テレビ業界の裏話

テレビ業界に関する質問について、面接官が答えます。

テレビ番組制作の仕事に興味をもってくれている中学生・高校生から、テレビ業界に関する質問をいただきます。

興味はあるものの、ネットで調べてみると働き方に不安を感じるようです。

 

番組制作会社で面接も行っている私が、いただいた質問について答えていきたいと思います。

 

ディレクターとアシスタントディレクターの違いは何?

 

「アシスタント」は仕事を補佐する人。

あるいは助手、という意味です。

 

アシスタントディレクターは、ディレクターの助手という意味。

「テレビ番組の制作をしてみたいな。」と思ったら、はじめは「アシスタントディレクター」から。

新人で入って、最低でも3年間はアシスタントとして、ディレクターの補佐業務をします。

 

番組の性質にもよりますが、ディレクターとしての一通りの仕事を覚える期間として3年くらい。

そしてディレクターとしての仕事をして、感性を磨いていくのに、2年から3年くらいかかります。

アシスタントからはじめて、5年から6年で、番組が1時間ものの場合、10分程度を任されるくらいになります。

新人で入って数年はアシスタントディレクター。(略して、「AD」エーディーといいます)。

そのあと、ディレクターになります。

関連記事:アシスタントディレクターになったら最初にする仕事はどんなこと?

 

睡眠時間は2時間くらいって本当?

 

撮影のときなどは、早朝スタートして深夜まで拘束されることがあります。

また撮影が放送日の間際までかかる場合、編集期間が短いときは、徹夜で作業することもあります。

それは一本の作品にかかる期間が1か月間としたら、1日あるいは2日程度のことです。

 

毎日の睡眠時間が2時間なら、みな体調を崩してしまいますし、劣悪な環境で罰せられます。

2時間しか休めないという仕事はレアケースで、普段は1日8時間から10時間程度です。

毎日2時間の睡眠時間ですと仕事の効率も下がりますし、何もいいコトはありません。

関連記事:テレビ番組制作の現場における働き方改革の実情

 

結婚できないって聞きました

 

結婚する、しない、というのは個人の事情によるものだと思います。

テレビ番組制作に携わっている人だって、結婚している人、こどもがいる人、介護している人、もちろん独身の人もいます。

でもテレビ番組制作以外の仕事の人も同じです。

「この業界だから」というのは、結婚できない理由ではないと思います。

関連記事:テレビの編集マンが世の中から誤解されていること

 

休みはあるんですか?

 

休みもちゃんとあります。

ただ、放送日に合わせてスケジューリングされますから、休みが土曜日、日曜日、祝日、と決まっているわけではありません。

 

放送は365日毎日ありますから、土曜日だって日曜日だって、祝日だって、放送はあります。

暦ではお休みの日であっても、そこが自分のシフトであれば仕事になります。

もし、お友達と約束していたり、コンサートのチケットをとっていたり、と予定を入れてしまった場合、

そういう場合は、上司であるディレクターやプロデューサーや、シフトを調整する担当の人に相談します。

「アシスタントディレクターであっても、プライベートは充実させてほしい」と上の人たちも願っていますし、楽しんでほしいと思っているものです。

 

休みかどうか運に任せるのではなく、自分で申し出て、「この日は休みたい。」と相談することが大事です。

もし同僚がいるなら、協力しあって休みを融通しあう。

お互いに休みがとれるように調整しあえるといいですね。

関連記事:ADに休みはあるの?休日は何をしてるの?

 

怖い人がたくさんいると聞いたのですが

 

怖い人もいます。でも稀です。怖くない人の方が多数です。

テレビ制作の仕事は、長らく職人気質の人たちの集まりでした。

テレビの制作現場は多くを語らず、丁寧に教えることをせず、見て覚えるというのがまかり通っていた業界でした。

今はそういうことは前時代的だと思われています。

 

経験がない人や、経験が浅い人には、丁寧に教えるべきだという考えになっていますし、ベテランが率先してやる、という番組も増えています。

まれに、ではありますが、自分が職人気質のところで成長してきたがために、自分もそういうふるまいをしてしまう、という人や、性格的にきつい物言いをする人、人の失敗を許せない人というのは、どの業界にも少数ですがいるものです。

もしそういう人が周りにいたら、どうするべきか?なかなか正しい判断をするのは難しいものです。

気が合わない人、話がしづらい人が近くにいるなら、相談できる人に愚痴でも構わないので、話をしてほしい。

もし「どうにもならない。どうしていいか分からない」というなら、ずっと我慢することもありません。

逃げるというのも、選択肢の一つです。

関連記事:テレビマンには本当に怖い人が多いのか

 

テレビが好きだから、テレビをつくる人になりたい

 

テレビ番組は可能性をたくさん秘めています。

テレビを見て、将来の仕事や好きなコトを見つけた人はたくさんいます。

興味をもったり、実際にその場所へ行ったり、紹介された本や映画や音楽を、購入したり、観に行ったりと、自分の将来やアクションに繋げていく人もたくさんいます。

テレビは人の生活や人生に関わっているメディアと言えます。

テレビが好きなのは楽しいし面白いから。

 

けれど制作工程は、決してそうではありません。

楽しさ、面白さを求めてこの業界に入ってくると「思っていた仕事とは違う」となりかねません。

ちょっと矛盾するかもしれませんが「誰かの役に立ちたい」ではなく「私はテレビでこういう番組を作りたいんだ!」と強い信念をもってください。

誰かの役に立つのは、その信念を実現させるための手段です。

関連記事:テレビ局の面接で聞かれる質問と準備しておきたい答え

ABOUT ME
imacharin
imacharin
テレビ制作歴25年。テレビの業界の内側と、テレビ番組の裏側をわかりやすく発信していきます。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加






テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般