度しか飛行することができません。

 

予備のバッテリーの準備はしていますが何度も飛ばすことはできません。

いろんな角度からの映像を欲しがるディレクターがいますが、時間に制限があります。

 

また、一回しか撮影のチャンスがない、というのも操縦者にとっては緊張を強いることになります。

 

準備万端であっても、どんなに経験を積んでいてもドローンの操縦者は緊張しているもの。

撮影時間は余裕をもって、撮影を依頼しましょう。

関連記事:プロが語る撮影のコツ【人物・食品】

ABOUT ME
imacharin
imacharin
テレビ制作歴25年。テレビの業界の内側と、テレビ番組の裏側をわかりやすく発信していきます。




テレビ業界に興味があるCM広告を検討している映像制作に関して相談したい

友だち追加