CM・広告の仕組み

テレビCMの費用について、15 秒のものを制作・放映する場合

弊社ライズアドバートはテレビ広告をメインとして取り扱う広告代理店です。

 

普段私たちが何気なく見ているテレビの中で流れているCMですが、そのほとんどが15秒のものか30秒のものです。

時間で言うと大体半々くらいの長さが流れているので、本数で言うと30秒のCMの本数の約倍の本数の15秒のCMが流れていることになります。

 

もちろん尺が長ければ長いほど放送枠の値段も高くなりますので、15秒のCMの方が、放送ハードルは低いと言えるでしょう。

 

今回はこの15秒CMについて、CM映像を制作し、実際に放映するまでにどれくらいの費用がかかるのか、ということを解説してみたいと思います。

 

15秒CMはスポットCMのみ

 

テレビCMを放送する場合は、大きく分けて2種類のやり方があります。

  • 特定の番組のスポンサーとなって、その番組の中でテレビCMを放送するタイムCM
  • 特定の番組のスポンサーにはならずに、時間帯などを指定して、その範囲の中でランダムにテレビCMを投下していくスポットCM

の2種類です。

特定番組のスポンサーとなるタイムCMの場合は、番組編成にも左右されますし、競合排除の考え方があり、競合他社が同一番組のスポンサーになることはできません。

そのため、CMを放送したいと思ってから実際に放送ができるようになるまでに時間がかかる場合があります。

そして何より、タイムCMの場合は30秒からの尺でしかCMを放送することができません。

 

一方スポットCMの場合は、15秒の放送も30秒の放送もすることができます。

そのため、15秒のCMを放送する場合はスポットCMで放送することになります。

関連記事:タイムCMとスポットCMの違い。どちらを選べばいいの?

 

CM映像制作

 

CMの映像制作に関しては、実は15秒のものを制作するのも30秒のものを制作するのも大差がありません。

 

映像制作で一番費用がかかる部分は撮影です。

撮影を行うためには機材の手配、撮影場所の手配、キャスティング、スタッフの手配など様々な費用が発生します。

撮影さえ済んでしまえば、それを30秒に編集するのも15秒に編集するのも、あまり手間としては変わらないのです。

 

そのため、テレビでは15秒のCMしか放送しない場合でも、同じ素材を使って30秒尺のものや60秒尺の動画も作っておく、というのがよくあるパターンです。

30秒や60秒といった長尺のCMに関しては、企業公式サイトなどで配信したり、WebCMとして活用するケースが多いです。

もちろん15秒のCMを放送してみた上で、次回30秒のCM放送をしたり、放送枠単価は高くなってしまいますが15秒のものと30秒のものを混ぜてCM放送する、というケースもあります。

映像を改めて撮影してCM制作をする場合は最低でも100万円程度はかかると思っておいた方がいいでしょう。

キャスティングによってかなり金額に幅が出てきます。

 

もし制作費用をなるべく抑えたい、ということであれば、スチール素材(公式サイトを作る時などに使った画像など)を何枚かご用意いただければ、それらを組み合わせて編集し、ナレーションをつける簡易的な制作も可能です。

この場合であれば20万円程度から15秒CMの制作ができます。

関連記事:CM制作の見積もり!どういうものにお金がかかるの?

 

放送枠の値段

 

15秒CMの放送枠の値段ですが、これはどの地域でテレビCMを放送するかによって大きく変わってきます。

基本的には視聴可能人口に比例するような形で値段が高くなっていきます。

一番規模が大きいテレビ局は東京キー局となっており、ここで放送するとなると関東全域に放送する形になるので、視聴可能人口も多く、放送枠の値段も高くなります。

 

キー局でスポットCMを出稿する場合は、最低500万円程度〜とイメージしていただけると良いかと思います。

キー局に関しては最近はSAS(スマート アド セールス)と言ってスポットCM枠を1本から購入することができる枠も始まりましたので、単価は高くなってしまいますが1本のみ、という放送の仕方ならもう少し費用を抑えて放送することもできます。

地方局の場合はエリアの人口にもよりますが、50万円程度から出稿することができるエリアもあります。

また、広域圏であっても独立局を利用することで50万円程度から出稿が可能です。

例えば東京であればTOKYO MXを利用することで、放送枠の費用を抑えることができるんですね。

 

CM放送枠の値段の考え方については、テレビ局によって異なるので詳しくは広告代理店に相談していただくのが早いですが、

基本的には「1本いくら」という考え方ではなく「視聴率1パーセントあたりいくら(パーコスト)」で考えられることが多いです。

同じエリアのテレビ局でも、局によって値段が変わりますし、社会情勢や季節によっても値段が変わることがありますので、広告代理店に問い合わせていただくのが早いでしょう。

 

初めてテレビCMを放送される企業様の場合は、地方局や独立局を利用する場合は制作と放送を合わせて200万円〜300万円程度、

東京キー局を利用する場合は2000万円〜3000万円程度で出稿をされるケースが多いです。

ご予算に合わせてプランのご提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

関連記事:CM予算ごとに、できることを紹介します!

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。

弊社ウェブサイト








    15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談