CM・広告の仕組み

求人CMを効果的に行うためにはどうしたらいい?

今回は求人CMについて最近の傾向や、求職者が何を望んでいるのか、また企業側が何を望んでいるのかをもとに、効果的なCMをするにはどのようにすればよいかについて考えてみたいと思います。

 

求人CM最近の傾向

 

求人CMの最近の傾向として、総合的な求人サイトのCMが目立つように思います。

すでに名前がある程度浸透している求人会社が恒常的に行っているCMで、企業の名前は既におぼえてもらっているので、CMをシリーズ化するなど人々に忘れられないようにするためのCMともいえます。

働く業種は何でもありの総合的な求人サイトが多く万人向けで

  • 契約社員などを含む社員の求人
  • 短時間勤務のアルバイトまたはパートの求人

という大きな区別でCMされているのが目立ちます。

また一方で仕事を求める個人側を意識したCMと、求人したい企業側を意識した両面からのCMがあり

  • 「仕事を探すなら」という個人向け
  • 「いい人材を探すなら」という企業向け

という大きく2種類のCMが目につきます。

では実際に個人と企業はどんなことを求めているのでしょうか。

関連記事:CMの内容はどんなものにしたらいい?どういうタイプのものがあるか解説!

 

求人における個人と企業の思考はなにか

 

求人のCMを投下する場合、仕事を探している側と人材を探している企業の両方が何を求めているかを一番に考える必要があります。

一部のサイトを除き、一般的に求人のマッチングでは企業側が金銭を支払い個人側が支払うことはあまりありませんが、両方の需要があってこそ成り立つ業界ですので、それぞれの思惑や不安要素をしっかりくみ取っていくと良いでしょう。

仕事を探したい個人側が求人サイトを選ぶ際にどんな思惑があるのか、ある調査によると

  • 今の職種のままで別のところに行きたい、
  • 今の職種でレベルアップしたい、自分の能力をもっと生かしたい
  • 今の職種でもいいけど他によさそうなものがあれば別の仕事もしたい
  • 家庭と両立して短時間、あるいは時間を調整しつつ働きたい
  • 副業として何か見つけたい

など。人により思惑は様々ですが、これらを大きく分けると

  1. 職種がはっきりしている人
  2. 職種がはっきりしていない人

また1と2のそれぞれについて

フルで働きたい人短時間、または時間調整して働きたい人

に分かれるのではないでしょうか。

 

一方で企業側は求人媒体を選ぶ際にどんな思惑があるかというと、同じ企業でも時期や部署による過不足によって必要な人材も異なってきます。

  • 職種がはっきりしているので、興味のある人が良く見る求人サイトは何なのか知りたい
  • 一般事務が欲しいので、専門的なことはこだわらないような人が欲しいけど
  • 若い人材がほしいが若い人が見ている求人サイトは何か
  • すぐに即戦力になるような熟練者が欲しいが、そういう人が見ているサイトは何か
  • 男女をはっきりと言えないが実は女性の方がいいが女性がよく見るサイトは何か
  • あるいは男性がいいので男性がよく見るサイトは何か
  • エージェント式なのかそうではないのか、費用面はどうか

など企業側も様々な思惑があります。

 

中でも企業が欲しがっているような人材がたくさん見ているような求人サイトは何なのかということは最も気になることだと思います。

関連記事:テレビCMっていくらから放送できるの?

 

効果的な求人CMとは

 

ではこれらを踏まえて求人CMはどんな風に投下しているのが良いのでしょうか。

知りたい情報を短いCMからですが知ってもらう、または感じ取ってもらうことが必要です。

 

たとえば個人向けでレベルアップ思考の人向けには、どんな業界に強い求人サイトであるのかを明確にしていくことが重要で、例えばIT系、エンジニア系であったり、医療・看護系であるとか教育系など得意業種を伝えることで、CMを見た側は自分にぴったりだ、と思いうのではないでしょうか。

また、副業狙いや、短期就業を考えている人向けには、

短い時間ても働ける職場がたくさん!

時間の自由がきく職場がたくさん!などの文言を盛り込んでいくと良いでしょう。

 

現在の職種を変えたい人向けには、

たくさんの職種があってあなたに合った仕事が待っているというような希望を与える文言も有効だと思います。

 

見ている個人が自分に身近な存在と感じてもらえるようなひと言や、それを感じさせる映像を心がけたいものです。

 

また企業側にアピールするためには、どのようなCM戦略が良いのかについては

現在業種をはっきりと伝えている求人CMはかなり少なくなっていますが、大手総合求人サイト以外であれば、ある程度業種を特化してCMしていくほうが効率的かもしれません。

一人を採用するために一般的に企業は30万から50万程度は見積もっていると思います。

研修費用を考えるともっと一人にかかる初期費用は多いでしょう。

 

それだけかかるなら、職種が特化した企業であれば業種がはっきりとした求人CMの方が訴えるものが大きくなっていくと思うのです。

何に強い求人サイトなのかというのは最も気になるところで、あまり関係の無いサイトに求人を載せて無駄にしたくないという気持ちがあります。

 

費用をかけたのに一人も人材が見つからなかったという苦い経験は必ず人事にはあるものだからです。

 

特に現在は手に職を持とうという若者が大変多くなってきており、自分の得意分野をはっきりと言える人がこれからどんどん増えていくと思われます。

大手以外の求人のCMであれば、業種をもっと特化した表現のCMにして投下していくのがこれからは良いと思います。

学生がターゲットなのか、主婦なのか

アルバイトかフルなのかも含め

IT系なのか、医療系なのか、事務系なのか、建設系なのか、営業系、ものづくり系など

表現はいろいろですが、見ている人や企業が自分の状態と重ね合わせることができるCMにしていくと良いと思います。

関連記事:CMに検索窓をつけてサイトへ誘導!成功する広告とは

 

求人CMの注意点

 

最後に求人CMをする場合の注意点について触れておきます。

テレビで求人のCMを投下する場合は考査がありますのでいくつか気を付けることがあります。

  • 企業の名前や屋号がはっきりと認識できること
  • 詳細を調べたいときに検索等でたどり着け、必要な情報が載っていること
  • 安易に高収入が得られるような表現になっていないこと
  • 労働争議等でもめ事が起きていないこと
  • 中学生以下の就業を求めていないこと
  • 職業紹介や派遣の場合はその旨CMにわかるように盛り込むこと

など。

また年齢何歳までや、男性のみ女性のみのような求人はできませんので、文言や表現方法については広告代理店と相談しながら慎重に進めていくと良いでしょう。

関連記事:CMの考査って何だろう?を代理店が徹底解説!

ABOUT ME
ぺんくり編集部
ぺんくり編集部
テレビCMは、高いものばかりではありません。テレビCMの良さをもっといろんな方に知ってもらいたいです。ご利用をお待ちしております。

弊社ウェブサイト






15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談