CM・広告の仕組み

テレビCMとネット動画CM、その違いは?どちらを選べばいい?

テレビはメディアの中でも影響力の大きいメディアですが、

ネットの広告が大きく台頭してきている昨今、「動画でCMをやるなら、テレビとネット、どちらを選べばいいんだろう?」と悩んでいる方も多いと思います。

 

今回は広告代理店である弊社の目線で、

テレビCMとネット動画CMの違いについて解説していきたいと思います。

 

テレビCMとネット動画CMの違い

 

テレビCMには考査がある

 

まずテレビCMとネット動画CMで大きく違うところは、

テレビCMには考査がある、ということです。

 

考査にも

  • しっかりした企業なのかどうかを調べる業態考査
  • 放送内容が適切かどうかの素材考査

と二種類あり、どの企業でもテレビCMを放送することができるわけじゃないですし

内容にもきちんとルールがあり、誤解を生むような内容のものは放送することができません。

 

対してネット動画CMの場合は考査はなく、個人でも動画CMを流すことができる仕組みになっています。

 

だからこそ、ネット動画CMよりもテレビCMの方が信頼度が高い、という要素もあります。

誰でもできるわけじゃないからこそ、テレビCMをやっているような企業ならちゃんとしているところだろう、という認識が広くあるんですね。

関連記事:広告を出す時に注意したい、考査について

 

即時性があるテレビCM

 

テレビCMを放送する地域にもよりますが

やはりネット動画CMに比べるとテレビは格段に即時性のあるメディア媒体だと言えるでしょう。

 

一度に不特定多数にリーチさせることができるのがテレビCMの強みです。

ネット動画CMでは全国に動画を配信することも簡単にできますが、一度の広告を多くの人にリーチさせることはできません。

やはり単発のリーチ数で言うとテレビCMの方が圧倒的に多いです。

関連記事:CM広告とリーチ数について解説

 

ターゲティングの仕方が違う

 

ターゲティングの仕方がテレビCMとネット動画CMだと大きくことなります。

 

ネット動画CMでは検索履歴をもとにユーザーの属性がわかっているので

  • 性別
  • 年齢
  • 地域
  • 興味のあるジャンル

など細かくターゲティングをしていくことが可能です。

 

対してテレビCMの場合は、地域や時間帯でターゲティングをするか

タイムCMと言って、特定の番組の中でCMをする方法となってきます。

 

特定の番組の視聴者層がターゲットと合致していれば大きな効果が得られる可能性がありますが

どちらかというとより広い層にCMを投下したい場合の方がテレビCMは向いていると言えるでしょう。

関連記事:売れるCMを作るためにはターゲットの設定が重要

 

CM尺の長さが違う

 

テレビCMでは15秒か30秒の尺が基本ですが

ネット動画CMには様々な尺のCMがあります。

 

最近は5秒のCMも増えてきましたし、YouTubeなどで冒頭の5秒を見たらスキップができる動画CMなどは、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

そうすると、テレビでみる15秒や30秒のCMというのはあまり気になりませんが、

ネット動画CMの場合は15秒や30秒のCMは長く感じるでしょう。

 

CM素材の作り方も媒体によって変わってくる、ということです。

関連記事:YouTubeの動画広告の種類について解説。

 

ユーザーの興味の度合いが違う

 

これはネット動画CMの強みですが、

テレビはどうしても視聴者が受動的に触れるメディアで、対してネット動画CMの場合はユーザーが能動的に検索した動画に挟まれるCMのため

ネット動画CMの方が画面の前にいる視聴者の興味関心が強い、という特徴が挙げられます。

 

テレビCMに比べるとリーチ数は少ないものの、より深く濃いユーザー層にリーチさせることができる、というのがネット動画CMの強みです。

関連記事:YouTubeのCM広告の料金とその仕組み

 

CM内容の作り方が音の面で違う

 

ネット動画広告はどのメディアで動画を流すかにもよりますが、

スマホユーザー向けに動画CMを作る場合は、多くの場合がミュート状態で再生されることを前提として作らなくてはいけません。

 

スマホユーザーはほとんどが音の出ない状態でスマホを利用しているからです。

 

そうなると、テレビCMとは根本的に素材の作り方も異なってきて、

視覚情報だけで伝わるCM素材にしなくてはいけない、という特徴があります。

関連記事:電車の中で見てもらえる動画広告を考える

 

予算のかけ方が違う

 

テレビCMとネット動画CMだと、予算のかけ方も異なります。

テレビCMの場合は電波料を支払い、CMを放送することができる枠を購入するような形でCMをしていきますが、

ネット動画CMの場合だと、ターゲットを細かく設定した上で、上限予算を決め、そこからCMが放送されるたびに「1回いくら」という形で予算から料金が引かれていき、

予算がなくなった段階で動画CMが流れるのが止まる、というような仕組みになっているものが多いです。

 

予算をどれくらいとれるかによってメディアを選ぶと良いと思いますが

テレビCMも地方からお試しで始める場合は思っているよりも低価格で出稿することができるので

広告代理店に相談してみると良いと思います。

関連記事:CMのお試しをする際のおすすめプラン

 

テレビCMの方が良いケース

 

では実際にネット動画CMかテレビCMかで迷った時に、

テレビCMの方がおすすめ、というケースはどんな条件の時なのかというと

  • 予算が50万円〜100万円以上ある
  • 認知度を高めたい
  • 会社のブランド力を強めたい
  • 企業としての信頼度を上げたい
  • ファミリー層や比較的広い世代にリーチさせたい
  • イベント集客や新規店舗開店など、明確に照準を合わせ、即時性のあるCMをしたい

という場合です。

 

テレビCM用の素材を作っておけば、あとからその素材をネット動画CMに流用することができる、という利点もあります。(権利面はしっかり確認する必要があります。)

関連記事:テレビCMにかける予算を効率よく使う方法

 

ネット動画CMの方が良いケース

 

では逆にネット動画CMに向いているのはどんなケースかというと

  • かけられる予算があまりない
  • 若い世代やピンポイントの層にリーチさせたい
  • 他のメディア媒体と平行して広告を出したい
  • 予算を1日単位で細かく調整しながら様子を見つつ出稿していきたい

というような場合でしょう。

 

色々なメディア媒体を扱っている総合広告代理店なら、どのメディアがおすすめなのか相談に乗ってくれると思うので

代理店に相談して決める、というのでも良いと思います。

関連記事:テレビCMをする時、広告代理店に連絡する前に決めておくこと

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。

弊社ウェブサイト






15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談