サイト運営会社
テレビ業界の裏話

テレビ局のプロデューサーにはどれくらいの年齢でなれるの?

テレビ番組制作の現場では色々な役職の人が関わっています。

 

その中でもプロデューサーというのは番組制作を行う現場での総合責任者、という形になりますが

テレビプロデューサーにはどれくらいの年齢でなることができるのでしょうか?

 

テレビプロデューサーまでの道のり

 

テレビプロデューサーになるまではどのような道のりをたどるのか、というと

まず未経験のままテレビ業界に入ったらアシスタントディレクターとして働くことになります。

 

その後ディレクターを経て、プロデューサーとして仕事ができるようになる、という流れが一番一般的ですね。

 

ディレクターやプロデューサーになるのに何か試験や資格のようなものが必要というわけではありません。

さらに何年続けたらプロデューサーになれる、というものでもありません。

 

テレビ業界は実力主義的なところがあり、

その人がどれだけディレクターとして頑張っても、プロデューサーにはなれない、という人もいます。

 

どれだけの実績を作れるか、どれだけ周りとの信頼関係を築き制作をしていけるか、というところにかかっているのです。

関連記事:テレビプロデューサーになりたい!どんな進路を選ぶべき?

 

テレビプロデューサーになれる年齢

 

テレビプロデューサー、と聞くと強面の50代くらいの男性を想像する人が多いようです。

 

しかし実際のところはかなり異なっており、

若いプロデューサーも多いですし、女性のプロデューサーも増えてきました。

 

プロデューサーというのは番組制作をまとめる役職で、

現場を取り仕切るのはあくまでディレクターなので、現場スタッフ以外にスポンサーになってくれる企業や、

制作に協力してくれる様々な人に、気持ちよく制作に取り組んでもらえるようフォローしていく仕事になります。

 

制作を俯瞰的に見て、調整していく役割と言えますので

男性よりも細やかなところに気がつきやすい女性の方が向いている部分もあるんですね。

 

年齢的には大体30代後半からプロデューサーとして活躍し始める人が多いです。

 

アシスタントディレクターやディレクターとして10年ほどは経験を積んだあたり、ということですね。

 

実際の現場で経験を積み、

それぞれの役職の人がどのような働き方をしているのか、ということが把握できてからじゃないと

それをまとめていく仕事はできないものです。

 

アシスタントディレクターやディレクターとして働きながら、

一緒に番組を制作している人たちがどのような働きをしているのか、ということを把握することも、プロデューサーへの道の中で必要なことだと言えるでしょう。

関連記事:テレビプロデューサーのイメージと実際のギャップ

 

テレビ局と番組制作会社の違い

 

テレビのプロデューサーには

  • テレビ局社員
  • 番組制作会社の社員

の二つのパターンがあります。

それぞれについて説明していきましょう。

 

テレビ局のプロデューサー

 

テレビ局のプロデューサーの場合は、ほぼ100%四年制大学卒で、

さらに六大学出身者がとても多いです。

 

そもそもテレビ局社員になるのに、それくらいの学歴が必要になるのはいうまでもありません。

 

そもそもテレビ局の場合は、一般職の枠で就職をすることになるので

制作を希望していても制作部署に配属されない、という可能性もあります。

 

他の会社と同じように営業職や経理といった仕事もありますので、

テレビ局に入ったからといって必ずしも制作の現場に入れるわけではないんですね。

 

しあかし制作部署に配属が決まれば、

他の制作会社からきている社員と一緒に一つの番組を作るチームとして、まずはアシスタントディレクターとして仕事を始めることになります。

 

番組制作会社のプロデューサー

 

テレビ局のプロデューサーと違って、

番組制作会社のプロデューサーであれば、プロデューサーになるまでの道のりが多くの人にひらけている、と言えるでしょう。

 

番組制作会社は文字通り番組制作がメインの仕事になりますので、

制作会社に就職をすれば必ず番組制作に携わることができます。

 

また、制作会社によっては専門学校卒や高卒でも就職することができる会社があります。

 

もちろん番組制作会社社員でも、現場に入れば一スタッフですので

実力主義社会であることに変わりはありません。

 

現場で経験を積み、ある程度の実績がないとプロデューサーにはなることができません。

関連記事:番組制作会社の仕事内容は?テレビ局とどう違うの?

 

色々なプロデューサー

 

一口にプロデューサーと言っても、

一つの番組にプロデューサーが複数人関わっていることもありますし、

実力や年齢に応じて

  • アシスタントプロデューサー
  • チーフプロデューサー
  • エグゼクティブプロデューサー

というような段階を踏んでいくこともあります。

 

特に女性の場合はアシスタントプロデューサーの方がプロデューサーよりも性に合っているという人が多いですね。

これは細かいお金の管理などをすることが多いからだと思います。

 

実際に現場で働いてみないと、どういう仕事なのか、ということはなかなかわからないと思いますので、

まずはアシスタントディレクターとして業界に飛び込んでみて、そこからどのようなことをやっていきたいのか、ということを考えるのも一つの手でしょう。

関連記事:アシスタントプロデューサーに女性が多い理由

 

弊社ライズプランニングではテレビ局で働いてくださるアシスタントディレクターを募集しています。

ご興味がございましたら下記フォームよりお問い合わせください。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加





テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般