サイト運営会社
CM・広告の仕組み

【広告代理店様向け】テレビCMのお手伝い

今回は一般的な広告代理店様向けに、テレビのCMを出す場合にどうしたらいいのかについて書いてみたいと思います。

 

広告代理店の種類

 

広告代理店にも用途に応じて様々な種類があります。

 

交通広告を専門にやっている代理店もあれば、雑誌や新聞、折込チラシを得意とするところ

そして、看板や、電柱広告を手掛けるところなど。

 

最近はインターネットを利用したSNSやYouTube広告も大変多くなってきて

その種類はさらに広がりつつあります。

 

そのため、一部の総合代理店をのぞき、多くの代理店は自社の強みを活かして営業をしているところが多いと思います。

 

みんなが同じようにやっていては差別化ができないとか

昔からのつながりで雑誌中心にやっているとかいろいろ事情はあると思います。

 

ところがこれはクライアントにとっては、それはあまり関係の無いことで、

目的は売り上げが伸びること、商品が売れることにあるので、

広告手段をいろいろ試してみたいというクライアントからの要望が少なからずあると思います。

 

今までは考えていなかったけど、テレビCMってどうなんだろう、と思うクライアントさんも出てくると思います。

 

実は、広告手段の中で最初からテレビCMをやりたいと考える企業は少なめで、最初はテレビ以外の方法から試すことが多いようです。

 

中にはいろいろな広告をやってみて、やりつくした感がある、

そこでテレビはどうなんだろうと思ってテレビCMをやることにした、

という企業もありました。

 

ではなぜテレビが後回しになるのかというと、仕組みがよくわからないということがあるのではないでしょうか。

関連記事:テレビCMをやる際の広告代理店の役割

 

テレビCMはわからないことが多い

 

確かにテレビのCMはちょっとわかにくいと思います。

  • CMをどうやって作ればいいのか
  • どうやって電波にCMを流すのか
  • 段取りやスケジュールはどうなっているのか
  • 大体どれくらいの金額でできるものなのか

など。

 

これについては実際にテレビの代理店をやっていても、複雑だと感じるのですから

外から見たらさらにベールに包まれて見えるのも仕方がありません。

 

最初にわからないのは電波のことではないでしょうか。

 

CMは全国ですべて同じものが流れているわけではなく

テレビ局から発信する電波の範囲がありますから、一部の地域だけしか流れていないCMがほとんどなんですね。

 

しかも都道府県によってチャンネル数もまちまちなので、どのチャンネルで流すのか、から始まって流し方もテレビ式ルールに従って決めなければいけないんですね。

 

またスケジュール感もベールに包まれているようです。

いったいどれくらい前から始めればいいのか、というざっくりとしたところがわからないため、やりにくいということがあるようです。

 

そのかわり一度でもやってみて、効果を感じた会社は引き続き試してみる会社が多いのです。

しかし最初からテレビCMをやってみる、ということのハードルが高いのは、わからないことが多いからというのがどうしてもあると思います。

関連記事:テレビCMをする時、広告代理店に連絡する前に決めておくこと

 

テレビ独特のルール

 

テレビ独特のルールというのは処々に見られます。

  • タイムとスポットという種類が存在すること
  • 金額はパーコストや掛け率方式があること
  • 混み具合や、予算によって金額が変わること。
  • テレビ局への見積もりの取り方
  • 考査が必要なこと

などなど。

 

さらに難しいのは、CM出来ない業種や、CM素材のチェックで引っかかる文言があるなど、

面倒なところがあるのです。

関連記事:タイムCMとスポットCMの違い。どちらを選べばいいの?

 

テレビCM業界の専門用語

 

テレビCMの世界では特有の言葉も出てきます。

 

パーコストGRPという延べ視聴率の考え方

時間帯をゾーンとよんだり

金額の変化をバイアスとよんだり

ヨの字、コの字、全日、オールタイムテーブル

線引き、PTとSB

パーコストにAタイムの単価が必ず表示されること

などなど特有の言葉があります。

わからない言葉が飛び交っている世界です。

 

特有の言葉も難しいわけではなく、一度説明すると、だいたいすぐにわかる簡単なものが多いので、

クライアント様は、ちょっと説明すると、霧が晴れたようにおもしろいと感じてくださる人も多いです。

関連記事:CM単価の目安は?料金はどうやって決まるのか。

 

テレビCM専門の代理店もある

 

テレビCMの代理店は基本的にテレビ局と代理店とで契約を交わしています。

また保証金を納めている代理店もあります。

 

特にキー局の場合は、新たな代理店が入ることはなかなか無いようです。

契約を交わしている代理店かどうかを口座がある、口座がない、という言い方をするのも独特かもしれません。

 

テレビCMの代理店は比較的大手の代理店が多いため、総合的になんでも広告を扱っているというところが多くなっています。

 

でも必ずしも大手ばかりではなく、小さいテレビの代理店も実はあります。

 

雑誌や、看板など部分的な広告を得意としている広告代理店は

テレビCMを頼まれて、大手にテレビCMを依頼すると、まとめてそちらに頼んだほうが良いということになりかねないと思ってしまうのではないでしょうか。

 

その危惧をさけるには、テレビを主として、またはテレビだけをやっている代理店を探すのも良いと思います。

 

テレビだけやっている代理店というのは実はそれほど多くはありませんが、ちゃんとあります。

 

弊社ライズアドバートもそうですが、もともと制作の方をやっていた会社が、広告代理店もやっているという形態が多いのではないかと思います。

 

もし、テレビ以外の代理店が、クライアント様にテレビもやってみたいと言われたときは

テレビだけ、またはテレビを主にやっている別の代理店に頼むのがいいのではないかと思います。

関連記事:テレビCMをやる際の広告代理店の役割

ABOUT ME
ぺんくり編集部
ぺんくり編集部
テレビCMは、高いものばかりではありません。テレビCMの良さをもっといろんな方に知ってもらいたいです。ご利用をお待ちしております。

弊社ウェブサイト






15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談