テレビ業界の裏話

アシスタントディレクターの仕事内容について解説します

テレビ番組制作をしたい、将来はディレクターやプロデューサーになりたいなら、アシスタントディレクターからキャリアをスタートさせます。

アシスタントディレクターは、ディレクターの補助をすると思われがちですが、それだけではありません。

番組を切り盛りするのはアシスタントディレクターなので、アシスタントディレクターがいなければ番組ができない、と言っても過言ではないのです。

では、アシスタントディレクター(AD)はどんな仕事内容をこなしているのか、解説していきます。

 

放送までの流れ

 

その前に、放送までの流れを説明します。

大きく分けると、企画⇒撮影⇒編集です。

企画は、企画が立ち上がり、ネタを選定するまで。

撮影は、選定されたネタのところへロケハンをして、撮影するところまで。

編集は、撮影してきた映像素材を切ったり貼ったりして、作品に仕上げるまで。

 

一般的なイメージですと、制作の仕事って、イコール撮影のことと思われれるかもしれません。バラエティ番組でスタジオものだと、カメラの側でインカムをつけて立っている人がいます。

指示が書かれたスケッチブックを手にして、出演者に見せていたり、出演者に小道具を手渡していたり。先日は、グルメ企画の食レポをADさんがしていました。

画面から見えるADさんの姿から想像すると、撮影が仕事なんだろうな、と思われるかもしれません。

しかし、ADさんの仕事は、撮影する前までの段階が、メーン!なのです。

関連記事:新卒でADになって半年!仕事はどう?インタビューしてみました!

 

まずは企画会議

 

どんな番組でも、企画会議、ネタ会議という会議があります。

企画会議は、2か月先くらいの放送日に、どんなテーマを取り上げるのかを決める会議です。

今、盛り上がっているテーマではなく、2か月先を見越して、そのころ取り上げるべきテーマを、プロデューサー、ディレクター、構成作家が頭を突き合わせて考えます。

ADがその会議に出席する場合もあります。企画会議に参加できるのなら、ADも企画案を出したり、意見を言ったりします。

関連記事:番組制作の企画書はどんな内容が書いてあるの?

 

 

企画会議でテーマが決まったら、ネタを集めます。

ネットで検索したり、新聞や業界紙などから探します。

この作業をリサーチといいますが、番組によっては、リサーチャーという専任のスタッフがいる場合もありますし、いない場合は、ADの仕事です。

 

30分から1時間番組だと、リサーチの段階で50から200くらいのネタが集まります。

ネタ会議では、これまたプロデューサー、ディレクター、構成作家が集まって、選別していきます。ネタになるのかどうか、は、企画テーマにハマっているか、どんな映像が撮れるのかで選ばれていきます。ネタ会議で5つ程度に絞り込みます。

ここからがADの出番です。選ばれたネタの店舗や企業や人物のところに、電話をして話を聞きます。これがADさんの大きな仕事の一つです。

ADになって、初めて、大人に電話をする。という人も少なくありません。

店舗の責任者、中小企業なら社長さん、大手企業なら広報さん。そういう人たちに、番組の代表として電話をして、番組の内容を御理解いただき、何が撮れるのか、を聞き出していきます。

そして、聞いた内容を書面化して、プロデューサー、ディレクター、構成作家に提出します。5つ程度に選出したネタのなかから、最終的に取材する取材先を決めます。

関連記事:テレビのネタや企画のリサーチ方法は?

 

ロケハンとロケの手配をする!

 

取材先が決まったら、ロケハンの手配をします。これもADがディレクターのスケジュールを確認して、取材先へ連絡します。スケジュールのすり合わせもADの仕事です。

ロケハンが決まったら、そこまでの交通移動手段を確認し、ディレクターとの待ち合わせの場所と時間を決めます。

ロケハンに同行したら、ロケハンを仕切るのはADの仕事です。

先方へのあいさつ、自己紹介、ディレクターの紹介をします。

内容的な話はディレクターがしますので、ADは、資料をもらったり写真を撮ったりします。

ディレクターと先方の話をひたすらメモをします。

ロケのときの車輛を停める駐車場の確認、撮影方法やどんなカメラが必要なのかディレクターと相談。

外観や俯瞰を取る場合にカメラを設置する場所をみて、そこの所有者や管理者に許諾をとります。これらは全てADの仕事です。

 

撮影までに、技術クルーの手配と許諾申請をしておきます。

撮影のときも取材先へ、撮影の段取りや準備しておいてもらうものの手配はADがします。

取材先も、撮影班に伝えたいことがあれば、ADに聞いてきますから、それをディレクターに伝えます。

関連記事:撮影許可ってどうやってとってるの?

 

撮影が済んだら、次の企画と同時進行!

 

撮影がすめば、編集作業はディレクターの仕事なので、ADがやるべき仕事は少なくなってきますから、撮影が済めばADは次の企画へと移行していきます。

ただ、編集をしているディレクターから、あれこれと聞かれることがあります。

撮影させてもらった人たちの名前や肩書、商品やサービスの名称や値段、施設がある場所、などなど。

テロップやナレーションを入れるときの情報を取材先に連絡をいれて確認します。データを出すならそのデータを探したり、根拠を調べたり、資料映像を探したり、CGを発注したり、とディレクターのフォローをしていきます。

関連記事:現役テレビADとDに聞いた!仕事の悩み、Dになるまでの期間、今の働き方は?

 

放送が決まったら、各所に連絡。それもADのお仕事

 

そして、放送日が決まれば、放送のお知らせを取材先や関わった人たちに連絡をし、あいにく撮影したのに放送しない場合は、お詫びの連絡を放送前に必ずしておきます。

だいたい、あとで揉めるのは、撮影したのに放送されなかった、ということが多いです。

 

放送が無事終了したら、取材先に借りている資料などあれば、早急に返却します。

これまた、揉めることが多いのは、借りたものを返しそびれる、というケースです。

 

ということで、番組の窓口となる業務がADの仕事なのです。取材先にとっての番組の顔は、ADともいえるのです。

関連記事:ADの仕事でつらいと思うこと、悩みをインタビュー!

ABOUT ME
imacharin
imacharin
テレビ制作歴25年。テレビの業界の内側と、テレビ番組の裏側をわかりやすく発信していきます。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加







    テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般