CM・広告の仕組み

CMに芸能人を起用する効果にはどんなものがある?デメリットは?

テレビCMを制作する時に、芸能人を起用してCMを制作したいと考えるかたも多いと思います。

有名な芸能人を起用することでどのような効果を期待することができるのか、また芸能人を起用するときにどのようなことに注意をすれば良いのか、ということを広告代理店である弊社ライズアドバートが解説してみたいと思います。

芸能人を起用することで期待できる効果

イメージがつきやすい

 

芸能人をCMに起用する最大のメリットとして、商品やサービスのイメージがつきやすいというものが挙げられるでしょう。

特に新商品や新サービスでまだユーザーにどのようなものなのかということが浸透していないものに関しては、芸能人を起用してイメージを持ってもらうということは大切なことだと思います。

 

また商品やサービスに限らず企業CMなどにおいても芸能人を起用することによって、企業イメージを持ってもらうことが可能です。

商品やサービスはユーザーにとって、買ったり使ったりすることによってイメージを持てるものになりますが、企業のイメージというものはとても抽象的なものなので、なかなかイメージしにくいものです。

しかし企業の認知度を上げるために具体的なイメージを持ってもらうということは大切なことです。

 

私の周りでも会社名が出た時に、「あ!誰々(芸能人)がCMやってる会社だよね」という会話が実際に行われることが少なからずあります。

会社の認知度が高まることによって社員の士気も上がりインナーブランディングに繋がるでしょう。

実際インナーブランディングのためにCMを放送する企業もあります。

関連記事:インナーブランディングのためにテレビCMを使う

注目されやすい

 

世間にまだそれほど認知されていない商品やサービスをただローンチするだけではなかなか注目を浴びることができません。

そのためすでに知名度がある有名人を起用することによって注目を集めやすくなります。

 

起用する芸能人の固定のファンには特に訴求効果が高くなると言えるでしょう。

だからこそターゲット層と起用する芸能人のファン層はきちんと合致している必要性があります。

 

広告代理店やCM制作会社、キャスティング会社などと十分に話し合ってキャスティングをするようにしましょう。

関連記事:売れるCMを作るためにはターゲットの設定が重要

他のメディアでも取り上げられる可能性がある

 

有名芸能人を起用することによってテレビだけでなく他のメディアで取り上げられる可能性もあります。

芸能人が出演している番組やSNSなどで取り上げられれば、CMの出稿金額以上の訴求も行うことができます。

 

起用した芸能人出演している番組にタイムCMでCMを出稿するというやり方もよく見られるやり方です。

番組をみていたら、その番組に出演していた芸能人が番組内のCMに起用されている、というのはみなさんも見かけたことがあるのではないでしょうか。

関連記事:番組のスポンサーになってテレビCMをするタイムCMのメリット

好感度が高まる

 

芸能人をCMに起用することによって認知度を上げるだけでなく好感度アップも狙うことができます。

家庭の中で商品に対して夫婦でCMに出演してもらうというようなこともよくありますね。

関連記事:CMの好感度は何で決まる?

 

芸能人を起用する時の注意

使用期間や制限に注意

 

特に有名な芸能人の場合はCM起用にあたって様々な制限が付くことが多いです。

例えば使用期間が決まっている、というような制限です。

 

CM起用は1年契約などになっていることが多く、その期間を超えて制作したCM素材を使用する場合は新たに契約をし直し、追加料金が発生するような仕組みになっています。

一度製作したCM素材を半永久的に使用したいという場合は、有名芸能人を起用するのではなく、使用期限がないフリータレントを起用するなどして対応しています。

 

ちなみに権利関係の話をすると、音楽やイラスト素材などにも使用期限や制約などがある場合がありますので、制作をする前に、素材はどの範囲で使って良いものなのかということはきちんと確認しておくようにしましょう。

関連記事:CM動画を制作する時に知っておきたい権利の話

不祥事によるイメージダウンのリスクも

 

近年よく見かけることではありますが起用した芸能人が不祥事を起こしてしまいCMが打ち切りになってしまうということがあります。

せっかく制作したCMでも、起用した芸能人のイメージが悪くなってしまえばCMを放送し続けることができません。

 

不祥事まではいかなくても、最近ではタレントの発言が思ってもみない炎上に繋がってしまうこともあります。

芸能人を起用するのが年々難しくなってきているともいえるでしょう。

関連記事:CMが打ち切りになるのってどんな時?

 

テレビCMを中心として扱う広告代理店ですが、グループ企業内でCMの制作も行うことができます。

キャスティングなども含めてご依頼いただけますので、ご相談段階でも気軽にお問い合わせください。ご予算に合わせたプランをご提案させていただきます。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。

弊社ウェブサイト








    15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談