CM・広告の仕組み

企業CMの作り方!印象的な内容になるパターンと放映まで

企業が認知度を高めるためにCMを作る場合どのような作り方をすれば良いのでしょうか?

弊社ライズアドバートはテレビCMをメインに扱う広告代理店ですが、「初めてテレビCMを放送するので何から始めたら良いのか分からない」という企業様からのお問合せを非常に多くいただきます。

今回はそんな初めてテレビCMを放送するという企業様のために、企業CMの作り方について、制作から放映までの過程でどのようなことを決めなくてはいけないのか、どのようなスケジュールで進めていけば良いのか、具体的に解説していきたいと思います。

 

どこに連絡すればいいの?

 

まずテレビCMを放送したいと思ったらどこに連絡をすれば良いのでしょうか?

テレビCMを放送する上で必要になるのは

  • CMとして放送する映像素材
  • CMを放送する放送枠

の二つになります。

 

CMの映像素材を作るのは映像制作会社、CMを放送する放送枠をテレビ局と交渉して獲得することができるのが広告代理店です。

よって、CMを放送する場合は映像制作会社と広告代理店に連絡をすることになります。

 

しかし初めてテレビCMを放送する企業の場合は、どの映像制作会社に制作を依頼すればいいのかということもよく分からないと思います。

広告代理店では制作内容の意向に沿った映像制作会社お手配してくれたりすることもあるので、広告代理店に制作も含めて一任してしまうということもできます。

 

またライズアドバート弊社の場合はグループ企業内で映像制作を行うことができますので、制作から放映までワンストップサービスでご提供することが可能です。

関連記事:CM制作の見積もり!どういうものにお金がかかるの?

 

制作のスタート、絵コンテ

 

映像制作のスタートは絵コンテというものから始まります。

というのはどのような映像を制作するかというのを4コマ漫画のような絵で描いたものです。

どのような映像を撮りたいのかということを伝えて制作会社に作ってもらうものになります。

これをもとにイメージを膨らませて、さらに細かくどのような制作をしていくかということを決めていきます。

 

絵コンテ段階ではまだ撮影には入っていませんから様々な修正がききます。

色々なアイデアを出して内容をブラッシュアップしていきましょう。

そのためにもCMをやる目的やターゲット層は明確にしておいた方が良いです。

関連記事:テレビCMの絵コンテ何?どんなことを決めるの?

 

企業CMのパターン

 

企業CMにはどのようなものがあるのでしょうか?

いくつかパターンを解説してみたいと思います。

 

CM好感度が高くて有名なのはAmazonのCM。

イメージCMではありますが、ストーリー性があって心温まる内容になっています。

他にも

  • すでに有名なタレントなどを起用してタレントのイメージを大きくつけるタレント型
  • 商品やサービスの特徴や使い方をシンプルに説明する商品説明CM
  • 実際の社員や社長さんが出演し、会社の中の様子や仕事にかける思いなどを映すドキュメンタリー型
  • アニメーションやイラストなどを使ってわかりやすく伝えたいことを伝え、印象も大きく持たせるアニメ・イラストCM
  • オリジナルキャラクターを作って、キャラの印象を強くつけるキャラクターCM

関連記事:CMの好感度は何で決まる?

 

制作のときに見据えたい、考査のこと

 

テレビCMを制作する時に見据えておきたいのがテレビ局の考査と呼ばれる審査のようなものです。

このテレビ局の考査に合格しないとCMを放送することができません。

考査は、

  • 企業がきちんとした企業であるかどうかを調べる業態考査
  • CMの内容が視聴者に誤解を与える表現になっていないかどうかを調べる表現考査

の2種類があります。

 

表現考査は実は絵コンテ段階でも提出することができて、絵コンテの段階で修正が必要な文言や表現などを発見することができれば制作をよりスムーズに行うことができます。

そのため一度絵コンテの段階でテレビ局の考査にかけておくのが望ましいです。

 

もちろん最終的に完成した映像素材をもう一度考査に出す必要はあるのですが、絵コンテ段階から考査をしておくことで、無駄な修正の手間や費用をかけずに済みます。

こういった流れがあるためCMを作るときは企業様と映像制作会社、連携が非常に大切になってきます。

関連記事:CMの考査って何だろう?を代理店が徹底解説!

 

テレビCM放映で決めること

 

テレビCMの放映にあったって決めることは以下の項目です。

  • どのエリアで放送するか
  • どのテレビ局で放送するか
  • どの時間帯に放送するか

テレビ局によってコストも変わってきますので、予算に合わせてテレビ局や内容を決めていくと良いと思います。

予算がある程度決まったら広告代理店に依頼して見積もりをとると良いでしょう。

関連記事:CM予算ごとに、できることを紹介します!

 

制作から放映までのスケジュール感

 

どのような内容のテレビCMを制作するかにもよりますが、一般的な15秒、30秒のテレビCMであれば撮影は1日で終わることが多いです。

編集など含めて全体で2週間くらいで制作することが可能ですが、修正などもあるでしょうから早くて制作依頼から納品までは1ヶ月程度と思っておいた方が良いでしょう。

 

またテレビ局への納品に関しては2週間前ぐらいでも可能なのですが、枠は順次埋まってきてしまいますので放送する1ヶ月前には納品をしておくことが望ましいです。

 

そのため最短で考えると放映の2ヶ月前から動き出すイメージでしょうか。

もちろんスケジュールに余裕があって悪いことはありませんから、CMを放送したいと思ったらなるべく早めに連絡をした方が良いです。

また制作に関しては特急料金などを追加することによって制作スケジュールを早めることも可能です。

なるべく早く放映したいという場合は予算に合わせてそういった方法も考えてみても良いかもしれません。

関連記事:CM素材の制作、搬入について。放送基準や搬入スケジュールは?

ABOUT ME
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。

弊社ウェブサイト








    15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談