サイト運営会社
CM・広告の仕組み

マーケティングにおける4Pとは?広告代理店が詳しく解説。

マーケティングにおける4P

企業のマーケティングを担当するようになると必ず4 P分析というものをするようになると思います。

 

この4P分析は、マーケティングを成功させるために必ず必要な基礎的な考え方になってきます。

 

マーケティング戦略を立てるために必要な4 P 分析について、今回は広告代理店である弊社ライズアドバートが詳しく解説してみたいと思います。

 

4Pとは

 

そもそも4Pとはマーケティング戦略の立案実行のプロセスの一つであるマーケティングミックスに関する要素です。

 

この要素が

  • Product(プロダクト:製品)
  • Price(プライス:価格)
  • Place(プレイス:流通)
  • Promotion(プロモーション:販売促進)

 

この四つで、これらの頭文字をとってまとめられたのが4Pです。

 

市場において自社の立ち位置を決定し、綿密な分析を行った上で

どのような商品やサービスをどれくらいの価格でどういった販売経路で市場に送り出すのか、

またどのようにユーザーに情報を届けていくのかということを考えていきます。

 

その上で利用されるのが4Pです。

関連記事:SWOT分析による広告戦略の導き方

 

4つのP

 

4Pである

  • Product(プロダクト:製品)
  • Price(プライス:価格)
  • Place(プレイス:流通)
  • Promotion(プロモーション:販売促進)

についてそれぞれ詳しく解説してみたいと思います。

 

Product(プロダクト:製品)

 

そのビジネスで利益の源泉となる商品、サービスの事をプロダクトと呼びます。

 

商品そのものだけではなくデザインやブランド名やパッケージなども含めて製品と考えます。

 

市場を調査した上でどのようなものが、顧客ニーズを満たすことができるのか、

顧客が生活の中で困っていることを解消することができるプロダクトなのかどうかということを考えていく必要があります。

 

さらに市場の中でこのプロダクトがどういった位置づけになるのかということによってプロダクトの価格も大きく影響されていくでしょう。

関連記事:アドホック調査とは?事業やマーケティングに活かす方法。

 

Price(プライス:価格)

 

市場で販売する上での価格がプライスです。

 

需要と供給のバランス、競合他社とのバランスによってこの価格が決まります。

またどのようなターゲット層を獲得したいのかということでも価格は大きく変動するでしょう。

 

価格を高く設定することによって、あえて良質な顧客しか狙わないという方法もあれば

価格を低く設定することによって、幅広い顧客層を狙っていく、もしくは学生や主婦といった層を狙っていく、など

価格の設定の仕方によってターゲット層は大きく変わるのです。

関連記事:売れるCMを作るためにはターゲットの設定が重要

 

Place(プレイス:流通)

 

プロダクトを市場に流通させるための販売経路のことをプレイスと呼びます。

 

実店舗であれば、自社店舗だけでなくコンビニや百貨店、提携するお店など選択肢は幅広くなるできますし、

店舗の立地や、どれくらいの規模で店舗数を展開していくのかということも考えていく必要があります。

 

また実店舗だけではなく、インターネット上で商品を販売し、全てをインターネット上だけで完結させるという方法もあります。

 

ターゲット層がどのような販売経路で商品を購入するのが一番負担が少ないのかということから逆算してこのプレイスを考えていく必要があると思います。

 

また、どこで手に入れることができる商品なのかということは、そのまま顧客の商品イメージに繋がっていくでしょう。

 

例えばアマゾンで購入することができる商品と、

地方にあるたった一店舗の実店舗に出向かないと買うことができない商品であれば、商品イメージというのは大きく変わってくると思います。

 

お土産にもらうとしたら、やはり後者の地方のたった一店舗でしか取り扱いがない商品の方がお土産をもらう側からしたら魅力的だと思いますよね。

関連記事:ブランドエクイティとは?高い利益率のまま事業を伸ばしていく方法

 

Promotion(プロモーション:販売促進)

 

ここまでの3つのPが整ったところで、必ず必要になってくるのは最後のプロモーションです。

 

どんなに素敵な商品を生むことができても、その商品を何らかの形で顧客に知ってもらうことができなければ商品は売れることがないでしょう。

 

どのようにしてターゲット層である層に、商品やサービスを認知してもらうかということを考えることがとても重要です。

 

ターゲット層が普段どのようなメディアに触れ、どのようなものに関心を持っているのかということをしっかりと分析する必要があるでしょう。

関連記事:バイラルマーケティングとは?口コミで爆発的な人気を得る方法。

 

プロモーションをするなら

 

弊社ライズアドバートは広告代理店ですので、四つの P の中でも一番最後のPであるプロモーションのお手伝いをさせていただいております。

 

一口にプロモーションと言っても広告媒体はたくさんありますし、ターゲットや詳細によって効果が出やすい広告媒体、効果が出にくい広告媒体はもちろんあります。

 

ご予算やブランディングに合わせた広告プランをご提案させていただきますので、

まずは下記フォームまたはチャットよりお気軽にご相談下さい。

関連記事:広告主が広告を出す時に考えなくてはいけないこと

 

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。

弊社ウェブサイト






15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談